夢中文庫

美人キャスター“ナマ”放送―本番中に本番されて―

  • 作家桜井真琴
  • イラスト
  • 販売日2012/5/29
  • 販売価格200円

ある地方ラジオ番組最終回。スタッフたちは、番組打ち切りの原因を作った玲子に復讐を開始する。パーソナリティは股間を足で、プロデューサーは舌を這わす。そして、堪えきれなくなった美人アナは生放送中に「イクっ!」と…。

『今日で番組は最後なんだよね、玲子ちゃん』
『そうなんですよ。二年間リスナーのみなさんには聴いていただいて……』
MCふたりのいつもの軽快なかけあいとは違う静かな声が、深夜のラジオから流れてくる。
こじんまりした収録スタジオの中、最後の台本を前に女子アナ、杉崎玲子はハンカチを目元に当てながら番組の内容とは違うことを考えていた。

……こんな地方ローカルのラジオ番組など、早く終わればいい、と。
類い希な美貌とモデル顔負けのスタイルの良さ。さらにはFカップの美巨乳でインターネットから人気に火が付き、地方の女子アナウンサーだった玲子は、一躍時の人となった。
全国ネットのテレビ番組、そのアシスタントに抜擢されたのは三週間前のこと。四月からはじまる番組のことで頭がいっぱいだった玲子は、深夜のローカル番組など眼中になくなっていた。台本すらまともに読んでこなかった。
だが。春らしい薄ピンクのブラウスと、自慢の健康的な太ももを披露したミニのフレアスカートを纏った玲子には、確かにタレントの華やかさがあった。

オススメ書籍

異世界トリップしたら氷帝に溺愛される女神になりました

著者仙崎ひとみ
イラスト緋月アイナ

激しい衝撃で意識が飛んだ恵令奈が再び目を覚ますと見知らぬ世界にいた。そこはエルラム帝国、氷帝と恐れられている皇帝ジュードが治める異世界だった。どうやら事故が原因で異世界にトリップしてしまったようだ。この国に黒髪、黒い瞳の者はいないらしく、自分の祈りが神に通じ、帝国を繁栄に導く女神が遣わされたのだとわけのわからないことを言う皇帝ジュードに結婚を迫られる恵令奈。女神の純潔を与えられた者が真の皇帝にふさわしいのだと……。「私の意思は?」そう思い立腹する恵令奈にジュードは礼をもって接し、愛を囁く。その愛は外見による女神崇拝からではなくて? ジュードの言動を疑うものの心は揺れて――

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら