夢中文庫

没落令嬢は身体を張って(!?)官能小説家を育てます!

  • 作家佐倉紫
  • イラスト蔦森えん
  • 販売日2020/12/11
  • 販売価格900円

不運にも勤め先を解雇され放り出された、没落した公爵令嬢クリスティナ。帰る家もなくどこに身を寄せようかと歩く道ばたで行き倒れたオーウェンと出逢う。なけなしの銅貨で食事を与えたクリスティナに感謝するオーウェンは彼女の事情を聞き自宅に招き入れた。そこは本に囲まれた世界! オーウェンはなんと小説家だった。読書好き同士で打ち解け、オーウェンの家政婦として働くことを提案されたクリスティナは好条件に快諾。しかしある日、執筆に行き詰まったオーウェンから突然の求婚! 童貞の彼には女性向け官能小説をイメージだけでは書けないのだった。身体目当てと思えないほど誠実に訴えかけられ、クリスティナは力になろうとするが!?

第一章 二人の出会い
 十八年の人生で、今日ほど身軽であったことはない。
 右手には銅貨が三枚。左手にはくたびれた鞄。その中身は古びた着替えと下着のみ。
 着ているワンピースはだいぶほつれが目立っているし、エプロンには洗濯しても落ちないであろうシミが、あちこちにこびりついている。
 ほかに持っているものと言えば、すっかり没落してしまったリンディン伯爵という家名くらい──
「惨めだわ」
 改めて考えてもそうとしか思えなくて、灰色の髪の彼女は「はぁ……」と特大のため息を落とした。
 時刻はそろそろ夕刻を迎えようという頃だ。本当なら今日の宿を決めたいところだが、銅貨三枚で泊まらせてもらえる宿屋があろうはずもない。
 とりあえず街外れの教会へ身を寄せようと考えているのだが、昼食抜きで、二つ向こうの街からずっと歩いてきたので、気力も体力も限界に迫っていた。
「とはいえ、急がないと日が暮れるまでに目的地に到着できないわ」
 鞄をよいしょと抱え直して、少女はできる限り急ぎ足で街を歩いていく。
 長い棒を手にした男が街灯に火をつける横を抜けて、角を曲がっていくが──
「ふわぁっ!?」
 突如、大きな塊につまづいて、危うく顔面から石畳の道に飛び込みそうになった。
 弾みで右手が開き、握っていた銅貨が道の上を転がる。少女は犬のような動きで銅貨に飛びつき、ほーっと安堵の息をついた。
「よかったぁ……全財産を一瞬にしてなくすかと」
 そのとき、背後で「うっ……」という小さなうめき声がした。
 少女はびっくりして振り返る。そこには彼女がつまづいた塊があったのだが、大きな岩かと思ったそれは、うつ伏せに倒れた人間だった。
(い、行き倒れ?)
 彼女は大慌てで飛び退く。もしや自分が蹴っ飛ばしたことで不興を買ってしまったのかとビクビクするが──
「……み……みず……」
「水?」
「水……くれないか、あと、たべもの……」
 ぼそぼそと囁く行き倒れは、どうやらそうとうお腹がすいている様子だ。
 少女は思わず周囲を見やる。二人の周辺には行き交うひとがチラチラ見えたが、皆二人のことなど眼中になしという感じで、ものの見事に通り過ぎていく。
(わたしが水をあげなかったら、このひと、どうなっちゃうかしら?)
 なんて、つい同情めいたことを考えてしまったのが運の尽きだ。
 うつ伏せでピクリともしない行き倒れと、右手の銅貨三枚を少女は何度も見比べる。悩みに悩み、小さくうめいて、彼女は「あああ、もう!」と地団駄を踏んだ。
 すぐに道の反対側に見えたパン屋の看板めがけて走り出し、扉を開けるなり声を上げる。
「すみません、水を売ってくださいませんか? できればこれで買えるだけのパンも」
 店番していたふくよかな女将は、突如飛び込んできた少女に目を丸くしたが、すぐに水を詰めた瓶を用意してくれた。

オススメ書籍

ドS俳優は草食系!?~恋愛レベル0のシンデレラ~

著者桜庭えみり
イラストヤミ香

脚本家を目指す結子は、26年間彼氏なしのおひとり様。
ある日、知人の真奈美から「新居が決まるまで息子を居候させてほしい」とお願いされる。
その相手は、何と今人気急上昇中の若手俳優・奏だった!
「異性と同居なんて絶対無理!しかも相手があの奏なんて!」当然断ろうとする結子だが、実際に会った彼はテレビで見るのとはまるで別人のような草食系男子だった……。
断りきれずに始まったふたり暮らし、生活する内に結子は段々と奏に心惹かれていくが、そんな生活はやがて終わりを迎えて――。
現実には魔法使いはいないし、誰でもがお姫様になれるわけじゃない。
おとぎ話ではハッピーエンドを迎える身分違いの恋、現実世界では一体どうなる?

この作品の詳細はこちら