夢中文庫

イケニエ王子に甘く溺愛されて、呪いの魔女は戸惑い中!

  • 作家桔梗楓
  • イラスト緋月アイナ
  • 販売日2019/6/5
  • 販売価格600円

『くらやみの森』に棲む呪われた魔女に生け贄を捧げる、という儀式によってご馳走を期待していた魔女リリィ。だが棺の中に収められていたのは、なんとこの国の王子、レオニートだと判明。そして超イケメン王子のレオニートは、素晴らしい家事力を発揮する家事男子だった! さらにレオニートはリリィが聞き慣れない甘い言葉を連発。リリィの心臓は奇妙に跳ねあがって乱れる毎日。そんなある日、レオニートがリリィにお茶を淹れてくれたのが、催淫効果のある植物のもので、二人の体に異変が起こり始めてしまう。「ちゃんと責任を取りますからね。あなたの身体のうずきを、私が取り払って差し上げます」えええっ、ちょっと待って、そんなこと!

プロローグ
 大陸の北方に、広大な領地を持つローゼン王国がある。
 国を囲むようにそびえる氷の山は、まるで天を貫かんとするほど、険しい。それは、さながら自然の要塞だ。
 その地の風土は、ほとんどが氷と雪に閉ざされているものの、不思議と人々が住む集落だけは、温暖な気候に恵まれていた。
 そんな国で、年に一度、祭りを行う風習がある。
 豊穣祭。王国に住まう民は、この不毛な大地にも等しく神の恵みがあることを心から感謝し、穀物や野菜をふんだんに使った料理を振る舞う。
 そして『この国に災いをもたらさないように』と、生け贄を用意するのだ。
 ローゼン王国の中で、最も北に存在する森の名は『くらやみの森』。
 頬を叩く雪と、氷と化した木々に覆われた森は、陽の光を一切拒む暗闇に覆われている。
 そこには呪われた魔女が棲んでいて、豊穣祭において生け贄を捧げるのはローゼン王国の重要な習わしだった。
 推定年齢はゆうに千を越える、不死身の魔女。その名はリリィフェオドラ。
 歴史書の創世記を紐解けば、太古の時代は神が世界を支配していたという。その神が人間に支配権を譲る前から、呪われた魔女は存在していたらしい。
 伝説によると、神代の奇跡をその手に持つ正真正銘の魔女は、その奇跡を常にローゼン王国に向けている。
 生け贄を捧げ続ければ、不毛の大地に緑を育ませる奇跡を。
 生け贄を捧げなければ、凍てついた吐息でローゼン王国は一日で氷漬けとなる。
 ただの言い伝え、世迷い言だと言う人間も少なくない。だが、誰もが『やめよう』とは口にしなかった。
 なぜなら、あの『くらやみの森』に呪われた魔女が棲んでいるのは事実だからだ。
 得体の知れない不死身の魔女を敵に回す勇気のある者は、ひとりとして──いなかった。

オススメ書籍

禁断の試着室

著者鈴月奏
イラスト九重千花

「僕は自分の直感に従って君を指名した。他に理由が必要か?」 大手下着メーカーに事務員として務めるごく普通のOL綾瀬文は、デザイナーの桐嶋悟に助手として指名を受け、《試着室》と呼ばれる彼の個室へと向かった。重要な展示会を控え、パリにある海外支部から帰国したばかりの桐嶋は、眉目秀麗さと洗練された佇まいから社内では何かと話題となっていた人物ではあったが、その寡黙さ故に女子社員からの話題も下火になりつつあった。何故自分が助手として指名されたかわからないまま、文は桐嶋との二人きりの時間を過ごしていく。だが、助手として指名したにも拘わらず、桐嶋は資料に目を通すことしか指示しない。疑問を抱きつつ、言われたままランジェリーの資料を捲ることしか出来ない文。だが、着用モデルが身に着ける一枚の写真が目に留まった文に、桐嶋が唐突に話し掛けた。漸く訪れた会話の機会に、文は自分を指名した理由を問うが、桐嶋は「君が欲しいと思った、ただそれだけだ」としか答えてはくれない。寡黙でミステリアスだが、どこか自分を魅了してやまない彼に、文は段々と惹かれていき、歓迎会の後、記憶もないままに彼と身体を重ねてしまう。自分の身体を探り、測るような彼の愛撫に文は次第に溺れていき――《試着室》と呼ばれる二人きりの密室で過ごす、甘く切ない秘蜜の時間の行方とは……?

この作品の詳細はこちら