夢中文庫

トロ甘優しいイトコへの純情ラブモーション

  • 作家水戸けい
  • イラストゴゴちゃん
  • 販売日2018/10/10
  • 販売価格300円

十八歳の時、珠美は大好きな従兄の健吾にキスで迫るも、冗談にされてしまった。以来、健吾への想いは秘めたまま……。あるとき、職場で意に添わぬ異動を打診された珠美は「もう健吾さんと結婚して寿退社したい……」なんて思いがよぎる。が、健吾との関係は相変わらず。チャットで話しかければマメに返事をくれるし、呼び出したら時間を取って愚痴を聞いてくれる。優しくしてくれるのはきっと妹みたいに思われているから。ところが「エリアマネージャーと付き合ったら寿退社できるかなぁ」という珠美の何気ない一言に健吾が豹変。いきなり唇を封じられ、「俺にしておけよ」って――え!? それ、どういうこと?

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

第一章 崖っぷち、一歩手前?
 そろそろ結婚、なんてことを連想させられると、かならず浮かぶ人がいる。めちゃくちゃカッコイイわけじゃないけれど、私にとっては最高にカッコイイ人。
 だけど、あの人と私は恋人じゃない。ふたりきりで会っていたとしても、艶めいた雰囲気にはならない。
 だって彼は、物心ついたころから親しんでいる、お兄ちゃん──近所に住んでいる、従兄だから。
「だからね、菊池(きくち)さん。そろそろ、今後のことも考えておいてほしいんだ」
 エリアマネージャーの高見(たかみ)さんに、ショッピングモールの休憩室に呼び出された私は、親身な態度を演じている相手を冷めた目でながめていた。もちろん、真剣に聞いているフリをして。
「うちのブランドのコンセプトは、知っているよね」
「もちろんです」
「だったら、わかるだろう」
 わかりすぎるくらいにわかっているから、私はここのところ気が滅入っているのだ。
 私、菊池珠美(たまみ)が勤めているファッションブランド『Feel』は、ナチュラル系のキレイ目カジュアルを推している。ひと昔前ならいざ知らず、いまの時代はそこそこ高齢の御婦人であっても、若者とおなじ服装をする人は少なくないから、五十代、あるいは六十代前半のお客様も買いに来られる。
 だけど、ブランドのメインターゲットは二十代。それに合わせて、ショップ店員のほとんどは二十代。三十を過ぎると事務員あるいは出荷などの在庫管理担当として、現場から離れる。それか、郊外のアウトレットでの勤務になることが、暗黙のルールとなっていた。
 私の年齢は二十八。あと数か月で二十九歳になる。
「菊池さんなら、現場の声を汲み取って、本社の人間に伝えることも可能だろうし」
 それはエリアマネージャーの仕事で、事務員の仕事ではないと思うのですけれど。
「人当たりもいいし仕事も速いから、アウトレットモールを任せても安心できる」
 勤務歴が長いから、あれこれわかっているだけで、別に仕事が速いわけではないですよ。人当たりがいいっていうのも、接客業の基本ですし。仕事だから、そうしているだけなんです。
「いまなら、どちらでも好きな方を選んでもらえるから。会社に言われて異動をするより、自分で決めた方がいいんじゃないかな」
 それはそうですけど。だけど私、まだもうちょっと、いけると思うんですよね。最近は、三十代のお客様も増えてきましたし、二十代の店員しか置かないっていうのは、いくらブランドのメイン層がそうであっても、古いんじゃないですかねぇ。キラキラふわふわファッションってわけでも、ないですし。
「俺としては、事務方に回ってくれると、うれしいんだけどな」
 ふっと気を抜いてみせた高見さんの親しみを込めた笑顔が、粘っこく感じられてうぶ毛が逆立った。
「そういうことで、考えておいてよ」
 高見さんが席を立ったタイミングで、私も立ち上がって頭を下げる。
「わかりました。考えておきます」
 心の中ではあれこれと反論をしたけれど、実際に口に出す勇気はない。言ったら多分、見苦しいとかなんだとか陰で言われることになるからだ。
 少し背中がよれているスーツのジャケットをにらみつける。ファッションブランドのエリアマネージャーなんだから、もうちょっとパリッとスーツを着こなして来なさいよ。
 負け惜しみの文句な気がして、気分がズシリと重たくなった。みぞおちのあたりに、拳くらいの石がゴロゴロ溜まっているみたい。
「はー、気分悪い」
 気の抜けた声で言って、糸の切れた操り人形みたいに、ストンとイスに座った。時計を確認すれば、一時半を少し過ぎたところ。休憩時間は二時までだから、あと三十分もない。

オススメ書籍

恋のスパイスを効かせて

著者藍川せりか
イラストまろ

フレンチレストラン・アンヴューでシェフとして働く藤本未央は、ある日突然何を食べても味を感じなくなってしまった。心あたりはただ一つ。半年前にフラれた元カレがアンヴューで挙式を挙げるなんて言いだしたから……。そんなとき、先輩である菱川広臣さんが味覚障害を治すために特訓をしてくれることに。二人きりの夜のキッチンで、「舌を見せてみろ」と言われて素直に見せると、そのままキスをされてしまって……!いつもは料理にしか興味がなさそうな彼なのに、すごく情熱的な眼差しで見つめられて、慰めてやる、なんて言われてしまってどうしよう!恋のスパイス、効きすぎていませんか!?私、ドキドキが止まりませんーっ!!

この作品の詳細はこちら