夢中文庫

堅物上司が実は溺愛オオカミだった件~この夜は甘すぎて想定外です!~

  • 作家椋本梨戸
  • イラスト蔦森えん
  • 販売日2020/11/04
  • 販売価格500円

取引先との接待が温泉宿と知って大喜びの夏川柚。ただし同行するのは『社内一怖い上司』の瀬田樹。稀に見るほどのイケメンで、とにかく怖い……のだが、接待中のセクハラから毅然と守ってくれる樹の姿に柚はトキメキを覚える。そうしたなか、食事のみで日帰りの予定が悪天候の影響で宿に急遽一泊することに。空いている部屋の都合で樹とともに一晩を過ごす事態になった柚は、憧れの温泉宿にハイテンション。一方、実は柚にずっと片想いをしている樹。今夜は上司の顔を守り柚に手を出すまいと必死に自制するのだが、アクシデントが続発。「限界だ──お前が可愛くて仕方ない」その鋼鉄の理性はついに崩壊!? こんなに甘い夜になるなんて……

1 日帰り接待のはずだったのに
「温泉宿ですか!?」
 上司のデスクに身を乗り出して、夏川(なつかわ)柚(ゆず)は目をきらめかせた。
 営業二課課長であるところの瀬田(せた)樹(いつき)は、怖ろしいほど整った顔立ちに、いつもの強面(こわもて)を貼りつけたままうなずく。
「ああそうだ。明後日の接待は風雅(ふうが)温泉の旅館で行う」
 その言葉に、柚は歓喜して感動を噛みしめた。一方で、樹はしかめっ面のままである。
 これは、いま現在彼が柚に対して怒っているということではない。このしかめっ面が瀬田樹の標準装備というだけのことである。
 普段の柚であれば、樹の眉間に刻まれたシワにおののきつつ、「課長、顔が怖いです」とクレームを奏上するところだ。しかし、『次の接待は温泉宿。しかも、名湯として大人気の風雅温泉にて』というすばらしい予定を聞いたいまとなっては、樹の強面も天使像のように慈悲深く見えるから不思議である。
 柚はさらに身を乗り出した。
「ぜひ、わたしも連れていってください!」
「そのつもりでいる。おまえには俺の補佐としての役割を担ってもらわなければならないからな」
「もちろんです、任せてください! 課長の補佐として、十二分に役目を果たしてみせます」
 樹の補佐役に柚が指名されたのは半年前の夏だ。その夜柚は、あまりのショックに茶碗二杯分しかごはんを食べられなかった。
 いつもなら生卵を落として三杯を堪能するところなのだが、食欲がわかなかったのである。おかずも豚の生姜焼き二百グラムしか入らなかった。三百グラムを余裕で平らげるのが柚の通常運転だからこそ、まさに異常事態であった。
 柚の大食いに慣れている友人たちは、「いつも(無駄に)元気なあの夏川柚にいったいなにがあったのか」とものすごく心配し、「わたしのデザートあげるから、元気出しなよ」と、シャーベットの皿をそっと差し出しながら慰めてくれたものだ。
 瀬田樹の補佐役に選ばれたことがなぜそんなにもショックだったのかというと、彼が『社内一怖い上司』として名を馳せていたからによる。
 瀬田樹は類(たぐい)稀(まれ)なるイケメンだ。黙って立っていれば、すれちがう老若男女全員の視線と感嘆のため息を得ることが可能なほどに、輝かしい容貌をしている。ほほ笑んで立っていようものなら、女性陣から声をかけられまくりのモテモテ人生であっただろう。
 しかし残念極まることに、彼は愛想という二文字を母親のお腹に置き忘れて生まれてきたような男であった。
 眉間に深く刻まれたシワと、不機嫌にも見える無表情が、瀬田樹の怖さを増幅させている。長身でガタイがいいからこそ、余計に怖い。
 ゆえに女子社員勢からは「遠くから眺める分には眼福としか言いようがないほどのイケメン」として、半径十メートル外からの鑑賞対象に認定されている存在であった。

オススメ書籍

友達宣言から始まる恋~スパダリDr.は私の脚に魅せられる~

著者連城寺のあ
イラスト夢志乃

「葉さん、キスしてもいい?」キスって、脚?唇?どっちに!?――高野葉は、仕事に集中するあまり、突然彼氏に振られてしまった! 失恋に落ち込む葉は、友人と訪れた店で魅力的な男性を見かける。葉の好みド真ん中な人だったが、縁はないだろうと思っていたそんなある日。いなくなった飼い猫の捜索中に大けがをし、搬送先の病院で医師をしているあの時の男性・園田に再会する! しかし運命的な再会に喜んだのも束の間、彼が素敵な女性と歩くのを目にし、二度目の失恋に落ち込む葉だったが……またも運命的な再・再会で、失恋した者同士だと発覚し意気投合! 友達関係になった二人だけど……園田の挙動に、葉はドキドキしっぱなしで……!?

この作品の詳細はこちら