夢中文庫

一途な彼の甘い独占欲

  • 作家櫻日ゆら
  • イラスト梓月ちとせ
  • 販売日2020/10/06
  • 販売価格300円

大手菓子メーカーで営業事務をしている紗帆は、幼馴染からOB会開催の予定を伝えられる。そこに元カレの綾斗が出席すると聞いた紗帆は、いまだ断ち切れていない想いに再会する勇気が持てず、欠席をすることに。ところがある日、そんな彼女の前に、綾斗が取引先の営業担当として現れる。――「そんな顔すんなよ。待つって言ったのに、触れたくなる」魅力的な大人の男性に変わっていた彼を見て、切なくも胸を高鳴らせる紗帆。忘れられなかった淡い恋にふたたび出会って――?

消せない名前
 金曜日の仕事終わり。急な残業で約束に少し遅れてしまった私は、まばらに人が行き交うオフィス街を小走りで進む。
 最近定時続きだったのに、まさか今日に限って残業になるなんて。
 スマートフォンで時刻を確認すると、まもなく二十時になろうとしていた。
 尚希(なおき)、待っているだろうな。慌てて、【急に残業になった。ここを予約してるから、先に行って飲んでて。本当にごめん】とお店の場所をメッセージで送っておいたけれど。
 私は尚希から送られてきた、眉毛が凛々しいうさぎがキメ顔で親指を立てているスタンプを眺め、店に向かう道を急ぐ。
 勤めているオフィスビルに近い居酒屋を予約しておいたのが、せめてもの救いだった。
「尚希! 遅くなってごめん!」
 店に着いて個室に案内されるなり、私は荒くなった息遣いを落ち着かせながら言う。すると、待ち人である幼なじみの尚希が、口をつけていたビールジョッキを軽く上げてへらっと笑った。
「おぉ。久しぶりだな、紗帆(さほ)。お疲れ」
 私は呼吸を整えながら「お疲れ」と返し、スーツのジャケットを脱いですでに飲んでいた尚希の向かいの席に座る。ようやくほっと息をついた。
「ごめんね。オフィスを出る直前に急ぎでやらなきゃいけない仕事ができちゃって。待ったよね」
「いや、適当に摘まみながら最近ハマってるアプリのゲームやってたから、意外にあっという間だったぞ。それよりお前なににする?」
 私は、スマートフォンを片手に尚希が差し出してきたメニューを受け取る。
「じゃあ、シャンディガフにしようかな。あとはどうしようか」
 テーブルの上を見たところ、あったのは空になったジョッキがふたつと、おつまみの小皿がふたつだけ。私が来るのを待っていてくれたのだろう。
「適当でいい。俺の好きそうなもの、だいたいわかるだろ」
「唐揚げに、春巻き。それに鳥皮でしょ」
「完璧。だてに長い付き合いじゃねぇな」
 私がタブレットに注文するメニューを打ち込んでいると、尚希が上機嫌で言う。タブレットをテーブルに置いて、仕事のときはいつもひとつに束ねている長めの栗色の髪を解いた私は、呆れた面持ちを尚希に向けた。
「はいはい、長さだけは無駄にね。出張は今日までだっけ?」
「あぁ。ついでだから週末までこっちにいて、あちこち行ってから帰る予定」
「ふーん」
 家が近所だった尚希とは私たちが幼稚園の頃からの幼なじみで、小中高と、私が東京の大学に進学して上京するまでは、ほとんどの時間を一緒に過ごした。
 高校にいたっては、中学のときと同じくサッカー部に入った尚希に、『今マネージャー募集してるから』と半ば強引に入部させられて、さらに多くの時間をともにすることになった。
 離れてからも、地元で営業職をしている尚希が仕事でたまに東京に来ることがあれば、こうして食事に行って互いに近状報告をしているというわけだ。

オススメ書籍

隠れ初心なOLは強引上司に染められる

著者櫻日ゆら
イラスト梓月ちとせ

「お前、本当は経験ないんだろ?」――大手製菓会社の営業部で働く美原つぐみは、二十八歳にして恋愛経験はほぼゼロ。それなのに、華やかな顔立ちのせいで、周りからは〝経験豊富〟と誤解されていた。ある日、会社の飲み会で酔ってしまったつぐみは、その場で眠ってしまう。目を覚ますと、そこは部長・佐久間の自宅だった! 高身長で完璧なルックスを持つ佐久間だが、仕事人間で浮いた話は一切ない。そのうえ、目が合うたびに顔をしかめる佐久間に、つぐみは自分は嫌われていると思い込んでいたが……「ずっと好きだった」突然の佐久間からの告白。そして、俺が全部教えてやると言う強引な彼に逆らうことができず、付き合うことになり……?

この作品の詳細はこちら