夢中文庫

琥珀の鳥籠~偽りを蕩かす初めての恋と秘密~

  • 作家鞠坂小鞠
  • イラスト鍋木
  • 販売日2020/3/6
  • 販売価格800円

成り上がりの平民・チェルニー家の庶子リディエ。病気という名目で幽閉されていた彼女は、我侭な異母妹の身代わりとして公爵家に嫁ぐことになる。ところが、身代わりは予見されていて……!? 到着早々、公爵本人に身体を検められるが――「リ、リディエ……?」告げていないはずの名を呼ばれ、彼女は自分が公爵の〝初恋相手〟だと知る。幼少時の病のせいで出会いの記憶を失くしているリディエは戸惑うが、公爵の真摯な愛と思いやりに触れ、次第に彼に惹かれていく。「僕が愛している人は君だけだ」――仲を深めていくふたり。彼とともに過ごすうち、やがてリディエは幼い頃の記憶をぽつぽつと思い出すように。また、この婚姻にはある目的が……?

プロローグ
 月を隠す雲が、水面に広がる波紋のように揺れ動く、どこまでも静かな夜。こういう夜を、あなたは他のどんな夜より好む。
 蝋燭の明かりがひっそりと部屋を照らす中、あなたの指が、私の濡れた髪を緩く梳き始める。
 侍女に毎日手入れしてもらっている髪を、夜が巡るたび、あなたはまた濡らす。自身の手で香油を馴染ませ、指を差し入れることが好きらしい。
 背まで伸びた私の髪は、まるでそれ自体が意志を持っているかのように、喜んであなたの指を受け入れる。するりと指が滑る感触に満足したのか、あなたは吐息で静かに笑った。
 私は私で、触れられるだけで吐息が零れる、そういう身体になってしまった。
 震えるそれがあなたの頬を掠める。ひどい熱がこもっているはずで、そう自覚した途端、羞恥のせいで息苦しくなった。
 あなたの顔へ──否、目元へと指を伸ばす。
 あなたの両眼を覆う白い包帯は、怪我のためにつけているものではない。目的は、瞳を隠すというそれのみ。そうしなければならない理由についても、すでにあなた自身から聞いている。
 両目が塞がれた状態でもおおよそのものは見えると、以前あなたは言った。現に、私が今あなたの目元に指を伸ばしていることにも、難なく理解が及んでいる様子だ。
 なんの変哲もないこの白い布を、あなたは、私とふたりきりの夜にだけ外す。
 そうしてほしいと伝えたのは私だ。どんなあなたでも受け入れたいと伝え、あなたもまた、私の意を正しく汲んでくれた。
 吐息で笑う声がまた聞こえ、髪を梳いていた長い指が離れていく。自身の目元へと指を動かしたあなたは、日中、いかなるときにも外すことのないそれへと指をかけ……そして。
「……あ……」
 先刻、雲の切れ間から覗いた今宵の月と似た色をした両目に、まっすぐ射抜かれる。
 蝋燭の弱々しい明かりを吸いながら、瞳は熱っぽく揺れ、私は最初、それを蝋燭が映り込んでいるからだと思って、けれどどうやら違ったらしい。
 琥珀を濡らしたような瞳に見入っているうち、あなたの唇が私のそれに降りてきた。触れるばかりの口づけを幾度か繰り返した後、唇を割られ、舌を差し入れられ、私もまたそれに応じる。この感触にも、もう随分慣れた。
 唾液と唾液が交ざり合い、溶け合う。沈黙に包まれた部屋の中に、その音だけが満ちていき……しかし。
「……リディエ」
 恍惚と口づけを受け入れていた唇から、一瞬で熱が失われた気にさせられた。
 不意に外れた唇から紡がれたのは、私を呼ぶ声。刺すような痛みが胸を走り抜けていく。
 目を閉じて口づけを受け入れる今の状態で、私のこの動揺までは伝わっていないものと思う。同時に、人の心の機微に敏いあなたに、いつまで隠しきれるだろうとも思う。
「リディエ」
 もう一度、先刻よりも熱のこもった声で呼ばれ、私はますます逃げ場を失っていく。目を開けば最後、月とよく似た色をした瞳は、私の欺瞞(ぎまん)も嘘も瞬時に暴いてしまうに違いない。

オススメ書籍

スパルタ室長の溺甘介抱~豹変スパダリにお世話されて~

著者伊月ジュイ
イラスト上原た壱

主人公・鈴香は、上司であるイケメン敏腕室長・高臣のスパルタ指導に怯える日々を過ごしていた。ある日、ストレスと貧血から倒れてしまった鈴香を高臣は自宅へ連れ帰り、介抱することに。すると神経質な鬼室長がスパダリに豹変、仕事中には見せたこともない優しい笑顔で鈴香をたっぷりかわいがり溺甘介抱するようになる。リッチな超高級マンションで、美味しい手料理を振る舞われ、徹底的な甘やかし――鈴香は困惑しながらも、高臣に懐柔されていく。鈴香の不調の原因が、自分だと知った高臣は、溺愛をエスカレート。心配のあまり「そばにいてくれ」と自宅に閉じ込め、同棲生活がスタートしてしまい……。

この作品の詳細はこちら