夢中文庫

誇り高き王女がとろける辺境伯の豹変蜜事

  • 作家こいなだ陽日
  • イラストウエハラ蜂
  • 販売日2020/2/12
  • 販売価格600円

セルマはヴェーリーン国の第三姫。決まっていた婚約話が消えた直後、彼女はやむない事情で隣国の辺境伯バーンハルドのもとへ嫁ぐことに。王女の誇りを持って育ったセルマは国のための結婚──それが愛のないものだったとしても受け入れる覚悟はできていた。結婚前の準備として辺境伯の元で一ヶ月間過ごすことになったセルマ。しかし、なかなか夫となる男との初対面が叶わない。挨拶もできていない状況から少し強引に会いに行くと、彼は凜々しく逞しい美丈夫だった。だが、セルマに一目惚れしたという彼はどこか頼りない。そんなある日、嫉妬にかられて見せたバーンハルドの別の顔にセルマは激しくときめいてしまって!?

第一章 突然の婚約
 セルマ=ヴェーリーンの桃色の唇から、微かな溜め息がこぼれた。
 窓から入りこんでくる風で、鮮やかな金の髪がたなびく。美しく手入れされた庭園を眺めながら長い睫(まつげ)を伏せると、遠慮がちに声をかけられた。
「姫様。風が冷たくなってまいりました。窓はもう閉めたほうがよろしいのでは?」
 声をかけてきたのは、腰に立派な剣を携えた銀髪の騎士である。その胸元にはいくつもの勲章が飾られ、彼の功績の多さを称えていた。
「頭を冷やしたいから、涼しいくらいが気持ちいいわ」
「あなたはこの国の姫なのです。風邪をお召しになったら、侍女たちは大騒ぎですよ。どうか、お身体をいたわってください」
「……そうね、その通りだわ」
 セルマが頷くと、騎士が窓を閉める。
 セルマはこのヴェーリーン国の第三姫だ。年は十八で、そろそろ輿入れする年頃である。実際、その予定で隣国と話が進んでいたのだが──
「今頃、王様が姫様のためにふさわしい相手を探してくださっていますよ」
「ええ、そうだといいのだけど……」
 セルマは側に仕えている騎士を見た。
 彼の名はエリオット。長身で彫りの深い顔立ちをしており、銀の髪が見事だ。
 この国の姫は護衛となる騎士を側に置く習慣があり、セルマの護衛騎士がこのエリオットである。騎士として多くの功績を挙げた彼は、護衛以外でも優秀でよく気が利き、セルマが気落ちしているとこうして話しかけてくれた。
「結婚相手がエリオットみたいな人だといいのに」
「それは光栄です」
 エリオットはにこりと微笑み、セルマの言葉を軽く受け流す。その様子から、彼は過去にさぞかし女性にもてただろうとうかがえた。
「ああ……もう! 本当にエリオットみたいな人がいいわ。他に女を作るような男は言語道断よ」
 そう言いながら、セルマは唇を尖らせる。
 実は王族であるセルマには、隣国の王子との結婚話が進んでいた。身分も釣り合っていたし、互いの国での晩餐会でよく顔を合わせていた。成婚すれば国同士の絆も深まり、貿易もより盛んになるだろうと思われていたのだ。
 しかし、正式に婚約をする直前に、その王子がメイドとの間に子供を作ったという情報が流れてきた。
 セルマの国では姫が嫁ぐ際に、相手となる夫はその身分に関わらず、側室や妾をもたずに生涯の伴侶は姫だけにするという制約を相手に課す。
 婚約間近だったことから、相手の国ともよく話し合った。その王子はどうしてもメイドを側室に迎えたいらしく、結局、婚約の話はなくなった。
 正式な婚約こそしていなかったものの、そういう方向で話が進んでいたので、セルマの国は面子(めんつ)を潰されたかたちとなる。相手の国も国交関係がこじれることを懸念してか、大量の賠償金が極秘裏に送られてきた。国庫はかなり潤い、国としても満更ではない。「正式な婚約はしていなかった」と本件については不問とし、国交も今まで通りに続けることとなった。

オススメ書籍

花笑むワルツ~男爵子息の焦れる指先~

著者さえき巴菜
イラストまろ

「君はだれが好きなのか、はっきりと教えてくれ」――ミルディナは幼なじみの男爵子息ユージン・モルズウェルに想いを寄せていたが、彼の弟が留学してから距離を置いていた。自分は貴族ではなく、資産家でもない。そして男爵の跡を継ぐユージンは、どこかの伯爵令嬢に求婚していると耳にしていた。想い続けても叶わない……そう思っていたミルディナだったが、数カ月後、偶然出会ったユージンにキスをされる──。やがてある事件によって、男爵家の領主館リリー・ハウスに匿われることになったミルディナ。それを追うようにやってくるユージン。幼き日の思い出が詰まった百合の香りのする館で、ミルディナは想いを口にするが……。

この作品の詳細はこちら