夢中文庫

溺愛副社長の蕩けるキスとプロポーズ

  • 作家水杜
  • イラストまりきち
  • 販売日2020/1/29
  • 販売価格400円

幼い時の誘拐事件が深いトラウマとして刻まれ、若い男性に対する極度の恐怖症をかかえている小絵。現在、父の友人が経営する会社で社長秘書を務めていたが、その社長が倒れ入院することに。急遽息子の光成が副社長に就任して社長代行を務めることになり、小絵は光成の秘書に任命される。若い男性は困る、とはいえ社長命令だというから仕方がない。距離を取る小絵に対し、なにも知らない光成は距離を詰めてくるので大困り。やがて事情を知った光成は距離を取って丁寧に接してくれるようになる。誠意ある彼の態度に小絵の恐怖心はゆっくりと溶かされてゆく。そして自分にとって光成が特別な存在であることに気づくのだが――

第一章 苦手なのに、ありえない
 ここは、通信機器メーカー『バイオレット株式会社』の総務部。私は壁際の一番端の席で、息をひそめていた。存在を隠すように。
 しかし、隠そうとしても隠しきれるものではなくて、呼ばれてしまう。
「天野(あまの)さん、ちょっと来てくれるかな?」
「はい」
 身長一六三センチの私はけして小柄とは言えなく、平均身長より少し高めである。だから見つかってしまった?
 呼んだのは五十代前半の総務部長の古川(ふるかわ)さん。信頼できる上司だから、呼ばれたら付いていくしかない。しかし、どこに行こうとしているのだろう?
 首を傾げながら、部長のあとを追って、エレベーターに乗る。部長は最上階である十五階を押していて、総務部のあった十階から上昇していく。十五階にあるのは、社長室と応接室と、先日できたばかりの副社長室。
 現在、社長室に主はいない。紫藤(しどう)吉成(よしなり)社長は、先週倒れて入院中だ。
 倒れた原因は過労だが、もともと胃腸が弱いからと検査と療養をかねて、しばらく入院することになった。
 部長は誰もいない社長室を通り越して、副社長室をノックする。中から「どうぞ」の声が聞こえて、電子ロックされているドアのパスワードを入力する。
「失礼します。ほら、天野さんも入って」
「あ、はい。失礼します」
 デスクでパソコンを見ていた副社長である紫藤光成(みつなり)さんが顔をこちらに向けた。
「こちらの人が親父の秘書の方?」
「はい。天野小絵(さえ)と申します」
 腹部あたりで両手を軽く重ねてお辞儀をすると、紫藤副社長が近付いてきた。近付いてきたことで、私よりも二十センチは高いと思われる高身長なのがわかったけれど、私は半歩下がった。
 彼は紫藤社長の長男で、先日までグループ会社に勤めていたが、父親の緊急入院で急遽副社長に就任した。社長不在の間、社長代行をすることになった。
「天野さんって、もしかして天野教授の?」
「そうです。副社長もご存知の天野教授の娘さんですよ」
 私の父はとある大学で教鞭を執っている。父と紫藤社長は親友関係にあるから、副社長も父のことは知っているようだ。
 私も副社長の存在は父や社長から聞いていて、知っていた。それに副社長となってからは遠くから姿だけは見たことがあった。でも、対面したのは今日が初めてだ。
 彼と話をすることはないと思っていたのに。
「へー、うちにはコネで入ったの? で、なんで離れる?」
「こ、コネではないです。ちゃんと入社試験を受けて、合格して採用していただきました。すみません、近付かないでください」
 私との距離を縮めてくる副社長に思わず後ずさると、彼は「は?」と訝しげな声を出す。そんな副社長と私との間に部長がそっと入る。部長の背中で副社長の顔が見えなくなり、ホッとした。

オススメ書籍

お仕えするのは天敵副社長~完全降伏などお断り!~

著者藤崎りく
イラスト夢志乃

「お前は今日から俺の秘書だ。存分に骨身を削って尽くしてもらうぞ」──失恋、失業と続けざまに不幸が押し寄せ、人生のどん底を味わっていた百瀬郁。友人の紹介で好条件の再就職先も決まったのだが、そこには学生時代からの天敵・片桐冬真が待ち構えていた。副社長となった彼の秘書が郁の仕事。終わった……私の人生終わった……そんな絶望すら感じた郁だったが、彼に秘書として接するうちに少しずつ印象が変わっていく。天敵だけど冬真を嫌いになり切れない。ある日、学生時代の仲間を集めて再就職祝いが催され、つい飲み過ぎてしまった郁。彼女を家に送り届けてくれた冬真から思いもよらない宣言をされ、天敵関係が甘く変化していく──

この作品の詳細はこちら