夢中文庫

混血騎士の秘めた執愛~こじらせた想いは月のない夜に~

  • 作家上原緒弥
  • イラストSHABON
  • 販売日2020/10/27
  • 販売価格700円

ルイサは幼い頃に婚約したエドガルドとの関係が未だに〝婚約者〟であることに悩んでいた。魔族と人間の混血として生まれ、中性的な容姿から苛められることが多かったエドガルドは、いつしかルイサの背を追い越し、男らしく成長。そのことに寂しさを感じながら、彼女は彼を恋い慕う気持ちを素直に伝えられずにいた。それはエドガルドが成長するにつれルイサを避けるようになっていたからだ。結婚に進みもしなければ白紙にもならない。そんな曖昧な関係が続いていたある日、エドガルドが倒れたという知らせを受け、駆けつけたルイサを彼は拒絶し帰そうとする。──嫌われてもいいから助けたい。そう言ったルイサをエドガルドは熱く求めてきて……?

【 プロローグ 】
 この世界は、ふたつの世界で構成されている。
 ひとつは、人間が治めている人間界。そしてもうひとつは、魔族が治めている魔界である。
 人間界はさらに四つの国にわかれ、四人の人物によって治められているが、魔界はもうずっと前から、世代交代はあるにしろ、ひとりの人物──魔王という存在によって統治されていた。
 人間界と魔界は長く争いの絶えない関係だった。同じ人間同士でも戦争が多かったのに、異種族であり、特殊な能力を持った魔族を恐ろしく思い、人間たちが排除しようとするのは当然だろう。
 また、魔族たちも人間たちをか弱く、愚かな種族として見ていたため、両者の生活が混じり合うことはなかった。
 しかし今から百五十年ほど前に人間界の四つの国が同盟を組み、人間同士での大きな争いがなくなった。それから五十年が経ち、今から百年ほど前──その中のひとつの国の王が魔族と交流を持ったことから魔界と人間界も同盟を組んだ。そして、その縁が今日までずっと続いている。
 同盟はいくつもの条件を含んだ上で締結された。その中には人間界の者を魔界へ、魔界の者を人間界へ向かわせるという形も取られ、中でも政略結婚という手段は一番多く用いられた。
 同盟を強固にするために一番手早いのは、王族の血族者を相手の国へ嫁がせることだ。悪く言えば、人質である。だから数十年前に現魔王の年の離れた妹が人間界の貴族に降嫁したことは当時とても話題になった。
 今となっては、人間界のそれぞれの国に魔族が歩いていることは珍しくない。魔界へも自由に行けるようになっている。文化が入り交じる人通りの多い都市では、柔軟な若者を中心に魔族の存在は浸透していった。
 しかし、貴族の間では未だに魔族を嫌悪する者も少なくなかった。
     ※
 人間の両親の元に生まれたルイサ・エッジワースが、人間の父と魔族の母を持つエドガルド・スタンレイと出会ったのは、まだ彼女が幼く、人間と魔族という種族は知っていても、その違いまではわからない、そんな年頃のときだ。
 初めて彼と会った宮殿でのガーデンパーティーでの出会いを、ルイサは鮮明に覚えている。
 その日、朝からルイサは頬を膨らませて、使用人たちを困らせていた。彼女たちの手には、可愛らしいドレスや髪を飾るひらひらのリボンがある。普通の女の子ならば喜ぶものだったけれど、幼いルイサは着飾るということがあまり好きではなかった。
 何故なら彼女は屋敷で本を読んだり、おままごとをして遊ぶよりも、外に出て庭師と庭の手入れをしたり、父の後ろをついて、領地で暮らす農民たちのところでその仕事ぶりを見たり手伝ったりする方が好きだったのだ。
 だから当然、その日も宮殿に行くために動きづらいドレスを着ることが嫌だったし、支度が終わり、馬車に乗り込んでも頬を膨らませていた。大好きな姉が手を引いてくれるから、渋々それに従い、宮殿に足を踏み入れる。

オススメ書籍

若女将は年下御曹司に魅了される

著者深雪まゆ
イラストにそぶた

「お前がピンチのときは絶対に助けてやる」――近くに出来た新しいホテルのせいで窮地に陥っていた実家の旅館を救うため、杏奈は保育士の夢をあきらめ若女将として働く決意をする。しかし経営はさらに厳しくなる一方。そんな中、長期の宿泊客として現れたのが、爽やかな印象の那雪だった。なぜか彼は杏奈やこの旅館の現状を知っていて、どうやらこの旅館へやって来たのには特別な理由があるようだった。那雪を目にする度に、ざわりと胸が騒ぐ。そんな彼に「俺のものになればこの旅館を救ってやる」と尊大な言葉で迫られ大ピンチ。強引な行為を拒みきれずに組み敷かれ……。幼い頃に交わしたあの言葉が、再び運命を結んだと知った杏奈は――。

この作品の詳細はこちら