夢中文庫

偽装の恋人~年下ドクターに甘く癒されて~

  • 作家未華空央
  • イラスト梓月ちとせ
  • 販売日2020/06/19
  • 販売価格400円

婚約者に振られた夜、バーでひとり眠ってしまった紬。翌朝、目を覚ますとそこはホテルの一室だった。誰かと一夜を共にしてしまったことに気付いた紬は慌てて部屋を出ようとするが、そこに現れたのは10年以上会うことのなかった年下の幼なじみ、玲。昨夜の出来事を玲に目撃されていたと知り、逃げるようにその場を去った紬だったが、二人は職場の病院で再会。そして──紬は振られて傷ついた心を癒すため、玲は舞い込む見合い話を断るために、二人は恋人のフリをすることになり……「俺が、別れた男のこと、忘れさせてあげるよ」──玲からの甘い言葉に、突然のキス。偽物の恋人としての行動だと知っていても、紬の胸は高鳴ってしまい……?

一、婚約破棄と衝撃の朝
「え……?」
 耳を疑うというのは、今の自分のような状態を言うのだろうか。
 他人事のようにそんなことを考えながら、私──五十嵐(いがらし)紬(つむぎ)は彼の横顔を凝視した。
 彼──幸太郎(こうたろう)は、こちらに顔を向けることもなく、カウンターの向こうに美しくディスプレイされたリキュール瓶をじっと見つめている。
「え、幸太郎……どういうこと? なんかの冗談だよね?」
 落ち着こう。そう自分に言い聞かせると、自然と変な笑いが込み上げてきてしまう。
「もう、急に変なこと言わないでよ。そういう冗談は──」
「冗談なんかじゃない」
 笑って流してしまおうとした私の声は、冷えた声に遮られる。
 さぁっと背筋が寒くなるのを感じた。
「婚約は……なかったことにしてほしい」
 周囲の音が全て消え、幸太郎のその言葉だけが頭の中を占領する。
 訴えるような眼差しでじっとその横顔を見つめているのに、幸太郎は私のほうを見ようともしない。
「なかったことに、って……」
 衝撃的すぎて、何をどう言葉として発すればいいのかすらわからなくなる。
 何か言わなくてはいけない。ちゃんと聞かなくてはならない。
 そんな焦燥感に襲われるばかりで、頭の中で何一つ整理がつかない。
「だって、ご両親に挨拶に行く約束もしてるし。うちの親にだって近いうちに会うって──」
「とにかく、無理なんだ。今までのことは白紙に、戻してくれ」
 白紙に、戻す……?
 呆然としているうち、幸太郎はスツールを立ち上がる。
 掛けていたスーツのジャケットを手に取ると、あまりにも簡単に「元気で」とその場から立ち去っていった。
 彼の飲んでいたグラスの一点を見つめたまま、瞬きすら忘れてピクリとも動けなくなってしまう。
 これって私……振られたの……?
 別れようから始まり、婚約はなかったことにしてほしいとはっきり言われた。
 そして、全て白紙に、とも……。とどめに『元気で』と彼は立ち去っていった。
「うそ……」
 ひとりきりになってぽつりと出てきた呟きと同時、いつの間にか溜まっていた涙がぽろりと一粒流れ落ちる。
 カウンターテーブルに置いた手の甲を次々と濡らしていき、否定するように目元を拭った。
【大事な話がある。今晩、時間取れる?】
 仕事後に見たスマートフォンに入っていた、約束を取り付けるメッセージ。
 なんの疑いもなく、今後のふたりのことを話すための呼び出しだと思っていた。
 もちろん、こんな話じゃない。
 ふたりの幸せな未来の話だとばかり……。
 幸太郎とは、付き合ってもうすぐ二年。
 私が三十歳になる誕生日に交際がスタートした。
 きっかけは、前の職場の友人に誘われて参加した飲み会の席。
 出会いを目的とした合コンは昔から苦手なため断っていたけれど、ただの飲み会だからと言われて参加を求められた。

オススメ書籍

恋の方程式はあなたとふたりで~先生と私の個人授業~

著者雛瀬智美
イラスト夢志乃

「……先生、授業では演技してるんですか? プライベートの姿なんて知らなかったけど、イメージが違い過ぎます」――恋を諦めかけていた苺香は気まぐれで親友から誘われた合コンでに参加。そこで出会ったのは、同じ大学だという謎のイケメン。ジュースと間違えてお酒を口にした苺香は言われるがままに彼に介抱されて意識を失う。目が覚めたときの自分のあられもない姿に混乱する苺香。「私達何もなかったですよね?」と問いかける彼女に、思いがけない告白が待っていた。なんと、彼は苺香が密かに想いを寄せていた助教授の雨川深月で……。そこから二人の秘密の関係が始まる。恋愛が苦手な女子大生と、不器用な大学助教授との恋物語。

この作品の詳細はこちら