夢中文庫

堅物上司と二度目の恋愛はじめました

  • 作家真崎奈南
  • イラスト小島ちな
  • 販売日2020/1/28
  • 販売価格400円

一年前、楓香は執拗な付き纏いに悩まされていた。そんなとき、恋人の振りをして救ってくれたのは上司の十河課長。「堅物」と評判の生真面目な彼と期限付きの恋人を演じる間、二人の距離は縮まったように思えた。けれど問題が解決すると、楓香は十河課長への淡い恋心を残したまま偽りの恋人関係は解消になったのだった。しかし今度は十河課長が同じケースで困っているという。「もう一度恋人の振りをしてくれないだろうか」──本当の恋人になりたい、ずっとこのまま一緒にいたい……楓香は言い出せない想いを抱えながら、恩返しのつもりで恋人役を引き受ける。二度目の恋人となったふたりの距離は前よりもずっと近づき、親密に感じられて……


 都心の人混みから少し外れた場所にある、緑いっぱいの公園。その傍に建っているビルの四、五階部分に入っているIT系企業「ファニーエンター」で、私、澄川(すみかわ)楓香(ふうか)は働いている。
 出社途中で落ち合ったのは、ショートカットが似合う小柄で同期の海山(うみやま)さん。彼女と共に五階でエレベーターを降りて、笑い声を交え会話を弾ませながら自分たちが所属する制作部のデスクの並びへと進む。彼女とは二十七歳と年齢が一緒で、同期でもあるから格段に仲が良い。
 その途中で、窓を背にして座っている彼へ私は目を向ける。
 彼は十河(とかわ)博之(ひろゆき)。私の上司だ。
 静かに雑誌を読んでいるいつもと変わらぬ落ち着き払った姿に心なしか表情を緩めて足を止めてから、少し緊張気味に声をかけた。
「十河課長。おはようございます」
 すぐに視線が上昇する。目が合うも、彼は微笑みを浮かべることなく、硬い声で挨拶を返してくる。
「おはよう」
 聞き慣れた声音もいつも通りのこと。自分を見つめる仏頂面に臆することもなく、軽く頭を下げてから私は再び歩き出す。
 続けて海山さんも十河課長へ挨拶の言葉を発した。即座に十河課長は挨拶を返したが、態度は私の時と同じように愛想の欠片すら感じられない。
 デスクにバッグを置いて椅子へ腰掛けると同時に海山さんが隣の席に着いて、「相変わらずそっけないなぁ」とぼやいた。
 こっそり笑っていると、オフィス内が一段と賑やかになった。いくつかの明るい声の中から三年後輩の笹田(ささだ)さんの声を聞き取り、なんとなく目を向ける。
 すぐに彼女の姿は見つかった。ゆるく波打つ茶色の髪の毛をふわふわと揺らして十河課長に向かって真っ直ぐ進んでいく後ろ姿に、わずかに焦りが膨らむ。
「十河課長! おはようございます!」
 笹田さんは十河課長の傍で立ち止まり、可愛らしい声で挨拶をした。思わずはらはらしてしまったが、彼のいつもの態度は崩れなかった。ちらりと彼女の姿を確認したのち、真逆の硬い声で「おはよう」とだけ返す。
 ほっとするのも束の間、笹田さんは手にしていた紙の手提げ袋をひとつ、笑顔で差し出す。
「昨日、話していたサンドイッチです。気になっていましたよね? だから、十河課長の分まで買ってきちゃいました。受け取ってください!」
 その手にあるもう一つの紙袋は彼女自身の分だとアピールし、「今日のお昼はお揃いにしましょう」と嬉しそうに笑う。
 十河課長は雑誌を広げた状態のまま、紙袋をじっと見つめる。数秒後、「あぁ」と思い出したように呟き、ぱたりと雑誌を閉じた。
 紙袋を受け取るとすぐに財布を取り出し、笹田さんへと視線をあげる。
「ありがとう。……で、いくらだった?」
「やっ、やだ! 私からのささやかなプレゼントですから、気にせず受け取ってください」
「立場上、そういうわけにはいかない。ついでに言うと、なにか借りを作るかのようで、俺自身も嫌だ」
 受け取ってくれた瞬間の上機嫌さから慌て顔へ、それからまるでなにかを企んでいるかのような微笑へと、笹田さんが表情を変化させた。

オススメ書籍

美しき氷の王のとらわれ姫は運命の鍵

著者泉怜奈
イラスト期田

正しき運命の姫を娶らねば国に幸運はもたらされない──北の国ノルデアを護る魔女は幼い王子だったヴェリに呪いをかけた。国王となったヴェリはエステルを妃に迎えたが、彼女は原因不明の眠り病にかかってしまう。ある日、王妃によく似た娘がいると聞きオークションに向かうヴェリ。そこで王妃に生き写しのヤスミンと出会い、替え玉にしようと考える。一方、ヤスミンは眠り続ける王妃へのヴェリの深い愛情に強く心を打たれ、その目論見に協力することを決意し身を委ねる。しかし、ヤスミンのヴェリに対する気持ちは大きく変化していき……。究極の選択を迫られるヴェリ、エステルとヤスミンそれぞれの運命は──。真実の愛を見つけられるのか。

この作品の詳細はこちら