夢中文庫

こじらせ社内恋愛~一夜の過ちのはずが、同期に溺愛されました~

  • 作家りりす
  • イラスト炎かりよ
  • 販売日2020/2/18
  • 販売価格500円

珠美と笹井は同じ部署で働く同期。遠慮なく何でも言い合える、気心知れた関係だ。密かに珠美は笹井に恋心を抱いていたが、その想いを打ち明けるつもりはなかった。居心地がいい今の関係を変えたくない。抜群に仕事しやすい相手である笹井と、気まずくなりたくない。ずっとそう思っていた。それなのにある夜、酔った勢いでうっかり笹井と一線を越えてしまい……。今さら素直になれない珠美とイケメン出世頭(なのに実はこじらせ童貞)である笹井の、すれ違いオフィスラブ。書下ろし番外編付き。

1 同じ部署の同期
 ──何かおかしいとは思ってたけど。
 川原(かわはら)珠美(たまみ)は、肩を落としてスマホの終話ボタンをタップした。そしてそのまま、知り合ったばかりの男性の連絡先をブロックする。友人の結婚式でその男性と意気投合したのは先週末のこと。穏やかな雰囲気の彼とは話も弾み、好印象だった。
 たぶん、結婚式という非日常の空気にのまれていたのだ。そうでなければ、出会ってすぐにデートの約束なんてすることはなかったはず。普段なら絶対にもっと慎重だったのに……そしてその結果がこれ。
「まさか、結婚してるなんて思わないでしょー……」
 本当に危なかった。一歩間違えれば泥沼。気持ちを切り替えるきっかけになれば、他の誰かに目を向けることができればと思って受けたデートの誘いだった。それなのに、こんなオチだなんて。
「……っ、時間」
 自己嫌悪に陥りそうになったところで我に返り、休憩室を出る。時刻は二十時過ぎだが、珠美が所属するシステム開発部は長時間の残業が当たり前。仕事はまだいくらでも残っている。
 席に戻ると、同じチームで仕事をしている先輩社員──榛名(はるな)星夜(せいや)、名前だけはイケメンなポッチャリ男子。アンパンを擬人化したアニメキャラによく似ている──は、パソコンのディスプレイから目を離さないままで器用にカップラーメンをすすっていた。
「長電話めずらしいな、川原。とうとう男ができたか」
「……泥沼寸前で撤退しました」
「修羅場かよ。今のプロジェクト終わるまで刺されんなよ? 死ぬなら二次開発が終わってからにしろ」
「先輩のやさしさが足りない」
 珠美は夜間処理の進行状況を確認し、出力された帳票の中身をパラパラ眺めた。今のところ問題なしだ。
「榛名さん、それ夕食ですか?」
「今日の夜間処理コケそうな気がするんだよなー。お前も食っておけば?」
「えー、縁起悪い……」
 六年先輩の榛名は有能なシステムエンジニアだ。緻密な設計やコーディングをこなすのはもちろんのこと、ユーザーへの説明も資料化もお手のもの。他の開発メンバーとの調整もうまく、有事の際は誰より迅速にリカバリする。普段はボーッと食べてばかりいるが、社内で指折りの腕の持ち主。その榛名が「コケそう」と言うとき、その勘は大抵当たるのだ。
 今のうちにコンビニに行ってきたほうがいいだろうか。いや、終電で帰れることを信じてこのまま頑張ろうか。
 迷いながら作業していると、つむじがツンとつつかれた。「タマ、おつかれ」と低い声が降ってくる。同じシステム開発部に所属する同期、笹井(ささい)大樹(だいき)だ。
「……猫みたいに呼ぶのやめてって言ってるでしょ」
 横目で睨む珠美に構わず、笹井は隣の席にどっかり座る。
「お前、メシ食わないの?」
「んー、まだいらない」
 バタバタしているうちにタイミングを逃し、昼食をとったのが十六時だった。まだお腹は空いていない。でも笹井は、珠美の言葉に眉を寄せる。

オススメ書籍

最後まで導いて

著者乃村寧音
イラストリツキ

凛々子はカレシとどうしてもできなくて、自分の体はおかしいのでは? と思っていた。結局別れを選ぶことに……。職場恋愛だったことから、転職して心機一転頑張ろう! 高級ハイタワーマンションのコンシェルジュになるが、なんとそこで高校時代に親しかった暁人と再会する。初恋だった相手との再会に胸が躍るが、十年ぶりの暁人は、大学時代に興した会社が成功し、今や有名IT企業の社長。とてもではないが手が届かない存在に……。だが、暁人は会えて嬉しいと言って食事に誘ってくる。そこから食事や外出をするようになり、ついには……!? だが、自分の体が不安な凛々子は素直に暁人の愛を受け入れられなくて――

この作品の詳細はこちら