夢中文庫

仕組まれた婚活で出逢った社長から遠慮なく独占されてます

  • 作家花音莉亜
  • イラスト澤村鞠子
  • 販売日2019/12/24
  • 販売価格700円

渡辺萌香、26歳。「彼氏が欲しい」とは確かに言ったけれど。同期との女子会のつもりで足を運んだ先が婚活パーティーだなんて。真剣に結婚を考えているわけじゃないのに。罪悪感で悶々とする萌香だったが──「うそっ! なんで社長が……!」 真下隆一、自社の社長も思いがけず参加していた。実力で外資系証券会社のトップに立つやり手でクール、見た目も経歴も完璧な彼がなぜ? けれど会社での印象と違い親しみが感じられて盛り上がる会話。まさか選ばれないだろうとカップル希望に隆一の名を記したら、見事に成立!? 真剣な気持ちで彼を指名したわけじゃないことを悩む萌香。なのに隆一はかなり積極的にアプローチしてきて……!?

 なんで、こんなことになっているのだろう。どうして、私は『13』の番号札を持たされているのか。
「婚活パーティーって、初めてですか?」
 不意に隣の席の女性に話しかけられ、ハッと我に返る。そして、作り笑いで彼女を見た。
「はい、そうなんです。えっと……、失礼ですがお名前は?」
 名前が分からず、確認できるのはナンバーのみ。だからといって、『12番さん』なんて言えない。
 せっかく話しかけてくれたのだから、名前を聞いておこう。そう思い、尋ねてみた。
「私は、田中(たなか)と言います」
「田中さんなんですね。私は、渡辺(わたなべ)と言います。婚活パーティーは、初めてなんですよ」
 田中さんは、いかにも女の子といった雰囲気で、パステルカラーの服装に、アクセサリーも目立つ華やかなものを着けている。
 ざっと一列に並んでいる女性陣を見ると、彼女のようなフェミニンな格好か、露出のあるセクシースタイルのどちらかに分かれていた。
 十五人いる中で、ごく普通のオフィスカジュアルで来ているのは私くらいじゃないか。それもそのはずで、今夜は同期の恵(めぐみ)と飲みに行く予定だったから。少なくとも、そう聞いていた。
 金曜日の夜に、女二人でプチ贅沢をしようと、ここ──、フランス料理のレストランに誘われたのだった。
 それが来てみれば、お店は貸し切りで、ドアの前には『第十三回 運命の婚活パーティー』という立て看板がある始末。
 驚いて急いで恵に電話で確認をすると、最初から仕組まれていたらしく、とにかく私に彼氏を作ってほしいからと言われた。
 たしかに彼氏を欲しいと散々言ってたけど、ここまでして欲しいわけじゃない。だいたい婚活パーティーだなんて、ハードルが高すぎる。
 私はまだ、結婚を覚悟しているわけじゃないのに。
 未だ納得できず悶々としていると、田中さんが話を続けた。
「私は、三回目のパーティーなんです。あの……、大丈夫ですか? 顔が強張ってますけど」
「えっ!? あ、大丈夫です。ちょっと緊張しちゃって……」
 いけない、いけない。今はなにを考えても、恵への愚痴に変わってしまう。私を誘い出した張本人は、この場にいないのだから、余計に腹が立つというもの。
 苦笑いをしながら誤魔化すと、彼女は声を潜めて言った。
「その気持ち、分かります。緊張しますよね。この衝立(ついたて)の向こうに、男性陣がいると思うと、ドキドキしちゃいますもん」
「そうですね……」
 なにか勘違いされているみたいだけど、話を合わせておこう。さすがに、ここへ来た本当の理由を、真剣に来ている人へ言えるわけがない。目の前にある白い壁は衝立になっていて、パーティーが始まるまで、男女の顔合わせができないようになっている。
 時折、ひそひそ声が聞こえるのは、向こう側の会話だろう。そういえば最初は、自分の正面に座っている同じ番号の男性と、話すことがルールになっているんだっけ。

オススメ書籍

毒舌幼なじみのシビアな溺愛

著者桐野りの
イラスト白峰早菜

失恋した相手と間違えて幼なじみの恭一と寝てしまった桜。「ごめんね。さようなら」そんなメモ書きを残して彼の部屋から逃げ帰るが、事はそう簡単には収まらなかった。一夜の過ちのはずだったのに翌日から始まった毒舌イケメンのアプローチに桜の胸は否応なしにときめいて……。「自分の人生をちゃんと生きない女は大嫌いだ」意味深な視線を送るくせに、意地悪な態度の恭一に桜の心はかき乱される。失恋したばっかりなのにもう別の人に心惹かれてしまうなんて、私って優柔不断すぎない?まさか、彼のテクニックに溺れてるとか……?子供の頃から知ってる彼と、まさかこんなことになるなんて。恋に不慣れなOLの、体から始まるハプニングラブ。

この作品の詳細はこちら