夢中文庫

美しき氷の王のとらわれ姫は運命の鍵

  • 作家泉怜奈
  • イラスト期田
  • 販売日2018/10/26
  • 販売価格600円

正しき運命の姫を娶らねば国に幸運はもたらされない──北の国ノルデアを護る魔女は幼い王子だったヴェリに呪いをかけた。国王となったヴェリはエステルを妃に迎えたが、彼女は原因不明の眠り病にかかってしまう。ある日、王妃によく似た娘がいると聞きオークションに向かうヴェリ。そこで王妃に生き写しのヤスミンと出会い、替え玉にしようと考える。一方、ヤスミンは眠り続ける王妃へのヴェリの深い愛情に強く心を打たれ、その目論見に協力することを決意し身を委ねる。しかし、ヤスミンのヴェリに対する気持ちは大きく変化していき……。究極の選択を迫られるヴェリ、エステルとヤスミンそれぞれの運命は──。真実の愛を見つけられるのか。

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

プロローグ
 一歩足を踏み出すごとに体が重くなる感覚に襲われる。それでもアーリアは足を動かし前に進む。
 この重みは自分の罪の重さなのだ。
 目的を果たすまでは諦めるわけにはいかなかった。自分に残された道はこれだけなのだ。
 深夜の森は冷たくアーリアを見つめている。
 微風さえなく空気が止まってしまっているかのような静寂に包まれ、軽やかな葉の先が微かにさえ揺れず、寡黙な守衛のようにただそびえ立っていた木々がざわつき始めた。突然の異変に、不穏な空気に包まれる。
 それを増大させるように不気味な木々のざわめきが激しさを増していった。
『おお、なんということだ。決して許されない重罪を……お前は犯そうとしているのだぞ! 今すぐ引き返すのだ。我々の恥となり汚点となる。それをお前はわかっているのか? アーリア、なんということを……』
 高くそびえる木々の葉と葉が激しく揺れ、摩擦する音がアーリアに囁きかける。午前一時の森の中は星の輝きさえ届かない暗闇で風ひとつなく静まりかえっていた。虫の鳴き声さえここにはない。しかしアーリアが歩く度木々が揺れ彼女に囁きかけていた。
 それは森の精霊の声だ。
 アーリアは立ち止まると、地面に跪き額を湿った土につけ土下座をする。
「お許しを、わたくしは、過ちと知りながら、代々お仕えしている王に恋をいたしました。この気持ちを知った今、もう後には戻れませぬ。どうか、お許しを。王を……わたくしを、お許しください」
 アーリアの渾身の願いをあざ笑うかのように木々が激しく揺れた。葉の掠れる音がざわめきのように大きくなる。
『掟は覆されることはない。だから掟なのだ。お前も王も罪を犯したからには制裁を受けなければならない』
「いいえ、罪を犯しているのはわたくしだけ。王は……わたくしを愛してはおりませぬ」
 絶叫に近いアーリアの声が静寂の森の中に響き渡った。
『同じ事だ』
 その声は最後の罪状を告げる裁判官のように静かで厳格な響きを持ち、アーリアの耳に届いた。
「わたくしは、この世を滅ぼしてしまうかもしれません。愛とはそれほどの力を持つのだと三百年生きてきて初めて知ったのです。もう、生きていくことが苦しくて辛い。こんな風に感じることが人を心から愛することなのだと知りました。わたくしは、王の命が途絶えてしまうのならこの世などなくなってしまっていい、そう本気で思っています。わたくしはそれを実現させるでしょう。不老不死のこの身を滅ぼすことになったとしても……。いいえ、そうなればいいと思ってさえいるのですから」
 小高い木々が暴風に襲われているかのように激しく左右に大きく揺れ、ざわめきは騒音へと変わっていく。しかしアーリアはひるまなかった。彼女の決意は固く、どんな脅しにも揺るがない。そんな信念を持っている。
 地面の土で汚れた額を上げるとアーリアはゆっくりと立ち上がり、密集した森林の狭間からかすかに見える輝く星空を見上げた。
「お許しください。わたくしはもうこれ以上、生きていたくはないのです。王のいないこの世など……その苦しみに耐えることなどできそうにありません」
 魔女アーリアの頬を透明な滴が流れ落ちた。
 それが涙だということを彼女は知らなかった。

オススメ書籍

プリプリなのに!~相手にされない若妻なんてありえないっ~

著者大北麗月
イラスト角砂糖

香織は親戚の紹介で見合いをし、そのままスピード婚した若妻であり新妻。夫の陽介はIT系ベンチャー企業の社長をしている。コンシェルジュのいるハイタワーマンションでの生活も二週間が経ち、ハイソな暮らしにも少し慣れてきたところ。ラブラブな毎日、不満はないけれど、不安なことが一つだけ。それは陽介が求めてこないこと!? 知り合って交際し、結婚した今に至るまで、キスもしていない! どうして!? もしかして陽介って……。香織は幸せな新婚生活を得るべくあの手この手で陽介を誘惑することに。だが、あの手もこの手もうまくいかず……? 悩んで凹んだ香織に陽介が言ったこととは――悩める若妻と思いやり夫の溺愛ラブコメディ。

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら