夢中文庫

イケメン坊主と淫らな修行

  • 作家花房観音
  • イラスト雨野森
  • 販売日2012/9/21
  • 販売価格200円

「淫らな方ですね―そんな女性を極楽往生させるのも我々のつとめなのです」栄徳はそう言って、顔を彩音の股の間にぴったりと密着させた……結婚まで考えていた恋人に別れを告げられれ、ひとり傷心旅行に来ていた京都の寺で、彩音はまるでこの世の人ではないかのような、清廉なオーラをまとっている美青年僧に出会う。栄徳に宿泊を許されたお寺の本堂で、湯あみを終えた彼女を待っていたのは、礼節のあるうら若い美僧たちだった!

澄んだ瞳、艶やかな肌、薄い口びる――遊ばず、ひたすら修行にあけくれ、一心に仏様に仕えているから、こんなにも清廉せいれんな雰囲気を彼らはまとっているのだろうか。

裸になり、私にまたがって腰を動かしていながらも、その清らかさと美しさは変わらない。

「ぁあっ! いいぃっ! おかしくなっちゃうっ!!

私だけが、我を失い、理性なんてほとんど無くなりかけて、大声を出している。

つかれるたびに、奥に届いている感触があり、声がうらがえってしまう。

恥ずかしい――

しかも、こんなに乱れている私を見つめている清浄な空気をまとった男は、私の中を貫いている目の前の人だけではないのだ。

「さぁ、皆も極楽浄土へ導いてさしあげましょう――」

私の上で腰をふる男が、そう言うと、周りの男たちが、いっせいに手を伸ばしてきた。

私の胸や腕や足に――仏様を拝むような光を瞳にたたえた男たちが――

オススメ書籍

三日間の恋人だったハズですが?~いつしか、甘い罠に落ちて~

著者乃村寧音
イラスト炎かりよ

ストレスと過労で体調を崩し退社、婚活も失敗した29歳の美玖。「東京にいるのはもうムリ、田舎に帰ろう」と決心し引っ越しをすることに。引っ越しの四日前、友人が開いてくれたお別れ会に飛び入り参加してきた男、エリート商社マンの隆介と意気投合し、つい一線を越えてしまう。それきりかと思いきや、残りの三日間を一緒に過ごすことになって!? 昼間は甘い時間を過ごし、夜は激しく求められ、いつの間にか縮む距離に戸惑う美玖。気持ちがわからないまま、ペットのカメを連れて田舎に帰り一軒家で一人暮らしを始めるが、思っていた以上の不便さと、おまけに気の進まない縁談がやってきて……。困り果てた美玖の脳裏に浮かんだのは……。

この作品の詳細はこちら