夢中文庫

王太子殿下とむぎゅっともふもふ生活!

  • 作家皐月もも
  • イラスト霧夢ラテ
  • 販売日2018/5/1
  • 販売価格300円

アストレー王国の王女エマは父王によって魔法で羊にされ、宗主国へ「暖かな贈り物」として送り込まれた。ジョシュア王子が魔女による「凍える魔法」で震える毎日を送っていると聞きつけた父王が復権を謀ったのだ。王子の「温め係」として傍に侍り、宗主国の弱みを掴めと無茶なことを言われてしまう。嫌々出向くと、王子は羊のエマを厚くもてなし、食事を与え、共にお風呂まで!ええっ、いくら羊の姿でも殿方と一緒にお風呂なんて!焦るエマを王子は褥に連れて行く。温かいと言われて触れられているうちになんだかゾクゾクと。するといきなり人間に戻ってしまった!――もふもふ大好き皐月ももが贈るほんわかラブファンタジー。

(こ、こんなこと、絶対に無理だわ……!)
 エマは、もこもこの白い毛玉に埋もれて震えていた。
 周りの毛玉──もとい、羊たちはそんな彼女の心境など露知らず、各々くつろいだ様子でいる。その場に座り込んでじっと玉座を見つめていたり、のそのそと歩き回ったり、もごもごと口を動かしている羊もいる。メェメェという鳴き声には、緊張感も何もない。
 彼らが今の状況を把握できないのは仕方のないことだが、エマは違う。彼女は、自分の居る場所やこの場にいる人々のことや交わされる会話、すべてを理解できてしまうのだから。
「ジョシュア様。こちらが我がアストレー王国からの暖かな贈り物──羊百匹でございます」
 エマたちを連れてきた使者が恭しく玉座の王子に頭を下げる。彼の隣には、牧羊犬がお行儀良く座っていた。
 ジョシュアは眉を顰めて彼を見つめ、不機嫌そうだ。
 それもそのはず。いきなり羊を百匹も連れてこられたら、いくらそれが自分への献上品とはいえ、迷惑だろう。
 エマは王子の気持ちを察するのと同時に、父王の無謀な計らいに再び身体を震わせた。
 早く帰りたい──エマの頭の中はそれだけだ。王子にはこのバカげた献上品を突っぱねていただき、一刻も早くここから立ち去ろう。それが、一番平和な道だ。
(お願い。早く、羊たちを連れて帰るように言ってください)
 そう願いつつ、エマは王子へ視線を向けた。すると、ちょうどジョシュアもエマの方を見ていたらしく、ばっちり目が合ってしまった。しかも、彼は合った視線をなかなか逸らそうとせず、じっとエマを見つめている。
(ど、どうしよう!)
 まさか、バレてしまったのだろうか。
 エマの不自然な態度に気づかれた? いや、まさか……でも。
 目を見開いたまま動けないでいると、王子がようやく視線を逸らしてくれる。
 彼女は落胆と安堵が入り混じった変な気持ちになったが、次の瞬間、それは一気に落胆へ傾くこととなった。
「……臭い」
「は……?」
 しかめ面の王子がついに発した言葉に、使者が呆けた反応をする。
「こんなに羊がいたら臭くて温まるどころではない。連れて帰ってくれ」
 謁見の間にはメェメェと暢気な羊の鳴き声が響いている。
 王子の拒絶の言葉は、羊たちに対してのものだ。しかし、エマは頭をガツンと殴られたかのようなショックを受けている。
(く、臭い……臭い……)
 頭の中には、ジョシュアの声が何度もリフレインし、エマは瞳をうるうるさせた。
 そして……
「メェ~!」
 彼女は羊になって初めて大きな泣(鳴)き声を上げたのだった。

オススメ書籍

十年目の恋はシャボンのバスで

著者未青藍
イラスト炎かりよ

老舗の石鹸屋のひとり娘であることから『ソープ嬢』というあだ名でからかわれ続けた真央。唯一の例外だった駿とは高校時代に順調な交際をするものの、ある事件のため半年間で破局――けれど十年後、カルチャースクールで石鹸教室の講師をしていると、なんとW講師の相方として彼と再会を果たす。大手化粧品メーカー勤務の元カレに引け目と対抗心を感じた真央は、精神的な距離を縮められないままぎくしゃくと教鞭を執り続ける。ところが、最後の教室を目前にして駿のほうから近づいてきて……彼の変わらぬ優しさに終わったはずの恋心が疼き始めるのを止められない真央。でも、あのときのことは忘れられなくて……石鹸が繋ぐ十年越しの恋の行方は?

この作品の詳細はこちら