夢中文庫

恥辱のヌードデッサン ~わたしは彼の専属裸モデル~

  • 作家大泉りか
  • イラスト
  • 販売日2012/12/14
  • 販売価格200円

美大を卒業して三年、さやかは久しぶりに絵画サークルで筆を握っていた。三十二歳にして『イケメンすぎる画家』として有名な恭一に絵筆を習うのも密かな喜びだ―「モデルになってくれ」とある日、請われて…裸婦画を描くハズの恭一の繊細な筆は全裸のさやかの太もも、乳首、秘裂までなぞり、羞恥の蜜が溢れ出し…次作のためと、妖しい期待を抱き向かった淫のアトリエでは、恭一と憧れの先輩・祐樹が合作のモデルとして待っていた!

さやかちゃん、もう少し足を開いてくれるかな。そう、そんな感じ。それで腰をひねってみて」

穏やかな午後の光が差し込むアトリエの中、一糸まとわぬ状態で、ブランケットの敷かれた床に座っているわたしを恭一きょういちさんが真剣な眼差しで見つめている。

「そのまま、上半身だけこっちに向けて。うん、いいね、すごく綺麗だ」

恭一さんの少し目じりの切れ上がった涼やかな眼から注がれる、射るような視線を受けて肌の表皮がヒリヒリする。

身を守るものがひとつもない心もとなさと、こんな明るい場所で肌を晒しているという羞恥。

(……いくら憧れの恭一さんに頼まれたからって、やっぱりヌードモデルなんて、やっぱりオーケーしなきゃよかったなぁ)

しかも、ただでさえ裸だなんて恥ずかしいのに、恭一さんはきちんと服を着たまま。わたしだけが全裸という状況が拍車をかけている。モデルなんだから仕方ないといっても、居たたまれたものじゃない。

「かちかちに緊張してるね。ほら、リラックスして」

恭一さんはさらりと前髪をかきあげて、くすりと笑った。

「はい……」

そんなこと言われても、この場でリラックスなんてしようがない。

(どうしよう、困ったなぁ……)

軽々しくモデルを受けてしまったことをいまさら後悔しながらも、必死にポーズを取るわたしを見て、恭介さんはふっと目を細めて微笑んだ。

オススメ書籍

甘い夜の続きを、もう一度~上司がクールな仮面を外すとき~

著者花木きな
イラスト龍胡伯

大手音響メーカーで働く千沙都は、入社3年目に異動を命じられる。そして新たに上司となったのは、かつて千沙都の初めてを捧げた相手、湊だった! しかし再会した彼は、クールで近寄りがたい雰囲気に。いまだ燻る恋心を自覚しつつも過去のことだと割り切り、あくまで上司と部下として接する千沙都。そんな中、千沙都は湊と二人で日帰りの出張に行くことに。帰り道、大雨に降られ家に帰れなくなってしまった千沙都は、半ば強引に湊の自宅に連れていかれる!? ――「あの夜の続きしない?」昔と変わらず〝千沙都〟と呼ぶ声に、甘く切ない思い出がよみがえって?

この作品の詳細はこちら