夢中文庫

過保護な副社長の溺愛独占欲は解けない魔法

  • 作家花音莉亜
  • イラスト稲垣のん
  • 販売日2020/04/21
  • 販売価格600円

大手飲料メーカーに勤める杏は上司から普段頑張っているご褒美に船上パーティーのチケットを貰った。しかし豪華客船に集うセレブたちの雰囲気に圧倒され、落ち着こうとデッキへ。そこで甘いルックスの男性・亮一から心配そうに声を掛けられ一緒にパーティを過ごそうと誘われる。王子様のようにスマートで優しい亮一のエスコートに杏は夢のような時間を楽しむが、彼に惹かれるのを振り切りその場をあとに。けれど偶然、職場近くで亮一に再会! 彼が大企業の副社長と知り杏は立場の違いに距離をとろうとして──「今度は、逃げちゃダメだよ」亮一からの積極的なアプロ―チ。過保護で独占欲の強い彼との甘い時間。なのに亮一の元カノが現れて!?

「嶋田(しまだ)さん、このチケットを貰ってくれないか?」
 業務終了後、杉山(すぎやま)課長から声をかけられ、退社準備をしていた手が止まった。課長から差し出されたものは、船の写真が印刷されているチケットだ。
 それも、有名な豪華客船の写真で、思わずチケットを凝視してしまった。
「課長、これはなんでしょうか?」
「船上パーティーのチケットなんだ。実は取引先から、いただいたものでね。明後日(あさって)、日曜日に開催されるものなんだけど、俺は急遽仕事が入ってしまったんだよ」
 がっくり肩を落とした課長は、心底残念そうにチケットを眺めている。これ自体、非売品と書いてあるし、装飾の感じからして特別なもののようだ。
「パーティーに参加できない、ということなんですよね? でも私がいただいて、いいんでしょうか? これって、まさかVIP向けとか……?」
 恐る恐る課長を見ると、彼は首を傾げた。
「もしかしたら、そうかもしれない。俺も、参加したことがなくてね。人脈作りには、もってこいだと思ってたんだ。無駄にするのは勿体ないから、嶋田さんに行ってもらえたらいいと思って」
「私に……? 本当の本当に、いいんですよね?」
 そういえば、この船は十日間ほど日本に停泊して、世界一周の旅に出るとテレビで報道されていた気がする。
 その間に開かれるパーティーということなら、参加する人たちもステータスの高い人が多そうだ。
 部長や別の課の課長が行くならまだしも、私のような一般社員でいいのだろうか。不安に思いながら再度確認すると、課長は大きく頷いた。
「もちろん。嶋田さんは、普段とても仕事を頑張ってるじゃないか。そのご褒美だ。思い切り楽しんでおいで」
「課長……。ありがとうございます」
 そんな風に言われたら、受け取るしかない。嬉しさを感じながら、課長からチケットをもらった。
 課長はホッとしたように、笑顔を見せてくれる。私は課長の気持ちに、はにかんだ笑みで答えた。
 杉山敦(あつし)課長は、去年から私が所属する営業部へ配属された。大手飲料メーカーである「コウノ飲料」の本社で、課長はとても有名な存在だ。
 三十歳独身の課長は、紳士的で気遣いのできる人。語学が堪能らしく、海外勤務を希望していると噂されていた。
 営業成績もよく、今でも頻繁に海外出張に出かけているので、課長の海外赴任は来年ではないかと言われているほどだ。
 課長は部下のことをよく見ていて、とても信頼が厚い。仕事に不器用で、なかなか会社から高評価を得られない私のことを、「同期が一段飛ばしで進んでいる中で、嶋田さんは一歩づつ確実に進んでいるよ」と評価をしてくれたことがある。
 お陰で、自信をなくしかけていた私の心は前向きになれたし、その同期が仕事に息切れして退職していく中で、私はこうやって頑張れている。
 杉山課長は私の尊敬する上司だし、その上司の頼みならパーティーに行くしかない。どんな雰囲気のものなのか緊張するけれど、せっかくだから楽しんでこよう。

オススメ書籍

クールな課長に、責任とってもらいます!

著者神埼たわ
イラスト篁ふみ

入社以来、イケメンなのにクールで無表情、でもデキる男の山之内課長に叱られてばかりの琴音は、とうとうストレスによって驚くべきことが身体に起こってしまう。ウソ、信じられない…と絶望する中、医者からは「特異体質です」と告げられてしまう。心配ないとは言われたが、ある日あまりの痛みに会社で動けなくなってしまう琴音。苦しさに正気を失い、通りがかりの課長に「課長から受けたストレスのせいで、特異体質になったんです。責任を取ってください!」と迫ってしまい…!? だが、課長は怒ることなくうなずき、琴音の指示のまま豊かなバストに顔を近づけ……? クールな課長と特異体質を抱えた琴音の奇想天外ラブコメディ!

この作品の詳細はこちら