夢中文庫

奪われた花嫁―双子の幼馴染みに無理矢理―

  • 作家深志美由紀
  • イラスト
  • 販売日2012/5/29
  • 販売価格200円

マナは大学で知り合った先輩の由人と結婚秒読み。幼馴染の双子、ユウヤとトモヤも祝ってくれるハズだった。だが眠らされた婚約者の前で、結婚式当日の人気のない式場で、双子の容赦のない甘美な情欲が彼女に叩き込まれる!

お、お義父さま……今、なんて……。私が……お見合い、ですって?」

「先ほど決まった。悪いが、すぐに支度をしてもらえるかな。1時間後には先方の別荘から車が迎えに来る」

「えぇっ。い、1時間……! そ、そんなの無理です。引っ越しの荷物もまだ……」

 日曜日の早朝、突然、部屋に入ってきたお義父さまの知らせで、私はベッドから飛び起きる羽目になった。

「服はあるか?」

「あ、はっ……はい。い、いや……」

 低くて落ち着いた渋い声に、男性に免疫のない私は必要以上にドギマギしてしまう。

 不思議な瞳の色に見えるのは、室内が薄暗いからだろうか。グレー味を帯びた、吸い込まれそうな深い色の瞳に見つめられると、何も考えられなくなりそうだ。

(よりによって引っ越し早々、お義父さまに起こされるなんて……ちゃんと目覚まし時計をかけておけばよかったのに大失敗だわ)

 寝ぼけている暇などない。それにしても、きちんとした外出着など、どこに入れただろうか。そもそも、お見合いに着ていく服など、自分が持っていたのだろうかと不安になる。

「今、探してみますっ……」

 ぐしゃぐしゃの髪もそのままに、慌ててキャミソールとショートパンツ型の寝巻のままスリッパを突っかけて、カーテンを開けて部屋に朝陽を入れる。分厚いベルベット地の遮光カーテンで覆われ暗い影に覆われていた室内の様子が、光を受けてくっきりと視界に浮かび上がってきた。

「は……これは……」

 ベッドの脇に積み上げたままのダンボールに目を止めたお義父さまの顔がみるみる曇っていった。

「部屋は乱雑に使うものではない」

「も……申し訳ありませんっ。散らかしっぱなしで……あのっ……引っ越し後の片づけが済んでなくて……」

「こんなものは、メイドを呼んで片付けさせればいい……桃花ももかはもう藤崎ふじさき家の養女なのだから、家の使用人の使い方も覚えてもらわなければ困る」

「も、申し訳ありません……お義父さま……」

(お義父さまとお呼びして、いいんだろうか……でも、それしか呼び方が思いつかない)

オススメ書籍

カレから逃げられない~再会した幼馴染はデザイナー兼社長!?~

著者あゆざき悠
イラスト成瀬アキ

幼馴染の宏の会社とは知らず就職した小夜子。「社長秘書で将来俺のヨメさん」と紹介され、反発する。初恋の相手だった幼馴染の小夜子との再会を喜ぶ宏だが、小夜子は宏と距離を置きたかった。小夜子も幼いころは、宏のことが好きだったが、大学で再会したとき、彼に関わるとロクなことがないと思い知ったから。会社でも宏を避けていた小夜子だが、宏の一途な想いが殻に閉じ込めた小夜子の本音を少しずつ引き出し始める。二人の心の距離が縮まったと思えば、宏のことを好きだという女性たちが次々と現れて小夜子の心をかき乱す。モテ男宏は、小夜子にだけ一途だけど、本当に信じていいの? 小夜子の気持ちは自分でさえわからなくて……。

この作品の詳細はこちら