夢中文庫

冷静沈着な部長の求愛は甘やかで、かつ強引に

  • 作家真崎奈南
  • イラスト小島ちな
  • 販売日2020/09/29
  • 販売価格500円

IT企業で働く梨緒はクールな二ツ橋部長に恋している。けれど彼は社長の娘と付き合っていると噂だ。切ない片想いが飲み会で爆発、泥酔してしまう梨緒。翌朝、残る記憶をたどれば、自宅まで送ってくれた二ツ橋部長に告白、しかも強引に彼の唇を奪っていた。けれど部長からも濃厚なキスを返されたような……!? 混乱と気まずさで梨緒はそれを覚えていないことにしようとする。しかしある日、祖母との食事に喜んで向かうと、なぜか二ツ橋部長も現れた。先日の告白とキスの件を必死にごまかす梨緒だったが……「今夜のことは忘れたなんて言わせない。絶対に忘れさせてやらないからな」──憧れ上司からの求愛はちょっと強引で、とても甘くて……

一、やらかしてしまった夜
「絶対成功させるぞー!」
 金曜の夜。居酒屋二階のお座敷席の一角で高らかに発せられた声に続いて、グラスを合わせる音が響き合う。
 テーブルを囲んでいるのは同じIT企業で働く六人。男性三人はシステムエンジニア、その向かいに座る女性三人はWEBやアプリ開発の手伝いをしつつデータ入力などもこなす事務である。
 賑やかさの中、山宮(やまみや)梨緒(りお)はみんなと同じように笑顔でお酒を口に運んだあと、テーブルの対角線上に座っている侑磨(ゆうま)へと目をむけ、うっとりとため息をついた。
「二ツ橋(ふたつばし)部長、格好良い」
 思わず梨緒の口からこぼれ落ちた心の声に、女子の真ん中に座っている秋谷(あきたに)小春(こはる)が「声に出てるよ」と苦笑で指摘する。
 梨緒は慌てて緩んでいた表情を引き締め、心の声が小春以外の誰にも聞かれていないのを確認し安堵した。
 梨緒と小春は同期の二十八歳、そして小春の向こうに座るもうひとりの女性、冬澤(ふゆさわ)は梨緒の二つ年上の先輩社員である。
 一方の男性三人は、小春の前に座っているのが小春とお付き合いしている男性で、平井(ひらい)。今日の集まりは、平井の先日のプレゼンがうまくいったことへの労いと応援、そして単純に部長の奢りで飲みたいという欲求の元に開かれたのだ。
 梨緒の前に座る男性、岡田(おかだ)も同じプロジェクトメンバーで、平井と共に三十二才。
 それから梨緒がさきほどからどうしてもチラチラ見てしまうのが、二ツ橋侑磨。艶やかな黒髪、前髪はわずかに目にかかるほど。身長は百八十センチ、色白の細面で目鼻立ちのはっきりとした男前だ。
 三十五才で部長職に就き仕事もできて常に冷静沈着と、大人の男の魅力に溢れている。
「もう、二ツ橋部長! 本当のこと教えてくださいよ。彼女いるんですか?」
「別にどっちでも良いだろう。くだらないことを気にするな」
「気になりますよ!」
 冬澤と侑磨のやり取りに対し、梨緒は耳を澄ます。侑磨の彼女の有無は、梨緒にとっても知りたくてたまらない事だ。
 なにせ本人が今のようにプライベートをあまり喋りたがらないため彼女がいるのかどうかもハッキリせず、梨緒を初め社内でも、二ツ橋に憧れている女子たちはヤキモキさせられている。
 冬澤が梨緒をちらり見てから、ずずずっと侑磨の隣まで移動し、口元に手をあててなにか囁きかけている。
 侑磨が驚きで目を見開いたあと、呆れたように肩を竦めてみせた。その反応に、また冬澤が「もー!」と口を尖らせて納得いかない顔をする。
 親密な態度に、梨緒は膝の上で拳をぎゅっと握りしめた。
 彼女が侑磨としか話をしていないのは気があるのではなく、ただ単に目の前に座っていたから。そう強引に理由づけをするも、冬澤の侑磨を見つめる目が自分同様うっとりしているため落ち着かない。

オススメ書籍

白衣の彼とお医者さんごっこ <妄想デートクラブ>シリーズ

著者内藤みか
イラスト雨野森

「これじゃいけませんね、揉み解していかないと」ナオヤは両手でレイの乳房を弄り始める。 柔らかく、徐々に、リズミカルに――白衣を着て医者の役を演じながら次第に勃っていくナオヤは役者のたまご――ここは、淫らな想いを叶えてくれる女性専用のデートクラブ。レイは入院中の本物の医者との触れ合いが忘れられずに…。淑女妄想シリーズ第一弾!

この作品の詳細はこちら