夢中文庫

囚われの調教研修―壊れるほどイかされて―

  • 作家深志美由紀
  • イラスト
  • 販売日2012/6/25
  • 販売価格200円

濡れるとスケスケになるトクベツの水着を着せられて、下着メーカーで働くデザイナーの私は、南の島で「女の魅力」を教え込まれていた。浅いプールに立つ私に性具を握る無数の男たちの手が。そして水着は中からも濡れ始めた!

「いやっ、何するの!」

伸ばされてくる何本もの腕から、私は逃げた。教室のように広い会議室。その中にいた二十人ほどの男たちが、私を捕えようといっせいに襲い掛かってくる。

並べられたデスクにぶつかり、阻まれながらの逃走劇はあっけないほど簡単に終わりを迎えた。

「きゃっ」

ひとりの男に右腕を取られる。

そこからはいくら暴れてもムダだった。左腕を捕まれ、背後から抱きすくめられ、足をすくわれ――私の身体は、広いデスクの上に乗せられて男たちの腕で磔にされてしまった。

「やっ、やめてぇっ」

四肢を戒めるだけではまだ終わらず、彼らの手は私のスーツへ伸びてくる。上着を開かれ、次々にブラウスのボタンを外されて――お気に入りのブラジャーに包まれた丸い乳房が露わになった。

身体じゅうを這い回るてのひらに、私はなすすべもない。

「ううっ」

私を見下ろすたくさんの顔。見知った顔もいくつかあった。そのどれもが、ニヤニヤと好奇心に歪んでいる。

「ど……、どうしてこんな……」

私は縋るように壇上を見上げた。

ホワイトボードの前に、憧れの女社長が立っている。

「これが『Alice-Tica』の社員研修よ」

赤い唇で微笑んで、社長が宣言する――。

オススメ書籍

ヤンデレ幼馴染から逃げる5つの方法

著者佐久良慶
イラスト繭果あこ

大学生の京子の幼馴染は、スタイル良し、ビジュアル良しの若手俳優・篠崎研哉。小中高さらに大学まで、毎朝一緒に登校し、同じ授業を受ける日々…。ただの幼馴染なのに、まるで恋人同士のような距離感に疑問を持った京子は、そろそろ「幼馴染離れ」をしようと決意する。偶然にも同じ趣味を持つ男子に話しかけられ、新しい友達を作ろうとする京子だったが、そこへ現れた研哉に自宅へ連れ去られ──!?
「俺のことだけを見て、俺だけを頼っていた京子に戻るまで……ここにいてもらう」
彼の目の奥で揺らめく嫉妬の炎…閉じ込められ、強引に刻み込まれる愛のしるし。盲目的で激しい束縛から逃れるために京子が考えた方法とは──?

この作品の詳細はこちら