夢中文庫

俺様オーナーの甘すぎる誘惑~強引なオトナの関係に酔わされまして~

  • 作家春密まつり
  • イラスト上原た壱
  • 販売日2021/1/5
  • 販売価格500円

飲料メーカーで企画開発をしている帆乃香は、行きつけのバーで初めて会ったバーテンダーに仕事の愚痴を聞いてもらっていたが、褒められてつい飲みすぎてしまい、そのまま彼と一夜を共にしてしまう。翌朝、もうあの店には行けないと後悔するが、身体の気だるさに反してなぜか仕事の調子が良く、後輩との関係も良好に。彼に慰めてもらったおかげ? と思っていたそんな時、取引先で、一夜の相手・一颯(いぶき)と再会する。「あの日お前もよかっただろ?」再び誘惑されて始まったオトナの関係。手慣れていそうな彼へ湧きはじめた想いに蓋をする帆乃香だったが、一颯は身体だけじゃなく心まで甘やかしてきて――?

「やっぱりここのカクテルはすごくおいしい」
 八木(やぎ)帆乃香(ほのか)は、感嘆の息を洩らしながらバーのカウンターに突っ伏した。飲みすぎている自覚はあるが、まだまだ飲み足りない。まだ水曜日だけど、今日はいつも以上に酔ってしまいたい気分だった。
「次は何にしようかな~」
 顔を上げてメニューを眺める。
「飲みすぎではないか?」
 カウンターの向こうにいる、身長が高くスラっとして堅い口調の男性がグラスを磨きながら帆乃香を見下ろしている。
 ここのバーは自宅マンションから徒歩圏内で、人もほどよく少なくて気に入っていた。大人が多くて落ち着いているので居心地もよく、通い詰めているからか店員に顔を覚えられるようになったし、帆乃香も覚えるようになっていた。けれど彼を見たのは初めてだ。新人だろうか。
「……結局リーダーなんて嫌われ役なのよ」
 飲みすぎだというわりに、新しいカクテルを用意してくれた。お水と一緒に出されたけれど、カクテルだけを一口飲んだ。
「後輩に注意すればお局(つぼね)って陰口を言われて、課長にはちゃんとまとめろって言われて……」
「板挟みというやつか」
 仲が良かった他のバーテンダーはとても聞き上手でついつい会社の愚痴を話してしまっていたが、おそらく新人の彼はまた違った話しやすさがあり、入店から黙々とカクテルを飲み続けていただけだったが、ついには仕事の愚痴をこぼし始めてしまっていた。
「今日も後輩のミスで課長にすごく怒られて、そこまで大きなミスではないから手順の変更を提案したら「仕事はできるがかわいげのない女だ」って怒鳴られて……しかも後輩がトイレで会話してたの聞いちゃったの」
「なにをだ?」
「結婚できなさそうなかわいそうなお局……って」
 帆乃香はもう一度バーカウンターに突っ伏す。
「仕事が楽しいから専念してただけなのに、もうそんなこと言われる年齢になったんだなって思ったらやるせなくて」
「……今いくつだ?」
「二十八歳ですけど……あなたは?」
「三十五だ。まだまだ若いじゃないか」
 三十五歳からしたら若いかもしれないが、後輩が多い今の職場にいるとそんな気はまったくしない。
「でも一般的には結婚適齢期って言われてるじゃない……二十三歳の後輩に比べれば私なんて」
 自分で言っていて空しくなるが、止まらなかった。追加注文したはずのカクテルはもう飲み干してしまった。
「注文する前に、せめて水を飲め」
 初対面のくせに過保護だ。けれど最近会社では後輩の世話ばかりしていたり、上司からは理不尽な指示ばかりされて、久しぶりに面倒を見られている気がして楽になった。
 帆乃香は彼に言われた通り水を一口飲んでから、次のカクテルを注文した。
「これで最後だぞ」
 目の前に置かれたのは、ピンク色の甘そうなカクテルだった。頭の中に女の子らしくて可愛らしい後輩の顔が浮かぶ。ああいう子なら、きっとすぐに結婚できるのだろう。

オススメ書籍

超、俺様社長とらぶれっすん

著者ひなの琴莉
イラストまろ

「セックスはスポーツ」だと言う社長の小野瀬は、容姿がいい。財産もある。女性が放っておかない存在だ。セックスをしようと思えばいつでもできる。小野瀬にとっては24時間制のスポーツクラブのようなもの。男性経験がない詩穂だが、セックスは『愛の行為』だと信じて疑わない。詩穂は小野瀬に恋をしている。だからこそセックスは『愛の行為』だと、どうしてもわかってもらいたい。そんな思いから小野瀬を酔った勢いで説教してしまった。「じゃあさ、『愛の行為』と『スポーツ』の違いを、お前が教えてくれよ」と言われてしまい……。毒舌で超俺様の社長に、詩穂は『愛』を教えることができるのか?身長差40センチのデコボコラブストーリー。

この作品の詳細はこちら