夢中文庫

切ないほど、貴方しか愛せない~過保護な彼への行き場のない初恋~

  • 作家橘柚葉
  • イラスト蜂不二子
  • 販売日2020/08/25
  • 販売価格500円

総合病院の受付事務として働く美沙都。両親を亡くしてからは、父の教え子でもあり、同じ職場で医師として働く怜央から妹のような存在として大事に見守られてきた。美沙都にとって怜央は初恋の人。でも気持ちに応えて貰えないのは分かっている。五年前、入院中の母と病室で話す怜央の言葉をこっそり聞いてしまったのだ。「好きになってしまったんです」 彼は母を愛していた。それでも諦めきれず初恋を拗らせてしまった美沙都。なのに過保護にしてくる怜央へ「恋愛の一つや二つしてみたいの」と悔し紛れに反抗してしまうのだが──「お前の心。俺がもらい受けるから。覚悟しろよ?」保護者モードを解除した怜央から甘く囁かれて……!?


 本日の外来が終了し、受付辺りがようやく静まりかえる、夕方。
 救急外来の方は未だに忙しそうだが、こちらは一日を終えてホッとした空気が流れ始めている。
 すでに仕事を終わらせた中条(なかじょう)美沙都(みさと)は更衣室で私服に着替えたあと、遅番のスタッフに言付けを忘れていたため受付に戻ってきたところだ。
 そのとき、ちょうど出くわした院長夫人に捕まってしまったのである。
「ねぇ、美沙都ちゃん。うちの息子がつい先日、日本に帰ってきたの。それで、いい歳だから結婚をさせたいと思っていてね」
「は、はぁ……?」
 美沙都は、受付カウンターに身を乗り出して目を輝かせる院長夫人を見ながら曖昧に返事をした。
 なんとなく嫌な予感がするのだが、どう返事をしたらよいものか。
 考えつつも、美沙都は苦笑いを浮かべた。
 風月(ふうげつ)総合病院。中核都市部のベッドタウンに位置する二次救急医療施設だ。
 とはいえ、重症患者にも対応する救急初療室を完備してあり、常に救急専属医がいるので救急要請も受け入れている。
 この地域にとって、かかせない医療機関になっている総合病院だ。
 そこで働いている美沙都にとって、風月総合病院とは何かと縁が深い。
 美沙都が高校一年生、当時十五歳のときに父親が交通事故に遭い、救急車でこの病院に運ばれて一命を取り留めたものの数日後に急変して亡くなってしまう。
 そして、その五年後。今度は、美沙都の母、美並(みなみ)に病気が発覚して風月総合病院に入院。懸命な治療も空しく、逝去した。
 悲しい記憶も多い風月総合病院だが、両親との最期の別れをした大事な場所でもある。
 そんな経緯もあり、美沙都は大学を卒業後、この病院の受付事務員として就職したのだ。
 実は、誰にも言っていないのだが……風月総合病院を就職先に選んだ理由の一つとして、とある感情が含まれているということは絶対に誰にも言えない。
 色々な思惑もあった美沙都だが、働き出して丸二年が経って来月には二十五歳になる。
 仕事にも慣れてきたし職場の環境も上々、人間関係も良くて美沙都自身楽しみながら仕事に励んでいた。
 で、目の前でニコニコとほほ笑んでいるご婦人は、この風月総合病院の院長夫人だ。
 院長夫人ともなれば高飛車で常にツンと澄ましているイメージがあったのだが、彼女に会ってそんな負のイメージは見事に打ち砕かれた。
 彼女はとにかく気さくで人懐っこく、スタッフに対して分け隔てなく話しかけてくれる人だ。
 そんな院長夫人を、美沙都はこの病院に就職する前から知っていた。
 美沙都の母が長くこの病院に通い、入院していた折、院長夫人とは知らずに顔見知りになっていたのである。
 病に打ち勝つことができそうにない母を嘆き、不安を抱いていたときに励ましてくれたのが院長夫人だ。
 美沙都にとって院長夫人は、雇い主というより恩人に近い存在でもある。

オススメ書籍

年下ワンコの甘く激しい執着LOVE

著者泉怜奈
イラスト中田恵

「好き、好き、大好き」
そんな風にダイレクトに思いを告げられたことがなかったからか、それとも彼が年下だからなのか、いままで付き合ったどの男よりも可愛く感じてしまう。29歳キャリアウーマン、2年7カ月付き合った彼氏を取られるという屈辱的な敗北の果に、慰めてくれたのは隣に住む年下モデル。まるで亡き愛犬を思い出させる従順さで懐いてくる。男に迫られることも、強引に押し倒されることもなかった潤子は真摯な彼の視線に戸惑いながらも流されていく。付き合いが続かずに3年未満のオンナと言われている彼女にとってこの出会いは……。愛とは何かを教えてくれたのは年下ワンコの、ちょっぴり強引な彼でした。

この作品の詳細はこちら