夢中文庫

覚えてないから、女王辞めていいですか!?

  • 作家高久ややこ
  • イラスト里雪
  • 販売日2020/06/12
  • 販売価格500円

ベロニカは目覚めてびっくり! 残っているのは16歳までの記憶で、忘れている十年の間に自分はアバスカル王国の女王になっていた!? しかもベロニカは無類の年上好きなのに、冷静沈着で苦手な年下の天才少年ティベリオ・バルビエリと結婚したと知って大パニック! 自分が女王になっているということは──ベロニカを溺愛してくれていた兄の前国王も亡くなった!? もしかして自分が原因……?と疑心暗鬼に。そして、いけ好かない夫との夫婦としての記憶も生活も取り戻したくないベロニカは、なんとか逃げ出そうと画策。けれどティベリオは執着心を剥き出しにしてきて!?

プロローグ
 大陸で最も古い五百年の歴史を持つアバスカル王国。
 その王女として、ベロニカは生まれた。
 老いた国王の若く美しい妾妃が産んだ王女、それがベロニカだ。
 その時、国王アンブロシオは六十五歳。一人息子で皇太子のレオカディオは、すでに四十歳間近であった。周囲は驚きながらも、愛らしい王女の誕生を大いに祝福した。
 アンブロシオがそれまでに得た子供は、すでに他界した王妃の産んだ王子が一人。王子一人だと王位継承争いが起こることはないが、その王子に万が一の事があった場合、次の王位を巡り混乱と争いで国が荒れる怖れがある。そして、皇太子レオカディオと妃の間に子供はいない。王位継承権第二位となる王女ベロニカの誕生は、国にとって重要で意味のあるものだった。
 アンブロシオ王は病弱だった妾妃が己の命と引き替えに産んだ、自分と同じダークブロンドとヘーゼルの瞳を持つベロニカを溺愛し、娘と過ごす時間を増やしたいと王位を息子のレオカディオに譲り……五年後、この世を去った。
 その後、異母兄であるレオカディオも親子ほど歳の離れた妹王女を、可愛がり甘やかした。兄のレオカディオも、ベロニカを眼の中に入れても痛くないほど大切にした。
 その可愛がりようは、レオカディオの妃がベロニカの本当の父親は彼ではないかと疑うほどだった。
 祖父のような年齢の父アンブロシオと、父のような年齢の兄レオカディオに愛情を注がれて育ったベロニカは、自他共に認める『無類の年上好き』に成長した。
 ベロニカは同世代の異性に興味を持つことはなく、ましてや年下など眼中にない。
 眼中にないどころか、異性として男としてみることもない。ベロニカにとって『男』とは、最低でも十歳は年上でなければならなかったのだ。
第一話 最悪な一日。
「…………んんっ~」
 爽やかさの中に優雅な甘さを抱いたネロリの香りに導かれるように、ベロニカは目覚めた。
「あぁ、良い香り……ふぁあ~……少し腰が痛いわね。寝過ぎちゃったんだわ、きっと……あら?」
 彼女の寝ていたそこは、いつも自分が使っているベッドではなかった。
 普段、彼女の使用している寝具は東洋の緋牡丹(ひぼたん)を大きく刺繍した豪華絢爛(けんらん)なものだ。
 今、目覚めたばかりのベロニカの父親譲りのヘーゼルの眼に映っているのは、落ち着いた藍色の寝具だった。夜の闇に海の青を流し込み、丁寧に練り上げたような藍色はベロニカの象牙色の肌の美しさを引き立てている。気品が有り、大人の女性に相応しいものだった。艶も肌触りも良い極上のシルクで作られ、王女であるベロニカにも解る一級品ではあるが、如何せん色が彼女の好みではない。
「品良い色だとは思うけれど、十六歳のわたしにはまだ似合わないわ」
 男は落ち着いた年上が好きなベロニカだったが、身の回りの品物や衣類は鮮やかで派手な色を好む。こんな地味な色合いは、ベロニカの趣味ではない。

オススメ書籍

オフィスの堕天使は真夜中に誘惑する

著者吉桜美貴
イラストモリフジ

「誰でもいいなら、僕にしておかないか? 僕を選んで欲しい」ニートだった今川麗花はこのたびアロハ・ドルフィンコーヒーに縁故採用された。CEOは目がくらむような美貌の黒河内宗近!特別秘書となった麗花はある日、携帯の待ち受けにした人生目標『処女を脱するべし』を宗近に見られてしまい、ひょんなことから宗近に処女を捧げることに。色っぽく誘惑してくる宗近は、仕事中の冷淡な彼とは別人だった!一夜限りのつもりが、熱を孕んだ眼差しと技巧的な愛撫で甘くとろかされ、力強い楔で繰り返し貫かれてしまう。それから、オフィスで自宅で何度も激しく求められて……!?「ずっと君のことばかり考えていたから……もう、我慢できないんだ」

この作品の詳細はこちら