夢中文庫

ごちそうの嫁入り~独占欲強めな吸血鬼の濃蜜な求愛~

  • 作家八朔きうい
  • イラスト八美☆わん
  • 販売日2020/05/29
  • 販売価格500円

人間と吸血鬼の共存、対等なようで支配されるのは人間──そんな世界で羊野小飴には守りたいものがある。祖父の代から続く街外れにひっそり存在する小さな映画館。しかし維持にお金は必要で、小飴は自らの血液を売って賄っていた。ある日、街にそぐわない品のいい青年──上級クラスの吸血鬼・霧丘琥珀がボロボロな状態で行き倒れているところに小飴は遭遇し、回復させるため血を与えようとする。その申し出に動揺する琥珀だったが、とうとう首すじに歯を立てて──言いようのない感覚に全身が熱くなる小飴。一方、甘い血の味が忘れられず直接吸血への責任も感じ悶々とする琥珀は、小飴の事情を知り資金援助とともに求婚をしてきて……!?

一、救出
 人間は、国の指定機関以外で、血を売ってはいけない。
 吸血鬼は、国の指定機関以外で、血を買ってはいけない。

 体内から血液が抜き取られていく感覚には、いつの間にか慣れてしまった。無機質なチューブを刺され、ものの数十分で何リットルも失う。立ち上がると少しふらつくが、慌てることもない。いつものことだ、どのくらいで収まるのかを把握しきっている。
 羊野(ようの)小飴(こあめ)がしっかりした足取りで会計台に近寄っていくと、見慣れた店員がタブレット端末を操作して、血液量とプロフィールを確認する。そして引き出しから吹き出した紙幣を取り出し、ぶっきらぼうに差し出してきた。
「……あの」
 おかしいなと、すぐに気づく。
「金額足りないです」
 差し出された紙幣の枚数が合わない。嫌な予感がする。数え間違いを願うが、案の定、不機嫌そうに首を振られてしまった。
「これしか出せない」
「どうして」
「買い取り単価が下がったんだよ」
「人間の血液ニーズは上がってるはずですよね」
「ここの家賃が上がったんだ。《元締め》が冷酷だからね」
 後は分かるだろうと言わんばかりの物言いにうんざりした。ため息をつきたいのはこちらの方だというのに。
「…………そうですか」
 ここでごねたところでどうにもならないのも、嫌というほど思い知っているので、少ないお札を財布に押し込み、店を出る支度をする。
「またお待ちしてますよ」
「……」
「君みたいな、若い女性の血液は人気だからね」
「……高く買ってくれるんだったら」
「君だって、ここで売るしかないでしょう」
 数秒間、無言で見つめ合い「また来ます」と悔し紛れに呟いて背を向ける。古びた押し戸は噛み合わせがおかしくなっていて、途中でひっかかる。開けきる気力がなくて、狭い隙間に身を滑り込ませ、泥棒のような仕草で店を出た。
(不景気だなぁ)
 かび臭い階段を二階分のぼり、ようやく外にたどり着く。こちらも大差なく薄暗かった。
 血液の違法売買をおこなっている店など、明るい通りに構えられるわけがないのだ。元々日当たりが悪い上、都市整備が行き届いていないため、街頭の類(たぐい)も僅か。時折見受けられるネオン看板は、下層階級を相手にしたアンダーグラウンドな店の案内ばかり。
 この《綿鞠(わたまり)街》で生まれ育った小飴にとっては、臆すことなく闊歩(かっぽ)できるエリアだが、まともな《人間》、あるいは《吸血鬼》であれば、心身の健康と安全のため決して近づかない。誰かの怒号や悲鳴がひっきりなしに聞こえているから、地元の警察もよほどの大事件にならない限り関与しない始末。
「元締め、か……」
 あの店の店長は人間だが、あくまで雇われ店長。オーナーは下級《吸血鬼》の反社会的組織、つまるところヤクザなのだ。対等な商売をしているようで、結局のところ支配されているのは人間の方なのである。面白くはないが、かと言って支配から抜け出すことも出来ない。

オススメ書籍

絶倫軍人王は王女を過激に溺愛したい

著者仙崎ひとみ
イラスト緋月アイナ

エミール王子の生誕祭の日、いきなり攻め込んできたのは隣国ガルムンド王国の王ヴィクトル。軍人王と称されるヴィクトルは筋骨隆々の大柄な体躯で迫力がある。さらにその称号にふさわしく、全身に傷があり、威風堂々とした王であった。ヴィクトルは自治権が欲しくばユーフェミナに毎夜の奉仕をせよと言い放つ。自治権など考え及ばなかったユーフェミナにはなんの話かわからなかったものの、我が身一つ捧げることで祖国を守ることができるならばとその条件を受け入れる。そしてその夜からヴィクトルによる責め苦が始まった。ひどい言葉を投げつけられ、屈辱に涙するものの、いつしかユーフェミナは自分の気持ちがわからなくなってきて――

この作品の詳細はこちら