夢中文庫

恥辱の通学電車痴漢―憧れの先生に弄られて―

  • 作家深志美由紀
  • イラスト
  • 販売日2012/7/2
  • 販売価格200円

あ、い、いやっ……十八歳になったばかりの夏、アリコは大胆に乳首まで捏ねあげる痴漢に初めて遭遇する。恋人が出来たばかりなのに、クリをパンティの上から擦り上げられ処女のままイかされてしまった。水無月先生!? 後ろを向くと…。

あっ……い、いやっ)

漏れそうな声を必死に抑えた。

乳房を覆う大きな手のひら。男の人の無骨な指に敏感な蕾を抓み上げられ、くりくりと弄ばれて――。

「はっ……! あ……!」

ガタン、と電車が揺れた。

車内をぎっしりと埋め尽くす人々の息遣いが妙に耳に響く。私は肩から提げたスクールバッグの紐をぎゅっと握り締めた。

満員電車の中。こんな場所で、知らない人に、無理やりエッチなことをされている――。

もの凄く嫌なのに、怖いのに、ゾクゾクした快感が湧き上がってくる。

(も、もうやめて……)

そんな必死の懇願が卑劣な痴漢に届くわけもない。私は唇を噛み、俯いて、ただ耐えるしかなかった――。

オススメ書籍

この愛は偽装・・・・・・? それとも、真実ですか?

著者泉怜奈
イラスト夢志乃

「いたってノーマルだ。コスプレをしろとも言わないし、縛らせろとも、目隠しもなしだ。普通に君を抱く。なんなら今試すか?」高級ホテルの客室清掃のバイトをしていた涼夏は空室のはずの一室で、全裸でバスルームから出て来た男と鉢合わせをする。再会したホテルのハプニング男は誰もが一目置くエリートのサラブレッド、桐谷の御曹司、要だった。怜悧な雰囲気を崩さない氷の美男子から契約恋愛を持ちかけられるが……。官能小説家の涼夏は傲慢な彼の態度に憤慨し、拒絶するも、執拗に彼に口説かれていくうちに彼の意外な一面に心が揺れて……。心も体も彼に捕らえられていくが、彼には涼夏に惹かれる理由があった。桐谷兄弟シリーズ第三弾。

この作品の詳細はこちら