夢中文庫

私たち、相思相愛夫婦です~身籠って、愛が深まりました~

  • 作家田崎くるみ
  • イラスト鍋木
  • 販売日2020/11/24
  • 販売価格500円

期限付きの偽装婚、見せかけだった夫婦から相思相愛。本当の夫婦になれた蒼平と蘭。深く愛し合う甘い日々、新しい生命を授かって幸せいっぱいのふたり。「奥さん甘やかすのは、夫の務め」──蘭は蒼平からの過保護すぎるほどのフォローと優しさに包まれたマタニティライフを過ごし、感動の出産を迎える。これから赤ちゃんと三人での愛しさにあふれる毎日……のはずだった。蒼平は仕事にもさらに精を出し育児にも積極的だけれど、蘭は自分の力で子育てしたいと頑張りすぎて空回り。それになんだか蒼平の様子が怪しい……と勘ぐってしまって!?

『幸せなマタニティライフ』
「蘭(らん)……」
 甘い瞳を向けられ、愛しそうに名前を呼ばれることに、いつになったら慣れるのだろうか。
 ソファに並んで座り、仲良くテレビを見ているといつの間にか甘い雰囲気になることは日常茶飯事。
 何度も何度も口づけを交わすと、彼は気持ちを沈めるように深く息を吐き、そして私のお腹にそっと耳を寄せた。
「早く会いたいな、俺たちの子供に」
「うん、そうだね」
 同い年の月宮(つきみや)蒼平(そうへい)と大学を卒業してすぐに結婚して早六年以上。だけどそのうちの五年ほどは見せかけの夫婦だった。
 それというのも私たちは幼い頃から許婚(いいなずけ)の関係にあった。仲は良かったがふたりとも恋愛感情はナシ。しかしお互いの父親は会社を経営しており、業務提携が絡んでいる結婚からは逃れられなかった。
 そんな私たちは結婚前にある約束を交わしたのだ。
 結婚はするけれど、五年後に円満離婚しようと。
 約束通りラブラブな夫婦を演じる一方で、離婚してひとりでも生きていけるように、ひっそりと私は色々と準備も進めてきた。
 五年という月日は長いようで短くて。終わりが近づくと寂しさを感じるようになり、ともに過ごした時間がかけがえのないものだと気づかされたんだ。
 それは蒼平も同じで、晴れて私たちは本物の夫婦となり、こうして新しい命を授かることもできたわけだけれど……。
「蘭、もう一回キスしてもいい?」
 そう言いながら、彼は私の返事を待たずに唇を塞ぐ。
 何度もキスを交わし、それ以上のことだってしている。でもいまだにこの甘い雰囲気に慣れない。ドキドキして胸が苦しい。
「んっ……あっ」
 時折漏れる声に触発され、口づけは深くなる。
「もうっ……! 蒼平、長いからっ」
 キスの合間に彼の胸元を叩きながら訴えるも、一向にキスを止めてくれる気配がない。
「まだ全然足りない」
「足りないって……! んっ」
 執拗に舌を搦めとられ、言葉が続かなくなる。
 妊娠してからというもの、蒼平は私を一度も抱いていない。お医者さんから安定期に入ったし、大丈夫だという説明を一緒に聞いていたはずなのに。
 いや、決してしてほしいとかそういうわけではない! ……ないんだけど、抱かない代わりに毎夜こんな濃厚なキスをされると、身体は正直になるというか、なんというか。
 私のほうが物足りなさを感じてしまうんだ。現に今夜も……。
「ん、満たされた」
 そう言って彼は満足げな顔をするが、私は決して満たされていない。これが毎夜続けばそろそろ限界を迎えるわけで。
「そろそろ寝ようか。待ってろ、風呂洗ってくるから」
「うん、ありがとう」
 ソファから立ち上がり、浴室に向かう蒼平の腕を咄嗟に掴みそうになり、慌てて手を引っ込めた。
 私ってば、蒼平を引きとめてなにを言うつもりだった!? 危うくものすごく恥ずかしいことを口走るところだったよね?
 深いため息とともにソファの背もたれに体重を預けた。そしておもむろにお腹を撫でる。

オススメ書籍

先生、そんなこと言わせるの……? ―新人編集者のエッチなおしおき研修―

著者桜井真琴
イラスト

「すんごいシミ…。ぐちゅぐちゅして気持ち悪いでしょ」パンティサイドに指をかけられ、一気に引き抜かれる。裏返してクロッチ部分をじっくりと見つめられ、くんくんと嗅がれ――出版社に勤める春野彩は、自作のキャッチコピーが盗作だと売れっ子作家の神崎に咎められた。作品を書き続けてもらうためには、社命で神崎の言うことを受け入れなければならない。執筆の小部屋で、社内の編集会議で、ねっとりとしつこく淫靡な魔手が…

この作品の詳細はこちら