夢中文庫

突然現れた許婚に執着されて

  • 作家水守真子
  • イラストカトーナオ
  • 販売日2020/05/08
  • 販売価格500円

『二十八歳までに結婚しなさいね』──真千子が母から何度も言われた言葉。その年齢を迎えたが残念ながら恋人とは別れたばかり。何より真千子自身、結婚を焦っていなかった。妻の不倫に悩む同僚を励まし、いつもの帰り道。突然、幼馴染の男の子と真千子を結婚させる約束を父がしていたことを知らされる。しかもその相手・陽介が真千子に会いたいのだという。にわかに信じられず困惑のなか二十年ぶりに陽介と再会。記憶と違って優しそうなイケメンに成長した陽介に驚くが、既婚者の女性と付き合っていると聞いた真千子は彼を更生させようとする。けれど、会うたび真千子は陽介に惹かれてしまっている自分に気づかされて……!?

1.
『二十八歳までに、結婚しなさいね……』
 母親の声に被さるように目覚ましの音が聞こえて、千家(せんげ)真千子(まちこ)は腕を伸ばした。
 アラームを止めて身体を起こす。寝起きは良い方で、いつもならさっさとベッドから降りるところだ。
「誕生日の朝の夢にお母さんが……」
 夢の中に現れた母の残像は消えず、真千子は枕を抱き締めて呻(うめ)いた。
 それもこれも、母親に二十八歳までには結婚をしなさい、と言われ続けたせいだ。サブリミナル効果なのか、夢にまで出てきた。
 真千子はのろのろと洗面所に向かい、歯ブラシに歯磨き粉をつけて口の中に入れる。
『あなたはきれいな顔をしているのだし、ちゃんと結婚できると思うのよ』
 記憶の中の母親に、容姿と結婚に何の因果関係があるのかと聞く。当たり前に、答えてくれない。
 それなのに、頭の中の母親はさらに畳みかけてくる。
『彼氏と結婚すればいいのに。付き合って長いでしょう』
 そう言われてもなぁ、と真千子は鏡に映る自分のぼさぼさ髪を手櫛で整えながら、客観的に自分を眺めた。
 センターで分けた、胸に届くまでの長さの染めていない黒い髪は、染め直すのが面倒くさいからというだけでこだわりはない。
 涼し気な濃茶の目、目尻は少しだけ下がっている。迫力が無いのがコンプレックスで、メイクでつり目ふうに整える毎日だ。
 手足はすらりと長いが、胸は微妙な大きさ。同僚に良いブラジャーを教えてもらうも、興味が無くてスルーしている。
 トータルで標準、と真千子は自分を位置付けていた。
 口をゆすぐと、だんだんと目が覚めてくる。
 母親からの結婚話は最初こそ冗談かと思っていた。だが、八年間も言われ続ければそうではないと嫌でもわかる。若いうちに孫の面倒をみたいという感じでもないのが不思議な所だ。
 母親が結婚結婚と煩いので、黙っていることがあった。
 三年付き合った彼氏には自然消滅風に振られている。そして、彼は新しい彼女と先日スピード婚をしてしまった。
『俺達、親友だよな』
 そう言って手渡された招待状は、欠席にマルをして投函。封筒他は手で細かくビリビリ破って燃えるゴミの日に出した。
 私だって結婚できる!なんて、強がりを言うつもりはない。
 結婚は、運・縁・タイミング、これら全てが揃わないとできない、ギャンブル的なものだと思っている。二十八歳までに結婚できなくて、負けた気分になっているのはそのせいだ。
 ずっと疑問を持っていたが、改めて思う。
『なぜ、結婚しろと煩いのか』
 結婚が条件の相続する遺産があるだとか、そんなドラマティックな展開があるのなら早く言ってくれたはずだ。
 母親は口を出してくる割に、結婚しないと恥ずかしいなどという感覚は持っていない。
 何か、ちぐはぐだな、とは思っていた。

オススメ書籍

淡雪のごとく恋は降る

著者西條六花
イラスト駒城ミチヲ

昭和九年、上海。繁栄を極める租界において、裕福な美術商という姿を隠れ蓑に諜報活動を行っている帝国陸軍の情報将校・板倉は、何かに追われている様子の中国人の美少女・瑞華とぶつかる。届け物に行った先で客に襲われそうになり、逃げてきたという彼女を放っておけずに助けた板倉だったが、瑞華は幼少時に蔡家に金で買われ、成人後に息子の妻となることが決まっている〝新婦仔(シンプア)〟だった。二人の間に交流が生まれ、上海語のレッスンを重ねるうち、瑞華は板倉の優しさに慕わしさをおぼえていく。一方の板倉も純粋で可憐な瑞華に心惹かれ、やがて二人は恋に落ちた。しかし瑞華に執着する許婚・梓宸が、彼女の異変を感じ取って……。

この作品の詳細はこちら