夢中文庫

年下彼氏のヒミツの事情~あなたと何度でも×××したい!~

  • 作家佐久良慶
  • イラストゆえこ
  • 販売日2018/11/09
  • 販売価格300円

「春香さんがかわいすぎるから、いけないんですよ」──春香は年下の彼・仁と付き合い始めてから、穏やかに幸せな毎日を過ごしている。お互い大人だから、することもしっかりしているのだが、その度に彼が何かを我慢しているような気配を感じていた。一生懸命頑張る姿がかわいいと仁は言ってくれるが、やっぱりどことなく遠慮している……?と気にかかっていた春香。たまには甘えてほしいな──あるとき、自然に仁へとぽろっと零した言葉で、春香は彼が秘めていた事情を知ってしまい……?普段はとても優しいのに、野性味溢れてしまう彼に応えたい。お互いを大事に想い合うふたりの成長ラブストーリー!

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

★一話
「桜庭(さくらば)!」
 怒気を帯びた声。
 顔をあげると、総合商事(そうごうしようじ)総務部の若き部長、二ノ宮康介(にのみやこうすけ)と目が合った。
 クールに整った目立つ美貌が、怒りに凄味を帯びている。
 桜庭真央(まお)は一瞬で嵐の気配を察知した。
「は、は、はい! なんでしょう。部長!」
 弾かれたように立ちあがり、真央は窓際のデスクへと駆け寄った。
「おととい、緑町物産(みどりまちぶつさん)に手形を送ったのはお前か?」
 長めの前髪からのぞく切れ長の目が、まっすぐ真央を見据えている。
「そうですけど……」
 二ノ宮の眉がくい、と吊り上がった。
(うう……こ、怖い……!)
 彼が総務に来てからの二年間、何度となく見せられた表情である。
 まだ決定的なことは言われていないのに、胃のあたりが早くもキリキリ痛みはじめている。
「……何か間違いでもあったんでしょうか?」
「大ありだ。手形の金額が一桁違うと緑町から連絡があった」
「一桁って……」
「三百万が三千万」
「ええっ!」
 ざーっと、顔から血の気が引く音が聞こえた気がした。
「申し訳ありません!!」
 泣きそうになりながら頭をさげると、二ノ宮は苦虫を噛(か)み潰したような顔で立ちあがった。
「不幸中の幸いで担当事務員が大学の同期だった。多分なんとかなるだろう……ったく、換金されてたら大事だったぞ」
 二ノ宮は背もたれにかけていたジャケットをつかんだ。
「今から緑町に行く。お前も来い。十分後に玄関前集合だ」
 二ノ宮はボードのネームプレートを二人分裏がえすと、肩をいからせフロアを出て行った。
「先輩、何かありましたぁ? 王子、すごく怒ってましたねー」
 パソコンの電源を落としていると、隣席の田中康子(たなかやすこ)が、いそいそと話しかけてきた。
 一年後輩の彼女は、真央と違って明るく要領がいい。
 かろうじて敬語を使ってくれているものの、先輩としての威厳なんて、とっくの昔になくなっているのは表情の端々からはっきりわかる。
「手形の金額をね、一桁間違えて送ってたの」
「それ、大変じゃないですかぁ。でも、先輩なら、やりそうです」
 人事みたいに笑う康子に、真央はおずおずと言い返す。
「でもさ、あれ、康子ちゃんが……」
「ん? 私がどうかしましたぁ? 先輩?」
 康子の笑顔がふいに消えて、意地悪そうに唇が歪む。
「ううん、何でもないよ」
 真央は言葉を飲み込んだ。

オススメ書籍

傷を舐めあう閨の共犯者~身体からはじまる恋愛事情~

著者逢見るい
イラスト乃里やな

「奪おう。奪えるものなら、俺たちふたりで――」職場の店長に失恋したイケメン女子な巴菜と、店長の恋人に失恋した中性的な美青年の彰良。男の人はみんな、わたしとは正反対の、小さくて、可愛くて、守ってあげたくなるような子が好きになるんだ……と落ち込む巴菜は、彰良と互いの傷を舐めあうかのように身体の関係を結んでしまう。それでも店長の事が忘れられない巴菜と、複雑そうな彰良。イケ女だって、好きな人に可愛いねって言われたい!切実な乙女心は巴菜に火をつけるものの……?卑屈で虚しいはずの秘めやかな傷の舐めあいは、二人に愛をもたらすのか?

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら