夢中文庫

堕ちて幸せ!?~魔王の妻ですが天界と魔界の争いに巻き込まれています~

  • 作家臣桜
  • イラスト鈴ノ助
  • 販売日2020/05/01
  • 販売価格700円

夫婦となった魔王ルーファスと完璧令嬢ライラはとても仲睦まじい日々を過ごしていた。ライラにとっては初めての天魔大戦──定期的に行われる天界と魔界の(平和な)闘いが開催される時期を迎える。愛しい夫ルーファスに優勝賞品の「英知の実」をあげたいと意気込むライラ。準備万端、やる気満々のルーファスに連れられ天界へ。が、天界で神様たちの複雑な事情に巻き込まれてしまい、愛と美の女神から嫉妬されたライラは催淫状態に……! 必死にライラを助けようとするルーファス。しかしそれは、神レベルの深い交歓をしなければ解けない呪いで!? 

第一章 天界へ赴く魔王と妻
 私はライラ・アシュバートン。
 かつてハートフィールド王国のアシュバートン侯爵家に生まれ、当時まだご存命だった王太后様の祝福を受け、『薔薇色の淑女』『淑女の中の淑女』と言われていた。
 私自身も名の通りであるべきと思い、真の淑女であるために、あらゆる勉強、レッスンに励んだ。
 結果的に政治を行う貴族の男性にも堂々と渡り合える、強い女性ができあがった。
 けれど一般的な世の男性というものは、自分に意見する強い女性というものを好まない。
「ライラ様はいつか王太子殿下を射止めるのだ」と言われていたけれど、気が付けば私は二十六歳。──遅れた花になっていた。
 王宮主催の舞踏会で王太子殿下・シリル様とお近づきになれたと思ったけれど──、彼は私が親友と思っていたクラリッサという女性と結ばれてしまった。
 失意の底にいた私をさらに追い詰めたのは、この世界をどこかから支配しているという魔王・ルーファスからの生贄の要求だ。
 王国を魔王の手から守るため、私は生贄として魔界に堕とされた──。
 けれどその魔王は思っていたよりもずっといい人(?)で、私は何不自由なく魔界での生活を楽しむ事となる。
 ドレスも宝石も、何もかも望めば目の前に出てくる。食べ物は美味しくて、お風呂だって人間界にいた時とは比べものにならない技術で、素晴らしい体験を味わえる。
 何より魔王は、私だけを見て愛してくれる人だった。
 最初は私を裏切った親友・クラリッサへと、シリル殿下への恨みで胸が一杯だった。
 ルーファスは“復讐を叶えるから自分の妻になれ”と言って私と契約をし、私は二人に復讐をする日々を送った。
 ──けれど悪い事というのは、するものではない。
 相手の不幸を望めば望むほど、自分のさもしい心に気づいてどんどん空しくなってゆく。最終的には望む復讐もネタ切れになった。
 むしろルーファスとの生活が楽しくて、私は復讐など、どうでもいいと思い始めていた。
 そんな時、妊婦になったクラリッサへの復讐がきっかけで、私はクラリッサとシリル殿下の本音を知る事になる。
 クラリッサは私を特に親友と思っておらず、私を踏み台にして王妃の座についても何とも思っていなかった。シリル殿下は私が理想としていた存在ではなく、裏で多くの女性をつまみ食いしていた、不誠実な男性だった。
 公平で善意に溢れた、完璧な淑女を目指していた私は、──よかれと思ってクラリッサにドレスを作り、シリル殿下とのダンスも譲った。
 その結果があまりに馬鹿馬鹿しくて愚かしくて──、すべてに絶望してしまった。
 それを救ってくれたのは、夫になったルーファスの優しさだ。
 気が付けば私は癒やされ、彼の慈しみによって再び笑顔を取り戻していた。人間界への未練もほぼ断ちきり、これからはルーファスと共に歩んでいこうと決意した。

オススメ書籍

不器用なご主人様の盲目的な愛情

著者黒田美優
イラスト蘭蒼史

雪が降った日、空腹、疲労、そして耐え難い寒さから、天涯孤独のミアは力尽きて路上に倒れてしまう。絶体絶命のミアを助けてくれたのは、アルバートという名の秀麗な男性だった。最初は警戒したミアも、アルバートと接しているうちに彼は言葉数が少なく不器用なだけだと悟る。助けてくれたアルバートに報いたい。そう思ってメイドの仕事をするがアルバートは賛成ではない上に、なんだか避けられているような気がする。そんなアルバートの態度にミアもまたなるべく彼の邪魔にならないようにと気を遣う。悩むミアと同様に、アルバートも麗しく変貌するミアに戸惑っていた。不器用な二人、互いを意識しつつもうまく想いを伝えられなくて――

この作品の詳細はこちら