夢中文庫

枯れOLに完璧男子が求愛モード~強引にされても困ります!~

  • 作家如月一花
  • イラスト時瀬こん
  • 販売日2019/5/28
  • 販売価格300円

陰湿上司の大橋に目を付けられてパワハラを受ける心。そのせいで、性欲も恋心も枯れていて、TL漫画に憧れるだけ。ある日、疲れて入った居酒屋で意気投合した『社長』の源とお酒の勢いで一夜を共にしてしまう。一晩の過ちだと思ったのに、翌朝、なぜか職場に源が現れて――。その日から、源の猛烈なデートのアプローチが始まる。『乙女なカフェ』『お洒落な創作料理』『夜のバー』などなど……。 理知的で声よし、顔よし、スタイルよしの完璧男子、源からの熱烈アプローチに困惑する心。どう考えても求愛? それとも遊ばれているだけ? 戸惑いつつも、次第に恋心が芽生えていく心だが、大橋から「源は社長ではない」と聞かされて!?

 がたんと、電車が大きく揺れて急停車した。
 満員電車のなかは何事かと辺りを見回す人がいるものの、橋本(はしもと)心(こころ)のように、皆スマホに見入っていた。たいしたことじゃないだろうと、心も思っている。
「前の駅で急病人が出ました為、少し停止します。その為、この電車は十五分ほどの遅れが見込まれます」
(えっ)
 心は思わず顔をあげた。
 スマホの時計を見れば、十五分の遅れでは遅刻してしまう。
 それでなくても、行きたくない会社な為にいつもぎりぎりに家を出ていた。
 何としても遅延証明書をもらわなければ、女上司の延々とした嫌味を聞かされる。
 そう考えた途端に胃がきゅっと痛みだす。
 昨夜も女上司から罵倒され、嫌味を言われ、人間性を否定されたのだ。
 テレフォンオペレーターの仕事をしている心は、カード会社に勤務している。
 支払い残高について、解約について、その他もろもろ、マニュアルにしたがって答えるのだが、昨日は上手く説明が出来ずに上司に代わってもらったのだ。
 そうしたら彼女の口からつらつらと突き刺さるような言葉を浴びせられた。
「まあ、仕方ないわね。こんな仕事もこなせないから、あだ名がグズなんだもの。グズちゃん、ちゃんと小学校は卒業出来たのかしら? ああ、ごめんなさい! 小学校くらいは卒業しているわね! でも、中学はやばかったんじゃない? 高校は行ってないでしょ?」
 女上司は、自分が高学歴なのを鼻にかけていた。
 某有名女子大を卒業したとかしないとかで、前職は銀行員。
 しかし、引き抜きで『ハーキュリーカード会社』に来たそうだ。
 が、彼女の横柄な態度や不遜な言葉遣いや人とも思わない物言いに、退職者は続出。
 それでも、彼女はいつも言う。
『グズとノロマの集まりだもの、相手にする暇はないわ。でもこの会社、私には悪くないの。自分のキャリアを下げたくないし』
 圧倒的な女王様ぶりを発揮して、自分は悪くないことを上司にアピールしている。
 勿論、上司には別の言い方をする。
『一生懸命やったんですけど、力不足です』
 上司は今にも泣きそうな彼女の物言いに負けて、詳しい追及や詮索はしなくなっていた。
 そのせいで、大量に人が辞めている。しかも体調不良や心身不調を理由に。
 女上司、大橋(おおはし)を野放しにしているハーキュリーカード会社で勤めるのが、心には辛かった。
 でも、実家に帰ることは不可能だ。
 家には姉夫婦がいて居場所はなく、帰省すら諦めている。
 大橋のいる、この会社にすがりつく以外に道はない。
 時計を見ると、始業時間にどんどん近づいていっている。
 電車で一本だから安心だと油断していた。
 また胃がきりきりっと痛んだ。
(なんて言い訳しても、駄目なものは駄目なのよ)
 電車がようやく動きだすものの、心は上の空で電車に揺られた。
 人混みを掻き分けて遅延証明書を手にし、慌てて改札を抜けて、地下鉄の階段を昇り駅を後にする。
 そのままビルまで走ると、息も切れてくらくらするが、なんとか時間に間に合うように必死だった。
 エントランスホールを抜けて、ビルの三階まで階段で駆けあがり、扉の鍵をカードで開錠する。
 しかし、待っていたのは大橋だった。

オススメ書籍

独占欲で逮捕して!

著者華藤りえ
イラスト雪乃つきみ

「エレベーターで、刑事から壁ドン!」結婚のために用意していた貯金を彼氏に盗まれ、あげくの果てにキャバクラ嬢と駆け落ちまでされた、不幸な女・佐々倉さくら。茫然自失で自宅へ帰ろうとする彼女はマンションのエレベーターの中で、突然、色気たっぷりな男性に押し倒されそうになる。さらに、男性のスーツから落ちたのは警察手帳で……しかもお隣さんだという!取られた貯金が事件に関係していると事情聴取を重ねられるうちに、さくらはその刑事……篠原一樹のことが気になって。でも彼には彼女らしき女性の姿もあり……。隣人同士の壁一枚を挟んだ、恋と事件に彩られた波瀾万丈のスイートロマンス!

この作品の詳細はこちら