夢中文庫

偽りの黒髪乙女と海賊の嘘~逃奔する王子の滴る情愛~

  • 作家長曽根モヒート
  • イラスト逆月酒乱
  • 販売日2020/11/06
  • 販売価格900円

彼氏の浮気現場を目撃した夜、ひとり浜辺にいたはずが、なぜか異世界に来てしまったOLの亜梨子。そこで出会った海賊のジェラルドは、15年前に国を追われた王族の生き残りで、その国では「異世界から来た黒髪の乙女が国を救う」という伝承があるという。国を取り戻すために力を貸してほしいと頼まれた亜梨子は、本当は黒髪でないことを隠したまま、元の世界に帰してもらうことを条件に、ジェラルドの王位奪還に協力すると約束してしまう。「心配するな。お前だけは何があっても俺が守る」──秘密を抱えたまま、亜梨子は次第にジェラルドに惹かれていき……? 元・王子の海賊と平凡なOLが織り成す、大人の異世界ラブストーリー。

 轟々と大地が怒っているような波の音が鼓膜を震わせている。
 盛夏らしい湿気にまみれた潮風は長い黒髪を掻き乱し、肌にまとわりついて鬱陶しい。崩れているだろうメイクが、毛穴の隅々にまで溶け出すような不快感をもたらした。
 見上げれば、霧がかかって薄ぼんやりした月がか弱い光を放っている。もしかしたら明日は雨かもしれない。
(どうでもいいけど)
 美月(みつき)亜梨子(ありこ)はコンビニの袋から三本目のビール缶を取り出した。
 傍らに置いたバッグのポケットからは半分だけ顔を出したスマホが見える。さっきまで頻繁に着信を告げていたが、そのどれもを無視したせいか、今はもう止んでいる。そのことに亜梨子は少しだけほっとして、それ以上にがっかりした。
(やっぱり、その程度なんじゃない)
 手に取ると、画面は同じ人物の着信で埋まっていた。
 元彼だ。正確に言えば二時間前、夜の八時にその関係は終わりを告げた。
 知り合ったのは友人の結婚式だ。お互い二十五歳で結婚願望があって、お互い自分の仕事が好きで、共働きでいいよねなんて話をしていて。だからなんとなく、この流れでこの人と結婚するのかななんて考えていた。
 けれど先週、彼に転勤の話が出た。そして「考えてほしい」と告げられた。
 転勤先は亜梨子が今まで行ったこともない県で、電車でも今住んでいる都内からは一時間以上かかる場所。工業地区で他にはポツポツ離れたところにスーパーやファミレスがあるくらいだ。電車は三十分に一本で、それも駅周辺にいればの話。基本的には車がなければどこにも行けないような田舎だった。
 亜梨子は就職を機に一人暮らしをしていたけれど、現在は学生時代から仲のいい友人たちの家も近く、電車で十五分かからない地元に住んでいる両親や、その近くに住む二つ違いの姉との仲も良好だ。就職して以来ずっと勤めている玩具メーカーの通販部門の仕事も好きだった。今は通販部門の一社員だけれど、ゆくゆくは企画を通したり開発に携わりたいと思っている。
 生まれ育ち、馴染みのある人たちに囲まれ充実した今の生活と、知り合いが誰もいない働き口も少ない場所での新生活は、今思えば比べるまでもなかった気がする。
「遠距離恋愛でも上手くいくカップルは多い」。そんな友人の言葉に光明を得て、気持ちを告げに仕事終わりサプライズで向かうと、彼は金曜の宵の口だというのに他の女をベッドに連れ込んでいた。
「亜梨子だって、別に俺のことそこまで好きじゃないでしょ」
 呆然とする亜梨子に、彼が放った言葉が未だに耳にこびりついて離れない。
 確かに熱愛というほどのめり込んでいたわけではない。告白してきたのは男からだったけれど、薄々好意があるんだろうなと感じていたし、自分も嫌悪感は覚えなかった。付き合う理由なんてそんなものでよかった。亜梨子は学生の頃から今までずっと、「なんとなく」人と付き合ってきたのだ。

オススメ書籍

ヤンデレ幼馴染から逃げる5つの方法

著者佐久良慶
イラスト繭果あこ

大学生の京子の幼馴染は、スタイル良し、ビジュアル良しの若手俳優・篠崎研哉。小中高さらに大学まで、毎朝一緒に登校し、同じ授業を受ける日々…。ただの幼馴染なのに、まるで恋人同士のような距離感に疑問を持った京子は、そろそろ「幼馴染離れ」をしようと決意する。偶然にも同じ趣味を持つ男子に話しかけられ、新しい友達を作ろうとする京子だったが、そこへ現れた研哉に自宅へ連れ去られ──!?
「俺のことだけを見て、俺だけを頼っていた京子に戻るまで……ここにいてもらう」
彼の目の奥で揺らめく嫉妬の炎…閉じ込められ、強引に刻み込まれる愛のしるし。盲目的で激しい束縛から逃れるために京子が考えた方法とは──?

この作品の詳細はこちら