夢中文庫

不器用な強面上司の欲望に火をつけちゃいました

  • 作家春密まつり
  • イラストカトウロカ
  • 販売日2019/12/13
  • 販売価格500円

メイクで赤面症を隠している小春は、自分にも他人にも厳しい課長・玲一が大の苦手。言葉も眼つきも鋭い玲一と話すと、いつもより緊張してしまい顔が真っ赤になってしまうのだ。ところが、先輩の理不尽な要求から助けてくれたのをきっかけに、玲一が気になり始める小春。――そんなある日の残業終わり、小春は玲一とふたり、故障したエレベーターに閉じ込められてしまった! 恐怖でふらついたところを抱きとめられ、小春の顔は、緊張でどんどん赤らんでしまう。その顔を間近で見た玲一の目に熱が灯り、手が妖しげに動き始め!? 「その赤い顔が見たかった」会社では厳しいエリート課長な玲一の素顔に、甘く翻弄されて……?

 束原(つかはら)小春(こはる)には悩みがふたつある。
 ひとつは、上司のことが苦手だということ。
「……」
 小春は提出書類をぎゅっと抱きしめながらごくりと息を呑む。視線の先は、四月に課長に就任した甘粕(あまかす)玲一(れいいち)だ。今までは先輩だったが、三十五歳という若さで課長に昇進し、この春に小春の直属の上司となった。
 彼は人にも自分にも厳しく、その性格が表れているようにスーツをびしっと着こなしている。仕事中に雑談などをして笑っている姿は見たことがないほど、玲一には隙がない。
 眉間に皺を寄せてパソコンに向き合っている姿を見ると、後ずさりして自席に戻りたくなってしまう。けれどそうすると仕事が進まない。となると玲一に叱責されてしまう。悪循環だ。
「あ、あの」
「……なんだ?」
 おずおずと声をかけると、険しい表情のまま小春へ視線を向けてくる。びくんと肩が跳ねた。
「……束原、用件はなんだ?」
 低い声に険しい表情。逃げ出してしまいたくなるが、ここまで来て逃げてしまったら、勇気が台無しになってしまう。小春は抱きしめていた書類を、差し出した。
「A社の資料、ご確認お願いしますっ」
「なんだそんなことか」
 差し出した書類は無事、小春から玲一へと渡った。ほっとしたのも束の間、玲一の眉間の皺が深くなる。
「どうした? 顔が赤いが……」
 厳しい視線でまっすぐ見つめられて小春の体温は上昇していく。
「い、いえ! なんでもありません」
 まずい、と小春は慌ててその場を離れ、自席へ戻る。自分の頬を手でさわってみると熱くなっていた。
 小春のもうひとつの悩みは、赤面症だということだ。
 幼い頃からすぐに顔が赤くなってしまうのが悩みだった。まわりからはさんざんからかわれ、大人になれば治るだろうという期待を持っていたが、二十七歳の社会人になっても未だに治らない。人と話していたり緊張するとすぐに赤くなってしまう。幼い頃からのコンプレックスはなくなることもなく、大人になっても残ったままだ。ただ子どもの頃よりは、メイクや髪型などで隠す術を手にしたので前よりは気になることもなくなったが、今みたいに人にじっと見られてしまうと自分の顔が赤くなっているのではないかと不安になる。
 特に玲一は厳しい視線で人の目をじっと見る癖があるらしく、苦手だという気持ちに拍車をかけていた。
「束原さん、ちょっといい?」
「っ、はい!」
 火照った顔を沈めていると、男性の先輩、成島(なるしま)に名前を呼ばれた。慌てて立ち上がり彼のデスク横に立つ。なぜ呼ばれたのかなんとなく嫌な予感はした。成島の表情がそれを物語っていた。
「作ってもらった資料だけど、作り直してもらっていい?」
「……え」
 それは、一週間ほど前に成島から指示されて作成した資料だ。データの集計結果をまとめたもので、経験上簡単な仕事ではあった。

オススメ書籍

身勝手な誘惑

著者乃村寧音
イラストまろ

彼氏いない歴の長い保育士・恵(めぐみ)は友人にお願いした合コンに参加するも、華やかな女子達の中で場違いな自分にもう帰りたい気持ちでいっぱい。そんなとき、目の前の席に座ったのは黒髪眼鏡のイケメン理系男子の谷本(たにもと)。「今は彼女はいらない」という谷本に、恵は自分から望んで一夜を共にしてしまう。その日限りと思っていたのに、忘れ物をきっかけに結局また会ってしまう恵。身勝手な誘惑をしたのは自分だけど、ちゃんした彼氏が欲しかったのに……。このままじゃセフレにされちゃう! 戸惑う恵の気持ちをよそに、彼は体調を崩した恵のお見舞いに来てくれたりと優しくて……。一夜の過ちは永遠の愛に生まれ変わりますか?

この作品の詳細はこちら