夢中文庫

年下カレシの溺愛アプローチ~こじらせOLはぐるぐるする~

  • 作家皐月もも
  • イラストまりきち
  • 販売日2020/10/13
  • 販売価格400円

「イメージなんて、所詮は他人の勝手な想像ですよ」――見かけによらず可愛いもの大好きな優菜は会社勤めの傍らぬいぐるみの病院『もふもふクリニック』で修繕のバイト中。大好きなぬいぐるみに囲まれたこの生活はイメージじゃないと言われることが嫌でずっと秘密にしてきた。ところが、会社の後輩大樹が3歳の女の子紬とクリニックにやってきて大ピンチ! 好感を抱いていた優秀な後輩に子どもがいたことにショックを受けるとともに秘密を知られ焦る優菜。結局、「会社に内緒にする」という条件で紬のぬいぐるみを治療することに……。「お礼」と称して親密になっていく大樹との関係。勘違いはダメ! なのにドキドキは止まらなくて――?


 終業のチャイムが鳴って、優菜(ゆうな)はパソコンの電源を落とした。
(今日も残業なし!)
 同僚たちも一斉に帰り支度を始めた様子を見ると、どの社員も滞りなく仕事を終えたようだ。
 そうして騒がしくなったフロアの音を聞き流しつつ、優菜はデスクの上を片付け始めた。
 三橋(みつはし)優菜、二十七歳。輸入雑貨を取り扱う小さな会社で働いている。
 勤め先は駅に近いビルのワンフロアがオフィスで、社員は二十名程度だ。長く働いている人が多く、雰囲気もいい。よくある求人広告の謳い文句のようだが、「アットホーム」な職場である。
 社長が海外での勤務経験があるためなのか、社内規則も緩く、いろいろと融通してくれるので働きやすい。もちろん、しっかり仕事をこなすことが条件ではあるけれど。
 優菜はこの会社で海外との貿易関係の事務仕事をしている。たまに取引先とのやりとりで時間外業務が発生することはあるが、それは時差があるため仕方がない。残業代はしっかり出るし、休日出勤の場合は代休をもらえるので不満はなかった。
(そのおかげで、好きなことも続けられるし)
 毎日定時で仕事を終え、趣味に時間を費やせるのが一番嬉しい。特に今日──金曜日の仕事終わりは気持ちが舞い上がる。
 帰宅してから週末まで、ずっと趣味の時間なのだから。
 優菜は心の中で浮かれつつ、引き出しから取り出したカバンに私物をしまっていく。
「三橋先輩」
「──っ!?」
 すると、突然背後から声をかけられて大げさなほど肩が跳ねた。
 慌ててカバンの口を閉じて振り返れば、後輩の相原(あいはら)大樹(だいき)が驚いたような、バツの悪そうな顔で立っていた。
「あ、すみません……驚かせてしまいましたか?」
「う、ううん。ごめんね。えっと、何か用だった?」
 優菜はドキドキするのを誤魔化すようにカバンの口をぎゅっと握り締め、大樹を見上げる。
 整った顔立ちの中で、特に優しそうな目元が女性の心を掴んでいることは間違いない。落ち着いた茶色に染めた髪は短くて清潔感があり、身だしなみもきっちりしている。
 二つ年下の後輩は、明るくてムードメーカー、さらに仕事もできる優秀な営業担当だ。
「いえ、大した用ではないんですが……今日も飲みには行かないのかな……と」
 彼はやや逡巡するように視線を泳がせた後、優菜に視線を戻して問う。
 金曜の夜、同僚たちはよくみんなで飲みに行くのだが、優菜の出席率は低い。
 もちろん参加は自由。大樹はほとんど顔を出さない優菜を気遣って、よくこうして声をかけてくれていた。
 ハキハキと自分の主張もできるが、押しつけがましさはなく、細やかな気配りで営業成績もいい。やや迷っていた様子からすると、強制参加でもないのに毎回出欠確認のようなことをするのに気が引けているのだろう。
(こういうことを自然にできる人ってモテるんだろうな……)
 座ったまま大樹を見上げて、しみじみと思う。

オススメ書籍

絶倫魔王は新妻聖女の秘蜜に夢中!?

著者冬島六花
イラストルシヴィオ

「君の蜜を、夜ごと俺に吸わせてくれ!」――王女として育ち婚約も決まって幸せだったヘンリエッタ。しかし突如、魔王に生贄として捧げる聖女に選ばれてしまう。泣く泣く嫁いだヘンリエッタだが、魔王コンラッドは寡黙ながらも優しく、夜ごと極上の愛撫で蕩かされて!? 次第に魔界での新婚生活にも慣れ、コンラッドを慕い始めていくヘンリエッタ。彼の本心を知りたい──相棒の魔法鳥から渡された薬を使うと、コンラッドの心の声が聞こえるように! 「愛している」そんな彼の本音を聞けば、恋心はますます燃え上がるばかりで……。ヘンリエッタに隠された秘密と、魔王の花嫁に選ばれた真の理由とは──。

この作品の詳細はこちら