夢中文庫

マッドな御曹司に溺愛されました

  • 作家桐野りの
  • イラスト一味ゆづる
  • 販売日2018/09/14
  • 販売価格300円

製薬会社研究員、美野里の上司、斉藤は職員たちからひそかに「マッドサイエンティスト」と呼ばれている。背が高くてイケメンだが、滅多に笑わず誰とも会話をしないため、周囲からは変人扱いだ。豪邸に住み虎を飼っているという噂まである。しかし美野里は彼が飼犬のアレックスに髪の色や雰囲気が似ているため、何となく好感を持っていた。ある日美野里は同僚に頼まれ、弁護士とお見合いをすることに。理系女子へのありがちな偏見を口にするお見合い相手に辟易する美野里。ふと喫茶店の隅にいるフードにサングラス姿の男が目に入った。真夏なのに厚着。なんだか怪しい。ハイスペックな変人ヒーローと真面目な理系女子とのピュアフルラブ。

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

◆一話
「ねえねえ、マッドの家ってトラがいるんだって」
 昼休みにデスクでコンビニ弁当を食べていたら、隣席の同僚、木下(きのした)ときこが小声で話しかけてきた。
「さすがにそれは嘘でしょ」
 市川(いちかわ)美野里(みのり)は苦笑いで否定した。
 マッドサイエンティスト、略してマッドこと斉藤(さいとう)平太(へいた)は、製薬会社『オースリーメディカルラボ』の研究員で、同じく研究員である美野里の先輩である。
 ボサボサ頭で、白衣はヨレヨレ、決して笑わず口から吐くのは毒舌ばかり。
 185CMを超える高身長とがっちりした肩幅、無駄に整ったルックスと言う威圧感のあるスタイルは、フレンドリーな職員揃いのこの会社ではかなり浮いている。
 ある意味、珍獣扱いの名物社員で、彼には信憑性の高いものから低いものまで、様々な噂が囁かれている。
 ペットがトラ、と言うのも、そのうちの一つだ。
「ま、さすがにそれはガセネタだろうけどさ。御曹司だっていうのは本当っぽい。おうちがすごい豪邸なんだって。どこかの王子さまかっていうぐらい」
 小声で囁くときこを、美野里は半分呆れながら眺めた。
「いつもいつもなんかすごいね。どこからそんな情報もらってくんの」
「秘密」
「やだ」
 二人できゃいきゃい話していると、ふらりと白衣姿の斉藤が入ってきた。
「トラ」
 ときこがポツリと言い、美野里は吹き出しそうになりながら、やめなよと、ときこの肩をつつく。
 斉藤はちらりと二人を見ると、
「ふん」
と小馬鹿にしたような笑みを浮かべ、フロアの中央にあるソファーに横たわった。
「……こんなにでかい体で、ソファーを占領されると威圧感あるね」
 ときこが囁く。
「確かに」
 美野里は頷いた。
 去年の四月に、本部からの異動で、斉藤はこの部署に行ってきた。
「斉藤です。よろしく」
 ぺこりと頭を下げた彼に美野里は、
(うちのアレックスに似てる)
 という感想を持った。
 アレックスというのは、実家にいるゴールデンレトリバーである。
 茶色い髪の毛とでかい図体がそれっぽい。
 アレックスみたいな愛嬌など、微塵もないとわかったのは、一緒に働きはじめてすぐだった。
 めったに笑顔を見せないし、話す言葉はいつも理路整然としていて、人間味がない。
 話しかけても全然会話が盛り上がらないし、目つきも鋭すぎてちょっと怖い。
 ラボに勤めるほとんどの女性職員たちと同じように、美野里も彼が苦手だった。
(見た目だけは激似なんだけどね……)
 ソファーからはみ出した長い足を眺めながら、愛犬を思い出していたら、「ところでさ」とときこが、膝がぶつかる距離まで椅子を滑らせてきた。
「明日、暇? だったらお願いがあるんだけど」
「別に予定はないけど……何なの」
 美野里はプラスチックの容器を片付けつつ、警戒モードに入る。
 ときこのお願いにはろくなことがない。
「明日、私の代わりに、お見合いに行ってきてくれないかな」
「お見合い!?」
 声が大きかったのか、斉藤がむくりと顔をあげた。
 細められた目がピタリと美野里に据えられる。
「す、すいません」
 斉藤は何か言いたそうな表情をしていたが、再びソファーの上に仰向けになった。

オススメ書籍

トモダチじゃイヤ!~おいしい恋愛はじめました~

著者江原里奈
イラスト乃里やな

過去のトラウマで男はコリゴリだと思っている地味系OL・臼倉有希。結婚にも恋愛にも無縁のまま三十路を迎えた彼女の唯一の趣味は「酒」! ある夜、酔っ払って転んだ彼女に声をかけるイケメン男性が……それは何と、エリートに進化していた大学時代の同級生・北沢君だった! 食事の好みが同じと知った二人は、自炊メインのお家デートを重ねるうち距離が縮まり、あるとき一線を越えてしまう。北沢君と過ごす夜は甘く刺激的で、生まれて初めての経験ばかり。だけど、北沢君からは告白されていないし自分もしていない。そんな微妙な状況に悩みながら、彼との関係を受け入れていた有希だったが、あるきっかけでそのバランスが崩れて……!

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら