夢中文庫

お薬の時間です!~狼騎士隊長の担当看護師に任命されました~

  • 作家日向そら
  • イラスト椎名秋乃
  • 販売日2021/1/8
  • 販売価格800円

街の診療所に勤める看護師ニーナは、医師ヤマトから患者の往診を頼まれる。新しく生まれる弟のためにと、謝礼につられて向かったお屋敷にいた患者は、街の女の子達がこぞって熱を上げる有名人、獣人騎士団の隊長だった! しかし患者である彼は何故か寝台の上で手足を拘束され、明らかに尋常ではない。こんな危険な状態だなんて、ましてや獣人なんて聞いてない。もしや噛まれるのでは……!? と後悔するニーナだが、睨まれたと思えば擦り寄られ、唸られたと思えば尻尾を振られ、獰猛かと思えば紳士的で――!?「……もう逃がせない」美形な獣人騎士としっかり者看護師の純愛ストーリー!

一、獣人は善き隣人?
 まだ早い時間だというのに、活気に溢れる賑やかな下町の商店街の中。
 少々寝過ごしてしまったせいで、息を弾ませて職場へ向かっていたニーナは、道行く町人達が皆、一定方向を見つめている事に気付いた。その中でも特に若い娘達は、客引きの声にも負けない賑やかさで盛り上がっている。
 彼女達の視線を追いかければ、人だかりを割るように臙脂(えんじ)色の騎士服に身を包んだ二人組が前からこちらへと向かってきていた。
(珍しい。どうりで女の子達が通りを見てると思った)
 小柄なニーナなら首が痛くなるまで見上げなければならないほど、背が高い彼らの頭には──獣の耳が生えている。年頃の娘としては凝視できないが、ふわりと揺れているマントの下のお尻には尻尾が隠れているだろう。商店街の騒がしさに忙しなくピクピクと動く耳は犬だろうか狼だろうか、なかなか人間には判断が難しい。
 ニーナが住む人間の国シュケルトが、遠く離れた大陸にある獣人の国エルティノと国交を結んでからおよそ二十年。
 五年前にシュケルトの第二王女とエルティノの第三王子との婚約が決まった事から、シュケルトに来る獣人達も一気に増え、種族の違いを乗り越え、婚姻を結ぶ者も増え始めた昨今。獣人はすべからく美形だという事と、一度想いを寄せた相手を死ぬまで愛するという一途な彼らの特性が若い娘に受け、人間の娘と獣人の恋物語がシュケルト国内でベストセラーになるほどだった。
 ゆえにそんな時に婿入りする第三王子に帯同してきた、見目麗しく地位もある十数名の獣人騎士団が大人気となるのは必然だっただろう。
 彼らの業務はもちろん第三王子の護衛であるが、二つの国の軋轢を少しでもなくしたいという第三王子の采配によって、シュケルトの騎士団と共に街中の警備に携わる事となり、ニーナのような一般市民も彼らの姿を見る事ができるようになった。
 獣人達は身体能力が高く、圧倒的な戦闘力を誇り、軽犯罪から貴族令嬢の誘拐劇まで鋭い嗅覚であっという間に犯人を見つけ出し、即時に事件を解決していった。おかげで王都の犯罪率はぐっと下がり、今ではニーナが住んでいる下町の夜歩きすら安全と言われるほどの治安の良さを誇っている。
 そんな事情から、獣人達は『善き隣人』として、姿形こそ違うものの、今ではおおよそのシュケルト国民に受け入れられていた。
(今日の巡回は、獣人の国の騎士さん達なのね)
 ニーナは遠巻きに彼らを見つめる女の子達のように、整った容姿に胸をときめかせる……訳でもなく、田舎の実家で飼っている牧羊犬達を思い出して口元を緩ませた。
 しかしそれは彼らにとっては失礼にあたるだろう。ニーナが看護師として勤める診療所の物知りおじいさんから聞いた話によると、猿と人間くらいに確固たる差があるらしい。
 例えばニーナなら『君を見ていると猿を思い出す』なんて言われるようなものだ。
(それは失礼過ぎるわ……。って、いけないいけない)

オススメ書籍

義弟はケダモノ・ラブマシン ~通勤中に指とおもちゃで愛されて、前と後ろの禁断公開マッサージ~

著者加藤文果
イラスト

「り、僚太くんっ……や、やめてっ……こんな場所で……」「だめだよ。学校行く前に、もっと義姉さんの……いや、麻美の体をオレに感じさせてくれなきゃ」バージンで彼氏ナシ23歳OLの麻美は「弟」同然に引き取られた親類のイケメン大学生、僚太と同居し生活が一変した。血縁関係はないものの、実親の再婚を機に麻美の家から通学することになった彼は海外生活が長く性体験が豊富で、奥手過ぎる義姉を心配し朝夕S系ラブレッスンを施してくる。夜のお預けを朝のラッシュで取り戻そうと満員電車で指とオモチャの公開マッサージまで!?「義弟」で「彼氏」な年下との危険な愛に翻弄される、禁断ケダモノ・ラブマシンストーリー。

この作品の詳細はこちら