夢中文庫

俺様医師とキケンな同居!?

  • 作家華藤りえ
  • イラスト中田恵
  • 販売日2017/02/24
  • 販売価格300円

「二十八時間の遅刻か。よほど、俺に身体をどうにかされたいようだな」
仕事一途で、女子力ゼロのシステムエンジニア・涼城亜衣。
そんな亜衣の顧客であり、大学病院で一番のイケメンで、仕事の鬼である医師の皆瀬蒼真。
俺様な彼から無理難題をふっかけられつつも仕事に励む亜衣だが、ある日「約束の時間までにを仕事が終わらなかったら、俺に身体を預けろ」と言われ、ついに約束を守れなかった亜衣は、突然、彼と同居する羽目になる。
理不尽に最初は戸惑う亜衣だったが、そこで蒼真の意外な一面を発見する。
亜衣の先輩で昔の彼氏の高畑や、蒼真の過去がからんできて……。
俺様?ツンデレ?ストーカー?亜衣につきまとう蒼真の真意と正体は……?

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

俺様医師とキケンな同居!?
「お願いです。夜明けまで待ってください」
 今にも消え入りそうな声と上目使いで、涼城(すずしろ)亜衣(あい)は自分を腕の中に閉じ込める男を見る。
 男が亜衣に与えた時間はあまりにも少ない。こうしている時間さえ惜しいぐらいだ。なのに男は、繊細で自然な色合いの茶髪を、亜衣の黒い前髪に触れんばかりに顔を寄せ、ふっと息を吐いて笑う。
「駄目だ。あと六時間だ。それ以上は認めない」
 唇が触れそうな距離で追い詰められて、びくついてしまう。
 そうでなくても男の顔立ちは整いすぎで、見つめられるだけでドキドキする。
 鼻筋の通った顔。色素が薄いのか、白い肌と茶色の瞳は優しい色をしているのに、男らしいシャープな輪郭が全体的な雰囲気を引き締めていて、まつげの長い切れ長の目がそれに磨きを掛けている。
 縁なし眼鏡というガラスの障壁がなかったら、亜衣はまともに彼を見つめることもできないだろう。
「せ、せめて……あと、七時間」
 引きすがるように亜衣が言うと、男が着ていた白衣の裾が揺れ、膝がどんっ、と亜衣の太股の横に打ち付けられた。
 真夜中の大学病院診察棟は、照明が落とされ、静まりかえり、温かみのあるオレンジのダウンライトが床を照らすばかりで人の気配はない。
 数年前に立て直され、昼間はふんだんに採光できる前面ガラス張りのホテルのような内装も、どこか陰を含んでいてこのシチュエーションに妖しさを添える。
(ああ、なにが悲しくて、深夜の大学病院で私は壁ドンされているんだろう)
 残業の慌ただしさの中、後でまとめていた髪がほつれ、頬にかかるのに、くすぐったいような、むずがゆいような感触を覚えながらため息をつく。
 本当だったら、すでに自宅にいて、シャワーを浴び、溜めに溜め込んだ録画番組を見ながら、焼酎を開けているところなのに!
 ずきずきと疼(うず)きだしたこめかみを押さえたかったが、男の両手が二の腕を挟むように壁に付かれているため、亜衣は手を上げることすらままならない。
 しかも、よりによって相手が偏屈、頑固で鬼、だが院内一番のイケメン医師と名高い皆瀬(みなせ)蒼真(そうま)なのが最悪だ。
 亜衣が自分の不幸を呪っていると、壁についた蒼真の膝がじりじりと太股に寄って来ている気がする。
 スーツの膝上タイトスカート越しに男の熱が感じられるようで、緊張に拍車がかかる。
 いっそ悲鳴を上げようかと思ったが、警備員が来た時にこの状況をどう説明したらいいかわからない。
 なにより──蒼真は、亜衣の会社のお客様でもある。なんとか穏便に、だが、時間をもぎ取らねば。
 心の中で決心して、いつの間にかうつむいていた顔を上げる。と、彼からじっと見つめられ頬が火照りそうになる。
 強引かつセクハラに近いことをされているのに、心臓の鼓動が早くなるのは、焦りからなのか、それとも、ちまたでいうイケメン無罪とはこのことか。
「ろ、六時間半ではどうでしょう!」
 ぎりぎりもいいところだ。六時間半で総力を尽くしてなんとかできるなど思えない。
 だが、ここで譲ればシステムエンジニア主任として名折れだ。
 潤みそうになる目で懇願してみせる。

ご意見・ご感想

編集部

憧れのあの人と並びたくて、
喜んでもらえるのが嬉しくて。
泣きたいのも我慢して頑張って頑張って頑張って頑張って…
行き着いたのは「亜衣は一人で大丈夫だ」という残酷な言葉――

システムエンジニアの亜衣はとってもパワフルなバリキャリ!
明るく元気に振る舞っているけれども、彼女はすでに限界寸前…
「一人で大丈夫」その言葉は、呪いのように亜衣を突き動かす…
そして今日もイケメン()病理医・皆瀬に怒りの呼び出しに☆

なにかと亜衣の行動や好みをサーチ済みの皆瀬。
ひょんなことから彼と同居することとなってしまったが、
亜衣には皆瀬の真意がわからない…

皆瀬が亜衣に近づいた理由…
そして、空元気の裏に隠された亜衣の本音とは――
ぜひ、本編でお楽しみ下さいヾ(*´▽`)ノミ☆

2017年2月24日 9:48 AM

オススメ書籍

お嫁さんにしてあげる

著者立花実咲
イラストnira.

吉村陽菜《よしむら ひな》(20)はお隣に住んでいるお兄さん、藤沢祐樹(28)にずっと片想いしていた。「大人になったら結婚しようね」と小さな頃誓ったことを陽菜は健気に覚えていた。けれど彼はいつまで経っても一人の女として見てくれない。それもそのはず。祐樹が好きなのは陽菜の姉である彩夏だったのだ。その後二人が付き合うことになり大ショック。けれど数年後二人は別れてしまい……陽菜は姉に未練のある祐樹を気にしながらも自分の抑えきれない想いを伝える。ところが「高校生になったら考えてやる」と言われ……。今度は皮肉なことに教師しかも担任と生徒という立場になってしまう。「二十歳になったら……」と言われてしまい撃沈。もうそれは彼の常套句。きっとこれからも相手にされることないんだと陽菜はようやく祐樹とは縁がないことを諦めることにした。それから二十歳になった陽菜は、新しい恋をしようと決意をしていたのに、なんと彼は成人式に乗り込んできて「約束だ。連れていくぞ」と陽菜の手を引っ張る。一体どういうつもり!?【大人になったらお嫁さんにしてくれる? その約束は叶えられるの? ピュアラブ&エッチなストーリー】

この作品の詳細はこちら