夢中文庫

おじさま伯爵と奏でる激情の睦言

  • 作家こいなだ陽日
  • イラストルシヴィオ
  • 販売日2018/11/27
  • 販売価格300円

皮膚病を患い、痕が残ってしまった伯爵令嬢のメリス。侯爵家の幼なじみと結婚し家を継ぐ予定が、「完璧な自慢の娘」でなくなったメリスを手放すがごとく、両親は別の縁談を急に決めてしまう。十八歳のメリスの結婚相手は、四十一歳のアルヴァー。いざ顔を合わせたアルヴァーは男らしく大人の色気に溢れていた。アルヴァーと過ごすうち、メリスは彼の懐深い人柄にどんどん惹かれていく。とある夜、彼のお土産のチョコレートをきっかけにふたりの仲は急接近。そこでメリスはアルヴァーが抱えた「秘密」を知るのだが──。年上のおじ様に溺愛され幸せに浸るメリス。しかしある日、婚約する筈だったメリスの幼なじみが突然やってきて──!?

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

メリスは十八歳の娘で、伯爵家の長女として産まれた。母親譲りの淡い水色の髪はこの世界でも珍しく、美女の証しとされている。
 絹のように滑らかで白い肌、桜色の唇、大きな瞳に長いまつげと、髪の色だけでなく、顔立ちも整っていて、まるで人形のようだ。
 そんなメリスの母親は体が弱く、メリスを産んですぐに亡くなってしまった。それから間もなく父親は再婚したが、継母は血の繋がらないメリスのことを可愛がってくれたと思う。
 二歳下となる妹も産まれ、メリスは幸せだった。継母とも、妹ともいい関係を築けている。
 ただ、父親と継母は二人とも神経質で、完璧主義だった。
 例えば絨毯が少しでもほつれようものなら、すぐに新品に取り替えさせたし、服だって汚れたらすぐに処分していた。
 いかなるものにも傷や汚れを許さず、見つければすぐに交換するので、メリスたちはほぼ新品の調度品に囲まれて暮らしている。
 メリスの家は裕福で、いくら物を買い換えたところで、生活が困窮することはなかった。──否、もし生活に影響が出ていたら、両親も少しは変わっていたのかもしれない。
 メリスと妹は自分の親が「異常」であると認識していた。
 しかし、神経質なところを除けば、仕事も優秀で伯爵位ながら王族からの覚えもいい。丁度品を買い換えるたび「またか」とうんざりするものの、両親をいさめることはなかった。
 そんな父親には侯爵家の幼なじみがいる。家族ぐるみの付き合いがあり、次男のキュオスティは面倒見もよく、メリスたちとよく遊んでくれた。
 メリスの家には男児がいないので、侯爵家次男を婿養子に迎えて爵位を継がせる──という話を、両親たちが話しているのを偶然聞いたことがある。
 三つ年上で優しいキュオスティのことは、恋愛感情こそ抱いていないものの、メリスは慕っている。だから、てっきり自分は彼と結婚するものだと思いこんでいた。
 恋をしていないけれど、彼となら結婚してもいい。そして、幸せに暮らせるだろうと思っていたある日のこと、メリスは重度の皮膚病にかかってしまった。
 死に至る病ではないものの、肌が焼けるように熱くなる。痛みでよく眠れず、メリスは病床に伏せることとなった。
 両親は伝手を使い、遠くから名医を呼び寄せ、メリスのことを診せてくれた。医療に心得のあるものを雇い、つきっきりで看病をさせ、尽力してくれたと思う。
 おかげで酷い熱は一週間ほどで引いたものの、メリスの腕には火傷のような醜い痕が残ってしまった。それを見たときの両親の顔は、一生忘れられないだろう。
 それからというもの、両親の態度が急に冷たくなった。
 人形のようだと毎日のように褒めてくれた継母は、メリスを見ると、視界に入れたくないとばかりに顔を背けてしまう。辛辣な言葉を投げかけてくることはなかったが、普通の言葉さえ……そう、朝の挨拶さえもされなくなった。
 メリスの両親は神経質で、完璧主義である。しかし、それは物に対してだけで、まさか痕が残ってしまった自分にまで向けられるはずはない──そうメリスは思っていた。
 その考えが甘かったことを、父親の言葉で思い知らされることとなる。
「メリスの縁談がまとまった。相手はアルヴァー・ガイネス伯爵だ」
 昼下がりのティータイムに突然そんなことを言われて、メリスの頭は真っ白になる。
 幼なじみであるキュオスティと結婚するものだとばかり思っていた。そして、生まれ育ったこの家でずっと暮らしていくのだと。
 驚きのあまり、言葉を失ってしまったメリスの代わりに、妹のパウリナが声を上げた。
「ガイネス伯爵家って……確か、国の端のほうよね? そんな場所に、お姉様はお嫁に行くの? この王都からだと、馬車で五日はかかるわ。遠すぎて、ガイネス伯爵もなかなか舞踏会にも顔をお出しにならないわよね?」
「結婚に場所は関係ない。それに、ガイネス伯爵家は我が家同様、広く事業に手を出している。ガイネス家と繋がりを持てれば、我々も恩恵がある。爵位も同等だし、相手としては申し分ない」
 父親が淡々と答える。実感が持てないメリスは、他人事のようにそれを聞いていた。

オススメ書籍

いいえ! 私たちはタダの上司と部下です!!(※ウソです)

著者藍川せりか
イラスト白弓サン

隣にいるのはうちの社長、柊聡史――
悪夢よ醒めて!今すぐ!よりによって社長と朝チュンしてしまった。
そりゃイケメンだし、アプリ開発で素晴らしい実績を残した人ではある。
でも今ではだらしなくて女たらしのダメな人。
優秀な社員は皆辞めて残るは私――紺野歩美――ただ一人。
かつて社長制作のアプリに感動し、彼は必ずやってくれると信じているから離れる気はない。
……のに、あんな関係になって気まずい。
しかもこのタイミングで私にヘッドハンティングの話!?
社長とはこれ以上深い仲にならないように気を付けていたのに体は……いや、本当は心の方が正直で。
ずっと好きだったなんて今更言えない。
と思ったら大どんでん返しが待っていて――

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら