夢中文庫

いけないイタズラ電話 ―テレオペ痴漢研修―

  • 作家深志美由紀
  • イラスト
  • 販売日2012/7/27
  • 販売価格200円

パンツの色、昨夜の彼とのエッチ、レイプ予告に至っては服務違反を承知で電話を切った。そんな彼女に上司が課したのはオナニーしながらの敬語応対、男たちに貫かれながらの冷静な説明応対の特別研修だった!

『ハァ、ハァ……』

ヘッドセットの向こうから聞こえてきた、荒い息遣い。私は悪い予感に眉をひそめる。

「……お電話ありがとうございます、コールセンター担当の糸永いとながです」

『ハァハァ……あのぉ、パ、パンツ……何色のパンツ履いてるの?』

粘りつくようなねっとりした声に、一瞬でざぁっと鳥肌が立った。

――まただ。

某通信会社のコールセンターに勤めている私は、毎日、同じ男からのイタズラ電話に悩まされていた。

「申し訳ございません、そのようなご質問にはお応えできません」

マニュアルに書かれた言葉を復唱する。しかしイタズラ電話の主は諦めず、続けて卑猥な言葉を投げかけてきた。

『じゃ、じゃあオマ○コ舐めさせて……』

「申し訳ございません」

『昨日は彼氏とエッチしたのかなぁ?』

「…………」

私はいら立ちに唇を噛んだ。お客様からの電話は、例えどんな内容でもこちらから通話を切ってはいけないことになっている。この変質者!と罵りたい気持ちを抑えて、私は「申し訳ございません、お応えできません」を繰り返した。

もともとコールセンターというのはイタズラ電話が多いものだが、どうも、私はタチの悪い男に名前を覚えられてしまったようだった。毎日、私が出るまで会社に電話を掛けてはガチャ切りを繰り返しているようなのだ。

『ああ、糸永さんに俺のちんぽしゃぶって欲しいなあ。そこ、○○営業所だよねぇ』

「……はい、そうですが」

『待ち伏せしてレイプしちゃおうかなぁ、えへへ……』

鼓膜にまとわりつくようなおぞましいセリフに、ぞぞぞっと全身のうぶ毛が総毛立った。

「いい加減にしてください!」

私は思わず声を荒げて、通話ボタンを切る。

(――あ、しまった……!)

はっと顔を上げると、上司の境田さかいださんが鬼のような形相でこちらを睨み付けていた。

「糸永。ちょっと来い」

「はい…………」

オススメ書籍

恥辱ゲームは前も後ろも ~美少女コンパニオンと若妻の禁断媚薬祭~

著者加藤文果
イラスト

禁断の美少女・優奈とフェラチオ依存症の痴女妻・真由美が巻き込まれる妖しくも淫らな恥辱ゲームは、牡の願望を満たすレイプ喫茶で始まった。表向きは貸切営業の喫茶店、その実は男の欲望を満たす大人の文化祭会場、肉欲の遊園地だった。いたいけな美少女が生贄になるアナルバージン喪失、監禁セックスコンパニオン、スワッピング部屋の淫らなしきたりに揺れる女心。闇の媚薬にアルコールの香りがたちこめ、十代と二十代、ふたつの美しい女体が性のコレクションとして捧げられアンモラルな宴。リプレイされる背徳のエクスタシーの虜になった男女が愛欲の鎖に囚われて……。

この作品の詳細はこちら