夢中文庫

間違いでさらわれましたが、たっぷり愛されています

  • 作家鳴澤うた
  • イラスト米谷たかね
  • 販売日2020/2/7
  • 販売価格500円

巷では修道院から娘をさらって結婚する『誘拐結婚』が流行っていた。修道院を出たい娘たちも、むしろそれを望んでさらってくれる者を募集する始末。そんな中、マリエルはすでに婚期を逃し結婚自体あきらめモード――が、なんと誘拐されてしまった! 私にもいよいよ! と思いきや、それはラウルの間違いによるものと判明。ガッカリするマリエルだが当のラウルも自らの行いを反省。マリエルに謝罪、紳士的に接する。そんな実直な人柄にマリエルはビビビ! ときてしまう。修道院を出たい思いと初恋に揺れるマリエルは、衝動的に偽装結婚を申し出てしまうのだが――間違いでさらわれてしまったマリエルの恋の行方は!?

序章 誘拐結婚が流行らしい
「エリーヌ嬢、どうか俺とともにきてくれ!」
「……え?」
 小さな部屋に質素な部屋。
 そして、蝋燭一本の拙い明かりしかない。
『質素倹約こそが美徳』
 というアザレー女子修道院は、その名の通り子女のみ入ることが許されている修道院だ。
 そこへ夜中に壁を伝って、窓から男が入ってきたのだ。
 片上げ下げ型の、下半分しか開かない窓からよく入ってこれたな、というガタいのいい男が。
 しかも恋に憧れる女性なら、一度は言われたい情熱的な言葉を告げて。
「頼む。俺のことなど知らないだろうが、きっと貴女を幸せにする! だから俺とともにきてほしい!」
 しかし告白された相手は、言葉を発しないまま薄闇の向こうでポカン、としている。
 それは致し方ない。夜中に壁を伝って窓から侵入してきた男など夜這いか、盗人が前提であろう。女が叫ばないでいてくれたことは幸運だ。
 しかし部屋に侵入された当の子女は、この状況に頭が追いつかないらしく、ただ呆然と男を見つめている。
 そんな彼女に痺れを切らしたのか、男は、
「失礼!」
 と言って子女を肩に担ぎ上げ、窓から出ようとする。
「待って! 待ってください! あの、私……っ!」
「騒がないで! 見つかってしまう……!」
 小さな声で囁くように注意され、彼の勢いに押されてなのか、元々従順な彼女は黙ってしまった。
 手慣れているのか、彼は手際よく彼女の腰に縄をつけ反対を自分の腰に縛る。
 自分が先に窓から出て、彼女を抱き上げた。
 正直、彼女はこういった体験は生まれて初めてだ。
 しょっちゅうこんな目に遭っては逃げ出しているエリーヌと違うので、どうしていいのかわからず、ただ彼のなすがままにその胸に抱かれている。
 それでも頭の中は、混乱しすぎて気を失いそうになっていた。
 部屋は二階だとしても彼女にとっては十分に高いし、命綱は腰に一本だけで掴むものなどなにもない。
 ぐるぐると目が回る。気が遠くなる。
「も……ぅ、駄目……」
「──えっ?」
「私、エリーヌじゃ……なくて……マリエ……ル」
 そこで意識は途切れた。
 婦女子誘拐結婚事件──誘拐された子女がそのまま犯人と結婚する事例がこのロクロール国中で多発していた。
 事件というと大げさに聞こえると、誘拐されて結婚した子女達の大半は口を尖らす。
 一種の催しのように取っている者が多いのだ。
 というのも、起きるのはロクロール内にある教皇が定めた三つの女子修道院のみ。
 なぜか?
 答えは簡単だ。
 両親が亡くなり、莫大な遺産を受け継いだ子女が収容されているから。
 親族がいない未成年、または被後見人の令嬢達の後見人は教皇、または国王がなっていた。
 未成年で両親を亡くし、行くあてのない子女は修道院に送られる。そこで成人して結婚相手が決まった、あるいは己で管理できる力をもったなら出ることが許される。
 成人しても修道院にいるということは──まだ結婚が決まっていないということだ。
 実は、こういう子女は結構多かった。

オススメ書籍

一夜で恋に落ちました~ちょっぴりSで、とてもやさしい彼と再会らぶ~

著者ひなの琴莉
イラストまろ

「5年後の今日。美月の誕生日にもう一度、あの駅で会おう。その時、結婚しよう」初めて会った人なのに、こんなに惹かれるなんて…。しかも、失恋した日なのに、彼に心を奪われてバージンまで捧げてしまった。お互いの夢を叶えたら再会することを約束し…5年後――。会うことは、できなかった。お互いの人生が絡み合うことがないと思っていたのに、ひょんなことがきっかけで再会したのだ。「会いに来てくれなくて、俺は傷ついてたんだ。詫びてくれよ」と言われて、身体の関係になってしまう。ちょっぴりSで、とてもやさしくて、しっかり夢を叶えて一人前の男性に成長した絢斗に、再び恋をしたのだけれど…。再会系、甘ラブストーリー。

この作品の詳細はこちら