夢中文庫

呪われ王子とわけあり結婚~危ない求愛から逃げられません!~

  • 作家花木きな
  • イラスト龍胡伯
  • 販売日2020/07/31
  • 販売価格600円

呪いに長けた特殊な力を持つ血筋に生まれたリアは、その力を見込まれてフィン殿下の妃となる。何者かの呪いにより命を脅かされているフィンは、子どもを守りながら共に生き抜ける強い女性を望んでいるという。つまりは血筋を残すための政略結婚。リアは、王太子として責任感に満ちた彼に抱きはじめた淡い想いと、妃として命を狙われるかもしれない恐怖に揺れてしまう。そんなリアに対する罪悪感からか、フィンは決して無理やり抱こうとはしない。その優しさに触れ、せめて望まれた役目を果たして力になりたいと、彼の呪いを解くため奔走していたのだが――「どうやら俺は独占欲が強いらしい」フィンの求愛にどんどん遠慮がなくなって……!?

一、王太子殿下の王城事情
 私の部屋を訪れたブルーミン王国第一王子フィン・ルートヴィッヒ殿下から微かな亡霊の気配が感じ取れた。
 今すぐにでも状況を確認したいけれど、許可が下りるまで頭を上げるわけにはいかない。
 衣擦れの音と殿下の息遣いに耳を澄ましながら、天蓋(てんがい)付きの大きくてやわらかなベッドの上で顔を伏せた。
「顔を上げよ」
 感情の読めない声音に、心臓を高鳴らしながらゆっくりと上半身を起こす。
 目と鼻の先には、想像を遥かに超えた美男子が静かな眼差しで私を見据えていた。
 心の奥にまで深く突き刺さるような視線を受けて息を呑む。
 妃として招かれたけれど、フィン王子の父親である国王陛下が現在病床に伏せているので、婚礼の儀は先に延ばすことになった。
 だから顔を合わせるのはこれが初めて。
 この方が私の夫となる人……。
 殿下は今年二十一歳になったばかりだ。それなのになんて鋭くて力強く知的な顔つきをしているのかしら。一分(いちぶ)の隙もなく、一国の王子という威厳が惜しみなく溢れ出ている。
 それに、噂には聞いていたけれど本当に綺麗な髪と瞳だわ。
 銀色の髪は灯りに照らされて微かに輝き、青い瞳は透き通っていて吸い込まれそうになる。
 だが、その美しさとは対照的に目の下には青黒い隈(くま)があり、顔色も優れないように見受けられた。
 亡霊がまとわり憑き、長い時間をかけて生気を吸い取っているに違いない。
 亡霊とは、今は亡(ほろ)びた過去の存在である人間の魂が蘇ってきたのではないかと恐れられているもの。
 強い力を持つ術師であれば亡霊の姿を見られたかもしれない。でも私は微弱な力しか持っていないから、意識を集中させて念を辿らない限り亡霊の正体について見極められないのよね。
 かといってこのまま放っておけば、遅かれ早かれ命の火が消えてしまう可能性だってある。
 どうしよう。
 これからこのベッドの上で行われようとしていることと、分秒を争う事案があることに、なにを優先すればいいのか正しい判断ができなかった。
「リアといったな。歳は?」
「十八です」
 殿下は意外そうな表情を浮かべた。
 長躯の殿下の瞳には、小柄で華奢な私は子供のように映っているのかもしれない。
 身体の細さと同様に顔もほっそりとしていて、鼻は小ぶりで目だけがやたら大きい。色白ではあるが見方によっては病弱にも見えかねない。
「そう怖がらなくても取って食ったりしない」
 ……不思議だわ。
 殿下の落ち着きのある物腰と声音は、緊張で強張ってしまった私の気を静めてくれた。
 やっぱり最初に伝えよう。殿下のお身体のほうが大切だもの。
 ごくりと生唾を飲み込んでから恐れ多くも口を開く。
「失礼を承知の上で申し上げますが、殿下から亡霊の気配がします」
 殿下は大きく目を見開いた。
「……なに?」
 それは心の底から驚いているという声で、嫌悪感は混じっていないように感じた。
 よかった。私の無礼な発言に怒ってはいないみたい。
「我が一族、ウィンクラー家には代々特殊な力が宿ります。私は力が弱いほうですが、死者の魂の気配を感じ、術を使って魂を救うくらいならできます。そして亡霊や生きている人間から発せられる呪いを解くことも可能です。殿下もご存知かと思いますが、呪いというのは道具を使い、呪った人間を不幸にして苦しめ、死に至らしめる場合もあります」

オススメ書籍

あなたの言葉が欲しいの……

著者森田りょう
イラストまろ

「もう限界やって言うたやろ?」過去のトラウマから関西弁が苦手な七海は、関西弁を話す幸太を警戒していた。ある日幸太からそのトラウマを一緒に解消しようと提案される。何度かデートを重ねるうちに、しだいに惹かれあっていく二人。あるとき、終電を逃した二人はとうとう、体を重ねてしまい――「可愛い」と言われても、甘えられても、何度体を重ねても、彼の言葉が信じられない七海。幸太の優しさは本物なんだとだんだん彼を信じるようになったところで、幸太が同僚の美香と抱き合っているところを目撃してしまった! 再び信じられなくなってしまった七海は……。ワンコ系甘々な関西弁の幸太と、関西弁嫌いな男性不信の七海の恋物語。

この作品の詳細はこちら