夢中文庫

いじわるしないで

  • 作家森田りょう
  • イラストまろ
  • 販売日2015/11/10
  • 販売価格300円

出張先で、苦手な上司・松田が彼女に電話であっけなくフラれた。やけ酒に付き合った歩実だったが、酔った松田は「俺を慰めろ」と言って、歩実を押し倒してしまった。あまり恋愛経験のない歩実は、松田の優しい愛撫に翻弄され抱かれてしまう。そこから始まる体だけの関係。オフィスで秘密の逢引。いつもいじわるな松田が与えてくれる快感にだんだんと溺れていく歩実。だけど、時折見せる優しさに胸が苦しくなってきた。もっと優しくしてって……言いたいのに……言えない。そんなとき、松田の元彼女が現れて、歩実はショックを隠し切れなくなり……。大人なラブストーリーの行方は?!


「あの、松田さん。そんな気難しい顔して……わたしの作った資料、どこかおかしかったでしょうか?」
 牧野歩実(まきのあゆみ)は松田泰弘(まつだやすひろ)の顔色を窺いながら、おそるおそる尋ねてみた。教育係の松田は一見、見た目はさわやかそうな風貌ではあるが、仕事のことに関するととても厳しい。新人OLの歩実にとって、とても恐ろしい存在なのだ。
「どこが悪いか自分で考えてみろよ」
 無愛想な表情で資料を突き返された。
「と……申しますと?」
「だから作り直しだって言ってんの!」
「ええっ? なんでですかっ? わたし、一日かけてこの資料作ったんですよっ? 全部やり直しってことですか?」
 歩実は若干、不服そうな表情で松田に詰め寄った。
「わかってんじゃん。なら、さっさと仕事しろよ」
 突き返された資料がデスクの上に無造作に広がった。そのまま松田は歩実に背を向けて、他の社員と仕事の話をする。歩実は松田の言葉に言い返さない。逆らえないのだ。ぐっと言葉を呑みこんでばらまかれた資料を掻き集めると「わかりました」そう小さく呟いた。
               ◇◇◇
「ああ、もう! 松田さんの言うことも一理あると思うけど、全部やり直しって有り得なくない?」
 昼休み、ランチを食べながら同僚の相沢美里(あいざわみさと)に愚痴を聞いてもらう歩実はパスタをくるくるとフォークに絡め合わせながら怒りを露わにしていた。
「本当、松田さんと歩実って相性悪いっていうか……最悪じゃんね?」
「うん、松田さんとは性格が合わない!」
 とにかく怒りが治まらない。パスタやピザをいっぱい口に頬張って、怒りを鎮めるしかないのだ。
「でも、ずっと付き合っている彼女がいるって噂があるけど……。しかも結婚秒読みとか。すごく綺麗な人らしいよ~?」
 美里の言葉に歩実は一瞬、パスタを絡めたフォークを止めた。
「へ~、あんな怖い松田さんでも彼女いるんだ」
「でも、実際付き合ってみると案外優しいのかもね~? 松田さんみたいなタイプって」
 美里の言葉にごくりとパスタを呑みこむ。少し考え黙っていた歩実だったが、唇を尖らせてゆっくりと口を開いた。
「優しいなんて……ありえない」
 そう、本当に松田さんは怖い。少なくとも歩実はそう思っている。
               ◇◇◇
「え? 明日出張ですか?」
 帰り支度をしていると、松田に呼び止められた歩実。エレベーター前で振り返ると松田がゆっくりと近づいてきた。
「そ。一泊二日。大阪支店のほうにな」
「え? え? 誰と誰が出張ですか?」
「俺とお前」
 歩実は目を見開いて驚いた。と同時に大声で叫んでしまった。
「松田さんと二人で出張っ?」
 社内の廊下で叫んでしまい、慌てて口を自らの手で塞ぐ。
「なんだよ? 嫌なのかよ?」
「え? いや……そういうことではなくて……嫌……じゃないです」
 松田の視線は無言の圧力をかけてくる。歩実は委縮しながらも、頷いて、苦笑いを見せた。

オススメ書籍

白衣の彼とお医者さんごっこ <妄想デートクラブ>シリーズ

著者内藤みか
イラスト雨野森

「これじゃいけませんね、揉み解していかないと」ナオヤは両手でレイの乳房を弄り始める。 柔らかく、徐々に、リズミカルに――白衣を着て医者の役を演じながら次第に勃っていくナオヤは役者のたまご――ここは、淫らな想いを叶えてくれる女性専用のデートクラブ。レイは入院中の本物の医者との触れ合いが忘れられずに…。淑女妄想シリーズ第一弾!

この作品の詳細はこちら