夢中文庫

1101号室の宿敵~俺様デザイナーは、強気な隣人を独り占めして愛したい~

  • 作家南ひかり
  • イラスト小島ちな
  • 販売日2020/3/20
  • 販売価格900円

大手アパレルメーカーの営業・鮎川雪は、引っ越し早々お隣『1101号室』から毎夜漏れ聞こえる甘ーい声に大迷惑!そんなある朝、隣の部屋から出てきたのは驚くほど顔立ちの整った男性だった。けれど第一印象は最悪!絶対に関わりたくない!と思っていた雪だったが……お気に入りのBARでバッタリ再会!?おまけに彼は〝因縁の相手〟だったようで?――「あんたには絶対負けないから!」「上等だ。かかってこいよ」俺様デザイナーと純な強気OLの隣人関係から始まる宿敵ラブ!ライバルなハズなのに仕事と恋に揺れる雪。なぜなら、俺様隣人の溺愛執着が強すぎる!話題のweb小説を電子書籍化。《書き下ろし番外編 ふたりのこれから》収録!

第一章
 平和は長く続かなかった。
 そんな冒頭から始まるSF映画をご存じだろうか。第一章でめでたくハッピーエンドを迎えたかと思えば、続編では第一章を越える波乱が主人公に待ち受けているのだ。
 そして私の平和もまた、長くは続かなかった。
 快適な新居生活はわずか数時間で終わりを告げてしまい、第二章の幕は切って落とされた。隣の部屋から響き渡る声によって。
 ──ぁ、あっ、あんっ!
 隣人戦争勃発。ようやく騒音マンションから逃げられたかと思えば、私の騒音問題は一切解決などしていなかった。
 東京都港区、賃貸、最上階、一一〇二号室。
 ワンフロアに二部屋しかないため全室角部屋の優良物件。家賃は決して安いとはいえないが、七万円まで会社が負担してくれるのだ。
 賃貸マンションの壁が薄いことなど百も承知だ。今朝まで住んでいたマンションで嫌というほど身に沁みている。住人の入れ替わりが激しい賃貸では、防音性よりも内装やセキュリティが優先される傾向にある。特に単身者用の1Kなんて、いくらコンクリート構造だといっても壁一枚ということには変わりない。だがエリア、階数、家賃相場から考えてさすがに変な住人はいないだろうと踏んでいた。
 騒音問題に悩まされて引っ越してきたというのに、またこれでは意味がない。同棲しているのか、相手が泊まりに来ているのかは定かではないが、どうか今夜だけであってほしいと願って布団を頭まで被った。
 だが、次の日の夜。
 儚い願いは塵となり、今夜もまた女性の甘い声が壁越しに響き渡る。しかも明らかに昨日とは別の女性の声だった。
 ──もしかして浮気してる?
 とんでもない男の隣に引っ越してきてしまった。昔から運がないと言われてきたが、まさかここまで引きが悪いとは思いもしなかった。
 再び引っ越しの文字が頭に浮かぶが、引っ越し費用も馬鹿にならない。しかもこの立地、部屋、環境は最高の条件だ。易々と手放したくない。
 どうしたものかと天井を見上げている間に、静かになったのは深夜二時。控えめに隣の部屋の扉が開いて、ハイヒールで廊下を踏み鳴らす足音が通り過ぎていく。女性が出て行ったのだろう。
 幸先のよくないスタートにため息をついて、瞼をおろした。
 寝たのか寝ていないのか分からないまま、いつもと同じ時間に目が覚めた。
 引っ越しに伴い朝の時間には余裕があったが、なにせ十分な睡眠時間を取れなかったおかげで身体が重い。
 切れ長の大きな瞳が鏡に映る。背中にかかった茶髪の毛先を外向きに巻いて、最後に赤色のルージュを唇に引いた。頭が覚醒しないまま身支度を整え、新調したばかりのパンプスに足を伸ばした。
 部屋を出て鍵を閉めると、自然と隣人の部屋に視線が向く。
 一一〇一号室。一体どんな男なのだろうか。おそらく隣に響いている自覚はないはずだが、これ以上エスカレートするようなら何か策を練らなければならない。今夜だって安眠できる保障はないのだ。

オススメ書籍

午前2時の眠り姫 ~秘密の残業は社長とベッドで~

著者三津留ゆう
イラスト炎かりよ

私、宮村友香は、寝具メーカーに勤めるOL。おひるね大好き、おふとん命、いつでもどこでも目を閉じれば安眠できるという特技を持っているけれど、元彼に「寝顔がだらしない」と振られたことが原因で、唯一、男の人とふたりっきりの状況では眠れない。そんな私に、ある日、突然の異動が申し渡される。異動先は、業界最大手の寝具メーカーである我が社の社長付き特別秘書課──私が課せられた職務は、自社製品の使い心地を自分の体で試すこと。普通の寝具だけでなく、リラックスと安眠効果を高めるために開発したというラブグッズの使い心地までも社長自らの手で試されて……!? 俺様社長に甘く攻められる、溺愛オフィスラブ。

この作品の詳細はこちら