夢中文庫

監禁された私―全部の穴を壊れるほど悪戯されて―

  • 作家深志美由紀
  • イラスト
  • 販売日2012/7/20
  • 販売価格200円

教え子にこんなことをされ、蔑まれているのに、私は感じてしまっている――結婚を控えた高校教師の美琴は、ある日、気がつくと生徒の津川周の部屋のソファに拘束されていた。大好きな先生に結婚なんかさせない、僕の性奴隷にしてやるんだ――暗く熱い情念を暴発させる美少年の性玩具の責めに、女教師は肉体ばかりか心も目覚めさせてゆき、ついに…。

あっ……あああっ!」

全身をビクビクと震わせて、私はもう何度目か分からない絶頂を迎えた。

「……すごいね、先生。女の人は何回でもイケるって本当なんだ」

悪魔のような微笑を浮かべた少年が、拘束されて身動きのできない私を冷たく見下ろす。

「も、もうやだぁ……お願い、もうやめて、許してぇ……」

私はぼろぼろと涙を流してそう懇願した。何時間も責めさいなまれ、数え切れないほどオーガズムを迎えた身体は既に限界だった。

「壊れちゃう……これ以上イかされたら壊れちゃう、死んじゃうよぉ……」

もう教師としてのプライドも、立場もなかった。私は小さな子供のように泣きじゃくり、十歳も年下の少年に情けなく許しを請う。

「壊れちゃっていいんだよ――ほら」

――ヴヴヴヴヴヴ!

しかし私の願いもむなしく、彼は再びバイブレーターのスイッチを入れた。

「ひっ……」

私は息を飲む。激しく身をくねらせる凶器が、無理矢理開かされた足の間へ押し付けられた――。

オススメ書籍

コンビニプリンスは秘蜜の御曹司!?

著者如月一花
イラスト期田

桜子はコンビニで接客をし、品出しをして──普通のアルバイトに日々勤しんでいる。そして同じ店で働く品川壮真を「コンビニプリンス」とひそかに憧れていた。彼は柔らかい物腰でお客様対応は完璧、芸能人顔負けレベルのルックスを持ち、いつも桜子が困っているとさりげなくフォロー。それは桜子が憧れる王子様のよう。いつか一緒にカフェでデートが出来たらと願っていた。休日、桜子がふと目にした高級そうな黒塗りの車から、壮真が降りてくる。見間違い?桜子が彼にその疑問をぶつけると、見たことは忘れて欲しいと言う。その代わり桜子の希望通りカフェデートが実現。──壮真の正体は…?身近な場所にいた王子様との夢見た甘い恋がはじまる!

この作品の詳細はこちら