夢中文庫

お義父さんの淫らなお仕置き ―ヌルヌル触手バイブのローションプレイ―

  • 作家加藤文果
  • イラスト
  • 販売日2012/9/21
  • 販売価格200円

新婚の侑実は夫の出張中、義父に無理やりレイプされてしまう。屈辱を覚えながらも若い男にはないテクニックに絶頂に導かれる侑実。「夫が、悠一さんが帰ってきちゃいます!」拒絶しながらも、体は義父の調教から逃れられなくて…!

「あぁっ……くぅっ」
いつもの寝室が暗黒の闇に包まれた。
ブラジャーやパンティーまで脱がされ全裸になった私は、手首を後ろ手に縛られ、乱れたシーツの上に転がされている。
「お……お義父さん、どうして……私たち、父娘じゃないですか……!」
「……今日は、侑実ちゃんがいけないことをした罰をたっぷり与えてあげようと思ってね」
忍びこんできた影に気が付いたときには遅かった。体の自由を奪われ、太い腕に捕まれ、衣服を脱がされたときには、抵抗する気力さえ失っていた。
「こんなこと……悠一さんに知られたらどうするんですか?」
「君は言えないだろう。男とラブホテルから出てきたと、私の口から言われたくなければ言う通りにするんだ」
「ですから……誤解なんですっ」
「それをこれから調べるんじゃないか」
義父は手にしていた鮮やかな色のボトルから、ピンク色の溶液を掌に取り出した。
「ローションは初めてかい? 前から、侑実ちゃんの白い肌にこれを使ってみたかったんだよ」
「お義父さん……なんてこと……」
私の体にヌルヌルとした半透明な液体がまぶされる。艶のある、もってりした感触のゼラチン状の物体が胸やお腹に乗せられ、私の体はショッキングピンクのクラッシュゼリーをまぶしたデザートのようだ。
「あぁっ……んくっ……」

オススメ書籍

戸惑いのモーニングコーヒー

著者鈴月奏
イラスト炎かりよ

「ここに住むのはどう?」高層マンションに住む永野修平と、その向かいの古びたアパートに住む三浦志織。アルバイト先のコーヒーショップで挨拶を交わす程度だった二人の仲は、老朽化を理由にアパートの建て壊しが決まったことで、急速に変わっていく。引っ越しの当てもない志織に家政婦の仕事を条件に、空き部屋の等価交換を申し出た修平。住む場所に、アルバイト代という破格の条件と、修平への興味から志織はそれを引き受けて――単なるご近所同士の関係から、家政婦と雇い主へと変化した二人の関係。家というプライベートな空間で明らかになっていく修平の素顔と近づく二人の距離。そんな彼との距離に戸惑う志織に修平が出したある答えとは……?

この作品の詳細はこちら