夢中文庫

異世界に永久就職~聖なる力が強すぎて××スイッチが入りません!?~

  • 作家日向そら
  • イラストくろでこ
  • 販売日2019/12/10
  • 販売価格300円

ある日〝聖女〟として召喚されたリョウコ。神様レベルの魔力と『祝福』の加護を与えられ堅実に降臨した異世界は〝魔力量=美しさ〟な世界だった! 甚大な魔力量であらゆる人からモテまくるリョウコ。しかも聖女のお仕事は、毎日十分程度、祈りを捧げるだけ!? 超ホワイトな仕事内容と手厚いもてなしに気分をよくしたリョウコは、この世界へ永住を決断し婚活を始めることに。――ところが強力すぎる『祝福』のせいで、男性とお近づきになれない!? 傍に残ったのは容姿端麗だがやる気ゼロの護衛騎士カインだけ。しかしそのカインも、祝福のせいでリョウコに近づけなくて……? モテ期到来で有頂天!?急降下!?のドキドキ・ラブコメディ!

一、聖女、召喚される。
 ふと顔を上げると、見知らぬ部屋の中にいて、見たことのない人達に囲まれていた。
 ……冷静に考えればかなりの衝撃体験だったんだろう。だけど、ファンタジー世界の登場人物のようなおじいさん達の服装と、どこまでも続いてそうなアンティークな長い燭台の灯りが非現実感を煽り、夢かな? と思ったことで完全に叫ぶタイミングを失ってしまった。
 狭いか広いかも分からないそんな部屋の、おそらく真ん中で、私──藤井(ふじい)涼子(りょうこ)は、とりあえず一番近くにいたオジサンに話し掛けてみた。
「……私、酔ってる?」
 真っ白い貫頭衣に、からし色の長いジレのようなベストを身に付けたオジサンは、声を掛けられると思わなかったのだろう。若干動揺の顔を見せつつも戸惑いがちに首を振った。
「いえ……酒精の類は感じませんが……」
「ですよねー」
 何も納得してないのに、へらりと愛想笑いを返してしまうのは、悲しき営業職の性だろうか。
 今日は金曜日。地元ではそこそこ有名な中堅企業に勤める私は、たまには少なくなった同期で呑みに行くか、と連れ立って居酒屋に向かおうとしていた。確か本社が入ってる雑居ビルの敷地から一歩出たその瞬間だったはず。うん。まだ一滴も呑んでないね!
 その証拠に私の手は鞄を持っているし、片足は浮いたまま。あ、今着地。今までよく持ち堪えてたな。私のバランス感覚。
 しかし感心したのは一瞬で、切りっぱなしの硬い石材の床に、ヒールの音が大きく響いてしまい、自然と身が縮まってしまった。
「えっと」
 なんとなくしっかり鞄を抱え込んでから、声を掛けたオジサンから視線を動かし、今度こそ注意深く視線だけで部屋の中を見回した。
 案外広そうな部屋に、燭台の灯りは端まで届いてはいない。だけど暗がりで見えていない所にも、なんとなく人がいるような気配を感じる。
 ようやくそこで心臓が痛いほど早鐘を打ち出した。
 あ、ヤバい。怖い。
 夢じゃないし、ましてや酔っ払いが見る幻でもない。今更ながら明らかにおかしい状況だと血が下がっていくのが分かった。
「聖女様」
 そんな私の様子を知ってか知らずか真正面からふわふわした──それこそ現実では滅多に見ることが出来ない真っ白な髭のおじいさんが、私を取り囲んでいた人々を割って私の前に出てきた。格好は声を掛けたオジサンと似ているけれど、それよりも仕立ては良さそう。
「宰相」
 私が話し掛けたオジサンが、少し恐縮したような弱り声でそう呼び掛ける。さいしょう、と反芻(はんすう)してすぐに漢字が思い浮かんだのは、見るからに只者ではない風格と雰囲気のおかげだろう。
 状況説明というバトンを受け取ったおじいさん──宰相さんは、そのオジサンに軽く手を上げて見せる。そして体重を感じさせない動きで、すっと私の前へ歩み寄ってきた。
 好好爺(こうこうや)らしい温和な笑顔のせいか、他人にしては近い距離だというのに、不思議と逃げようとは思えなかった。

オススメ書籍

【the実録人妻3】溢れるほど感じて

著者藤崎淳美
イラスト

某スポーツ紙の連載ルポ「風俗*人妻本音がたり」がついに電子書籍化!「溢れるほど濡れちゃった……」。妻たちの婚外性愛事情はここまで大胆に!?大量潮吹きするカーセックス好きの貞淑妻、募集告知でセックス相手を探す美人妻、恥ずかしがりやのデリヘル嬢の放尿サービス、露出オナニーに燃える痴漢願望妻、淫乱オナニー癖のアナル快感妻、乱交パーティーに参加する迷走妻、3Pを求められる便利屋妻、遠距離交際に燃える巨乳妻など、生身の彼女たちのアブノーマルな欲求をリアルに伝える渾身のレポート。取材から実話を元に構成した人気シリーズで奔放人妻エロスに大接近!

この作品の詳細はこちら