夢中文庫

四半世紀のキス

  • 作家いしいのりえ
  • イラストいしいのりえ
  • 販売日2013/2/22
  • 販売価格300円

幼いころから共に育った、淳子と蒼甫。どんな人と付き合っても長続きしないのは、美形で優しい蒼甫と比べてしまうから――。10代のころに交わした蒼甫とのファーストキスを忘れられずにオトナになった淳子。ほろ苦い過去の恋を現在進行形で抱きつづける淳子の恋の行方は……。

早朝の電車の窓に映った自分と目が合い、慌てて手をコートのポケットのなかに押し込んだ。

最近ずっとこんな調子だ。気がつくと、指で唇を触る癖がついてしまっている。ぷっくりとグロスをまとった唇を指先でぴたぴたと弾いて、数日前の、あの感触を思い返している。

相手の唇の感触、ざらりとした舌の感触、吸い付いた舌は熱くて、小一時間ほど前に飲んでいた芋焼酎の味が染みついていた。

――ひさしぶりのキスが酒の味なんて、色気もへったくれもない。

私は心のなかで舌打ちをした。

けれど、そんな残念なキスさえも、気がつけば何度も反芻して頭に刷り込ませている。

まるで、数年ぶりの男の唇をむさぼるように。

唇をなぞるのは、あの夜を思い返すヒントだ。私はそれを引き金に、蒼甫の唇や、回された腕の太さや胸の厚みを思い出す。

そしてその出来事は、もうとっくに捨てたと思っていた10代のころの淡い恋心を思い起こさせ、胸の奥を針で刺されたように、ちくりと痛む。

時の波に流されるようになんとなく生きてきた私にとって、蒼甫を想う気持ちだけはすこしだけ誇りだった。

10代のあのころ、蒼甫への思いに気付いたときには、誰よりも一所懸命だった。

幼いながらに、彼への思いを何よりも大事にしていたから。

あれから、10年。

あのころの思い出を宝物にしようと思っていたのに――。

オススメ書籍

呉服屋の兄弟に脱がされて ~誘惑の着付け教室~

著者花房観音
イラスト雨野森

「布の中に隠された女性の美しさ、それを教えてさしあげましょう」―浴衣の色っぽさと着物姿の上品さを身にまとうため、青井由真が向かった着付け教室は「綾乃川呉服店」。雪彦と明彦のイケメン兄弟が手とり足取り教えてくれ始めたのだが…「綺麗な足ですね」雪彦はそう言って由真のぎゅっと閉じられた足の膝に唇を寄せる。明彦の両手は蜘蛛が這うように、膝から太ももへとあがっていく…恋人を見返すハズの教室には淫香が充満して―

この作品の詳細はこちら