夢中文庫

いけないイタズラ電話 ―テレオペ痴漢研修―

  • 作家深志美由紀
  • イラスト
  • 販売日2012/7/27
  • 販売価格200円

パンツの色、昨夜の彼とのエッチ、レイプ予告に至っては服務違反を承知で電話を切った。そんな彼女に上司が課したのはオナニーしながらの敬語応対、男たちに貫かれながらの冷静な説明応対の特別研修だった!

『ハァ、ハァ……』

ヘッドセットの向こうから聞こえてきた、荒い息遣い。私は悪い予感に眉をひそめる。

「……お電話ありがとうございます、コールセンター担当の糸永いとながです」

『ハァハァ……あのぉ、パ、パンツ……何色のパンツ履いてるの?』

粘りつくようなねっとりした声に、一瞬でざぁっと鳥肌が立った。

――まただ。

某通信会社のコールセンターに勤めている私は、毎日、同じ男からのイタズラ電話に悩まされていた。

「申し訳ございません、そのようなご質問にはお応えできません」

マニュアルに書かれた言葉を復唱する。しかしイタズラ電話の主は諦めず、続けて卑猥な言葉を投げかけてきた。

『じゃ、じゃあオマ○コ舐めさせて……』

「申し訳ございません」

『昨日は彼氏とエッチしたのかなぁ?』

「…………」

私はいら立ちに唇を噛んだ。お客様からの電話は、例えどんな内容でもこちらから通話を切ってはいけないことになっている。この変質者!と罵りたい気持ちを抑えて、私は「申し訳ございません、お応えできません」を繰り返した。

もともとコールセンターというのはイタズラ電話が多いものだが、どうも、私はタチの悪い男に名前を覚えられてしまったようだった。毎日、私が出るまで会社に電話を掛けてはガチャ切りを繰り返しているようなのだ。

『ああ、糸永さんに俺のちんぽしゃぶって欲しいなあ。そこ、○○営業所だよねぇ』

「……はい、そうですが」

『待ち伏せしてレイプしちゃおうかなぁ、えへへ……』

鼓膜にまとわりつくようなおぞましいセリフに、ぞぞぞっと全身のうぶ毛が総毛立った。

「いい加減にしてください!」

私は思わず声を荒げて、通話ボタンを切る。

(――あ、しまった……!)

はっと顔を上げると、上司の境田さかいださんが鬼のような形相でこちらを睨み付けていた。

「糸永。ちょっと来い」

「はい…………」

オススメ書籍

カッコつけたい彼と拗らせ彼女の遠回りな恋愛関係

著者本郷アキ
イラスト黒百合姫

奏子は入社以来六年、同期の健斗に片思い中。ある日、健斗から意味深な誘いを受けそのままホテルへ。やっと結ばれた――歓喜の奏子は好きだと本心を告げるが、健斗の様子がおかしい。奏子の告白にも無反応で、さらに「悪い。こんなはずじゃなかった……」と。それはどういうこと? 私はセフレ対象だったの? 恋愛対象ではない? それから一年、体の関係はあるものの特に発展はなし。いや、体の関係しかない。やっぱりセフレなのかな? そう思い悩んでいた時、同僚に二人の関係をからかわれた健斗が不機嫌に「やめろよ。あり得ないだろ」と冷たく言い放つ。あり得ない? 私たちの関係はあり得ないの? 奏子の不安は頂点に達し――

この作品の詳細はこちら