夢中文庫

宮廷薬剤師の過保護な執愛~花開く幼馴染の煌めく祈り~(下)

  • 作家吹雪歌音
  • イラスト甘海老りこ
  • 販売日2020/1/31
  • 販売価格800円

オートクチュールのメゾンとして『起きてはならない問題』が次々とアルバートルに発生し、それらを乗り切るために力を尽くすチャーリー。しかし、メゾンで発生する問題はどんどん深刻なものに……。メゾンを守るため、必死にチャーリーは耐えようとする。そんな落ち着かない日々に疲れ切った彼女を幼馴染のジェラルドは癒し、ときに激しく求め──そうしてそれはチャーリーが抑えていた想いを溢れさせてしまうのだが、彼の真意がつかめない彼女の不安はつのるばかりで……。ジェラルドからの執愛は本物なの……!? 嵐のように問題が押し寄せるメゾン・アルバートルを存続させられるのか──。

「チャーリーなら、エロじじいのところへ、イヴとロラといっしょに謝罪に行ってますよ」
 三人を乗せた馬車が郊外に差し掛かっていた頃、ジェラルドはアルバートルを訪ねていた。
 サロンでニナが、お菓子片手に答える。
「何があった?」
 ジェラルドは率直に状況を問う。
「ご冗談を。ここはお父上率いる軍ではありませんよ。メゾン内の事は門外不出だとご存知でしょう? キュアヌス様」
 からかうような口調に彼の表情が剣呑さを漂わせる。
 ニナは前歯でクッキーを齧ると猫のような瞳で笑った。
「ブルーエ公爵家御用達だからと、少し図に乗ってるんじゃないのかね?」
 応接間でセティに腰かけたまま老齢の貴族は、ここぞとばかりに嫌味を浴びせて来る。
 爵位第五位にある自らの立場が、余程意に沿わないのだろう。
「あたしのスリーサイズが外に漏れたら、どう責任とってくれるのよ!?」
 隣りに座る、孫くらい年の離れた愛人も便乗して怒鳴り、大きなスリットが入ったドレスで、わざわざ長い脚を組んでいる。
 馬車に揺られ、郊外にあるオダン男爵の屋敷へ着くと、案の定の展開が待ち受けていた。
「現段階で情報が外部に漏洩したかどうかは不明です。その際は必要に応じた処置を取らせていただきます」
 チャーリーはクチュリエールの表情を崩さず静かに言い切る。
 ロラが持参した仮縫いのドレスをパメラに着せ、イヴがシルクピンで細かい修正を施していく。
 深紅の布を纏ったモデルを見ながら、チャーリーは流れるような筆使いで、クロッキーにデッサンを描いた。
「ねえ! バラを描くの忘れないでよね!」
 パメラが身を乗り出して、いちゃもんをつける。
「当メゾンのクチュリエールは、自身の描いたデザインは忘れません」
「体曲げないでくださいね。綺麗なヒップラインが台無しですよ」
「うっ! チョット!」
 即座にロラが一蹴し、イヴがパメラの背中とお腹に手を当て姿勢を正させる。
 オートクチュールは客ではなく、クチュリエールが采配を振るう。
 デザインにおいて、すべての権限はメゾン側にある。
 精神を研ぎ澄ませている筆先に口出しは無用だ。
「ほう、さすがはブルーエ公爵夫人気に入りのマドモアゼルだ」
 オダンは凝りもせず、チャーリーに絡む。
 彼女から醸し出される清廉さは、彼の周りの女たちにはないもので、興味がそそられるらしい。
「元々バラは五個ついていましたが、同じ数でよろしいですか?」
「もっと増やして! そんな少しじゃついてないのといっしょよ! 百個にして!」
 チャーリーの問いかけに、パメラはイヴが持参したバラの飾りを親の仇かたきみたいに指差した。
 装飾パーツもひとつひとつ、すべて手作業で作るため、一個増えるだけでもかなりの負担になる。
 採寸表紛失という不始末がある以上、パメラの要求を飲まない訳にはいかなかった。
 女好きの男爵のせいで、余計な仕事が増えたと、イヴとロラは陰で嘆息をついていた。

オススメ書籍

ゆっくり激しく愛して~マリッジ☆ラブ~

著者朝陽ゆりね
イラストまろ

広告代理店に勤める園子は自分に自信がない。このまま恋愛もせず、結婚もしないで終わるのかなぁと思っていたら、上司に紙媒体で活躍している同社のクリエイター・准平を紹介される。半年間の交際を経て結婚することに。だけど大恋愛をしたわけでもなく、最初から結婚前提の交際でいわゆるお見合い結婚したことに戸惑いが。夫婦として結ばれてもなんだか燃え上がらず、ますます心は揺れる。そんな時、准平が綺麗な女性と二人きりで会っている姿を目撃して……。結婚から恋が始まる。

この作品の詳細はこちら