夢中文庫

婚約破棄の甘やかなる事情~黒獣は無垢な婚約者を淫らに味わいたい~

  • 作家舞姫美
  • イラストKRN
  • 販売日2020/06/26
  • 販売価格900円

伯爵令嬢のリディアは、幼馴染の次期公爵ルーファスと婚約中だが、ある時から冷たい態度を取るようになった彼に、突然婚約破棄を申しつけられてしまった! 初恋を諦めきれないリディアは理由を聞くため会いに行くが、「君のせいではない」の一点張りで追い返されてしまう。実はルーファスには、リディアに知られたくない『ある理由』があった。そんなルーファスの態度は、言葉に反して想いが隠しきれておらず、頑なに触れてこないかと思えば、男性と話すリディアに嫉妬心を露わに熱く口づけてきて!?「君の匂いに、くらくらする」――口では拒絶しながら触れてくる彼の真意とは? 蕩ける意識の中リディアの手が触れたのは、ふわふわの……?

【第一章:恋する乙女の譲れない主張】
【親愛なるリディア嬢 諸事情により婚約破棄をお願いしたい。 ルーファス・ファーニヴァル】
 盾の中心に牙の意匠が刻まれた家紋印が印刷されたファーニヴァル公爵家特注の真っ白な便箋には、濃紺のインクに一切の乱れを感じさせないきっちりとした文字でそう記されていた。
 便箋を手に取り、向きを変えてみても裏返してみても、記された内容に変わりはない。リディアはきつく唇を噛みしめて、便箋を机上に置いた。
 便箋から指先が離れると、途端に視界がぼやけた。泣いてはいけないとわかっていても、我慢できずに大粒の涙が瞳から溢れ出す。便箋の上にいくつか落ちた雫は、生真面目な文字を滲ませた。
 リディアは慌ててスカートのポケットからハンカチを取り出し、涙の痕を押さえる。真っ白い布地に濃紺のインクが移ってしまったが、構わなかった。リディアにとっては、ルーファスから届いた手紙の方が大事だった。
 たとえそれが、どんなに悲しく辛い文面だったとしても。
 自室で読むと言って部屋に籠もってよかったと思う。泣いている顔を見られたら、手紙の内容を使用人たちに察し取られてしまうだろう。自邸に勤めてくれる使用人たちは、皆、心優しい。仕える主人の令嬢が婚約破棄を申し立てられた、などと知れば、ルーファスを敵視するかもしれない。
(婚約破棄を申し立てられたのは、きっと私が至らないから……)
 ──ルーファス・ファーニヴァル。二つ年上の彼は、このファズライル王国王族傍流筋のファーニヴァル公爵家子息だ。
 光が当たると群青色にも見える少し前髪が長い短く整えられた黒髪と、水晶のような透明度の高い紫色の瞳を持つ青年だ。代々国王の第一側近を担い、王が下す様々な命をこなす優秀な者が生まれる名家だと貴族たちの間では常に畏敬の念を向けられている家の子息というわけでもないだろうが、容姿端麗、文武両道、身体も鍛えていてしなやかな鋼を思わせる体躯を持つ。ファーニヴァル公爵家を継ぐことを幼い頃から意識していたように見えたが、彼が十八歳を迎えた頃にはその自覚もだいぶ強くなったようで、冷静沈着──いや、ことさら感情を表さないような冷たい横顔になっていった。だがそれも、ルーファスの魅力を高めることにしかならなかったのだから皮肉だとリディアは思う。
 王国内の年頃の女性たちは、きっと一度はルーファスに憧れを抱くのだろう。事実、自分という婚約者がいても構うことなく、少しでもルーファスと言葉を交わせる機会があればそれを決して逃さないとする令嬢たちは多かった。彼とともに参加した社交の場で、リディアはそんな場面に幾度となく出くわしている。
 互いの父親が親友同士で交流も多く、幼い頃は兄妹のように仲良く過ごす時間が多かった。リディアは、いつも自分に優しくて、どんなことからも守ろうとしてくれる、頼り甲斐のあるルーファスが大好きだった。自分より二年早く社交界に出て、公爵子息としてその立場を確固たるものとしていっても、ルーファスが自分に向ける親愛の情が変わらないことが自慢だった。

オススメ書籍

恋の方程式はあなたとふたりで~先生と私の個人授業~

著者雛瀬智美
イラスト夢志乃

「……先生、授業では演技してるんですか? プライベートの姿なんて知らなかったけど、イメージが違い過ぎます」――恋を諦めかけていた苺香は気まぐれで親友から誘われた合コンでに参加。そこで出会ったのは、同じ大学だという謎のイケメン。ジュースと間違えてお酒を口にした苺香は言われるがままに彼に介抱されて意識を失う。目が覚めたときの自分のあられもない姿に混乱する苺香。「私達何もなかったですよね?」と問いかける彼女に、思いがけない告白が待っていた。なんと、彼は苺香が密かに想いを寄せていた助教授の雨川深月で……。そこから二人の秘密の関係が始まる。恋愛が苦手な女子大生と、不器用な大学助教授との恋物語。

この作品の詳細はこちら